PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

SBI証券とSBIマネープラザって違うの?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

当オフィスの場合、
資産運用のご相談に来られるお客様のおよそ半数が、
すでに何らかの投資をされたことがある方】です。

もちろん、
お客様のバックグラウンドはさまざまであり、
「どの金融機関」で
「どんな投資をされたことがあるのか」も
千差万別です。

今から申し上げるのは、
一FP事務所を自営する
わたくしカンが相談業務を通じて
体験したことに過ぎませんが・・。


(実は)この1年余りの間に
弊所のお客様で、

SBIマネープラザにて
投資用の金融商品を買ったことがある人が
5名ほどおられました。

その5人のお客様とも、
なぜか『外国債券』を勧められていたのです。
??

より正確に云いますと、
2人のお客様は『外国債券』のみを
勧められていました。

あとの3人のお客様は、
いくつかの投資信託と併せて
「こういう組み合わせでどうでしょう?」
という形で、

ポートフォリオの一部として
『外国債券』を勧められていました。

いずれも、
【外貨建ての社債】です・・。

具体的には
満期が2~5年程度の

トルコリラ建社債や、
ブラジルレアル建社債や、
オーストラリアドル建社債などでした。


もちろん、投資の一選択肢として
満期のある外国債券を購入することは
否定しません。

しかし、為替の手数料や
為替変動リスク(特に新興国通貨)の
大きさは過小評価するべきではないでしょう。

(何より、たったひとつの国の、
たったひとつの通貨建ての債券を
『選ぶ投資』となります・・)


今、お話ししている情報は、
小さなFP事務所が知り得た
(あくまで)たった5名様の『体験談』です。

(たまたまの現象に過ぎないのかもしれません・・)

ともかく、皆さんには
『対面型の金融サービス会社』を利用する
ひとつの具体例として、
覚えておいていただきたいことがあります。

それは、
「SBI証券とSBIマネープラザって違いますよ」
ということです・・。

header_logo_01.gif

SBIマネープラザは
ワンストップの対面型サービスを謳っています。

具体的には、
生命保険、資産運用、住宅ローンなどの
相談に乗ってもらえます。
(相談自体は『無料』です・・)

資産運用の分野で云いますと、
SBIマネープラザは、
SBI証券を所属金融商品取引業者とする
金融商品仲介業者さん』なのです。


仮にあなたが
SBIマネープラザで相談をされ、
SBIマネープラザ経由で
投資信託を購入することになったとしましょう。

あなたは、
SBI証券で口座を開設することになりますが、

その口座は、
SBIマネープラザ経由の口座、
すなわち『金融商品仲介口座』となります。

これはあなたが直接
SBI証券に口座を開くケースとは異なる
のです。

(※ すでにSBI証券で直接口座を開いている人は、
SBIマネープラザの金融商品仲介口座は開けません・・)


SBI証券のこちらのサイトページには
【対面コース】(SBIマネープラザ経由)について
次のような記述があります。

対面コース
お客さま一人一人に担当者がつき、お客さまの投資スタイルに合わせて担当の営業員からのアドバイスや投資情報の提供を受けながらお取引できるコースです。

取引方法

(1)営業員による電話や訪問、商品の勧誘をさせていただいております。
(2)約定の連絡を行っております。

営業員
担当者制です。

取扱商品
国内株式(現物・信用)、外国株式、投資信託、国債、外国債券 等

入出金方法
銀行振込

営業時間
年末年始を除く 平日8:30~16:00


※本コースのお申し込みにつきましては、SBIマネープラザ店舗(一部店舗を除く)で受付をさせていただきます。(インターネット、郵送等でのお申し込みは受け付けておりません。)(インターネットでのお申し込みは受付けておりません。)

※サービス内容、手数料等は通常の「インターネットコース」や「ダイレクトコース」・「IFAコース」とは異なりますのでご注意ください。

※「インターネットコース」から「対面コース」への変更は当社カスタマーサービスセンターまでお問い合わせください。

※お取引や残高確認等いただく場合、インターネット・モバイル端末、およびコールセンターはご利用になれません。

※対面コースを開設された場合、WEBサイトよりインターネット口座を開設された際に進呈しております「新規口座開設の特典」をご利用いただくことはできません。


ポイントは、以下の部分でしょう。

―サービス内容、手数料等は
通常の「インターネットコース」や「ダイレクトコース」・「IFAコース」とは
異なりますのでご注意ください。 ―


もちろん、
対面でじっくり相談したいという
ニーズは底堅くありますし、

実際、SBIマネープラザでは、
さまざまなアドバイスを受けることが可能です。

ただし、注意しないといけないのは、
そのアドバイスが、
あなたにとって有益なものであるかどうかは、
あなた自身が 判断 しないといけないのです。



また、ひと口に
「SBIマネープラザ」と云っても、
(実は)その系統はさまざまです。

あらゆる金融商品の窓口店舗の全国展開を開始=SBIマネープラザ

という、SBIマネープラザの社長さんへの
インタビュー記事があります(2012年のものです)

上記を読むと、SBIマネープラザには
直営店舗もあれば、
住宅ローンを扱っていた旧SBIモーゲージ系の店舗もあるようです。

また、FC(フランチャイズ)と思われますが、
来店型保険ショップ系の店舗も多数あるようです。

(要するに、
『無料で相談ができる』という部分を、
あなたがどう評価するかがポイントだとわたしは思います・・)

似顔絵





関連記事

| 金融機関にモノ申す | 12:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: 使いましたプラザ

たしかにそうですね。> ただ、ネットとプラザをどう使い分けるかは、自己責任です。

| カン・チュンド | 2014/11/13 15:25 | URL |

使いましたプラザ

私も松本プラザ利用しました。自分の分配を直すためです。商品の中には、ノーロードもありますよ。プラザ自体、顧客の絶対量を増やし、いろんな手数料でを、ビジネスモデルにしています。ただ、ネットとプラザをどう使い分けるかは、自己責任です。

| 安曇野 | 2014/11/09 20:14 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/2163-13c99b15

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT