PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ETFと投資信託の間にあるもの・・その1


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。 

ここが当オフィスの
コンサルティングルームとしましょう。

テーブルの上にご開示いただいた
『ご資産状況』には、

預貯金、外国債券のほかに、
インデックスファンドとETFが
数種類、記されています。

そう、お客様は、
ETFとインデックスファンド、
どちらをメインの道具とするべきか悩んでいるのです。

この、
『ETF or インデックスファンド??』のお悩みは、
当オフィスの【ご相談案件ベスト3】に入ります。
(ホントです!)


もちろん、
それぞれ一長一短ありますね。

インデックスファンドの長所は
『金額単位の購入・解約』が出来ることです。

これを生かして、
毎月「定額」で自動引落としが出来る
『つみたて』が利用可能となります。

要するに(あなたが手を動かさなくても)
『仕組み』が金融商品を買ってくれるわけです。

一方、ETFは『口数単位』での売買となり、
金額ベースは都度変わります。
そして、たとえば買いの執行は
あなた自身が手を動かして行うことになります。

ここが、
両者の【本質的な違い】ですよね。


ETFを好む人は、
自分でコントロール出来る
スペースがあること】を重視します。

たとえば、11月19日、
あなたはあるETFの
市場価格をウォッチしていました。

21日になると、
19日の価格より少し下がってきたので
12,000円で『指値』をし、それを40口分買い注文します。
(そして、約定・・)

このような一連のプロセスに
『喜び』すら感じるのがETF好きの人なのです。

自身がある程度『主人公』となって
マーケットと対峙し、
そしていくつかの決断、行動を行う。
(そこにロマンチシズムを感じる・・?)


一方、インデックスファンドを好む人は、
この、いちいちの【買い注文】に、
面倒臭さや、悩みのタネの発露を感じます。

それよりも、(ワタシの代わりに)
誰かがシステマティックに買ってくれないかしら。
と考えるわけです。

自分で作業を【コントロール】するよりも、
誰かにやってもらえることは
外注しよう(任せよう)という感覚ですね。


さて、ここからが注意事項なのですが、
自分でやるか、仕組みにやってもらうかは、
投資のことですから、
【1回限り】ではありません・・。

長く続ける投資という行いの中で、
自分でやるか、仕組みにやってもらうか、

あなたの嗜好や性格や、
日常生活の忙し度を勘案して、
ワタシはどちらのほうが向いているのだろう?」
と逡巡する『視点』が大切なのです。

whitelist-blacklist-scales.png


ETFの長所は
(インデックスファンドに比べ)
継続コストがより低いことです。
このメリットはもちろん重要です。

しかし、
資産管理の手間という面で云いますと、
ETFでは分配金が必ず払い出されてしまいます。

(たとえば、米国上場の債券ETFでは
分配金が「毎月」出てしまいます・・)


一方、インデックスファンドでは
「分配金」は無手数料で自動的に
『再投資』してもらうことが可能です。

分配金(ETF)⇒ 自分で再投資、
分配金(イ・ファンド)⇒ 仕組みが再投資・・。

あと、ETFは
売買時に手数料がかかりますが、
インデックスファンドは購入時の手数料は
ゼロにすることが出来ます(ノーロード型。)


上記を勘案し、もし、わたしが
ETFとインデックスファンドを
総合的に評価して
点数を付けるとしたら、ズバリ、

【89点と89点】です。
同じ点数なのです・・。

ただし、
投資という行いにかける時間、

エネルギーをより減少させ、
より効率的に
資産管理そのものが行えるという点では、
インデックスファンドに分があるでしょう・・。


ETFの課題は、
金額ベースでの売買が出来ないことと、
分配金が払い出されてしまうことなのです。

たとえば、
SBIアセットマネジメントの
EXE-i(エグゼアイ)シリーズ』などは、

このようなETFのデメリットを克服するために、
わざわざ複数のETFを包んで、
インデックスファンドに仕立てているのです。

えっ、じゃあ、もし
ETFが金額ベースで売買でき、
(かつ自動積立てにも対応し)、
分配金を自動的に再投資できるようになれば・・、

そのとき、
ETFの優位性が明らかになるとわたしは考えます。

似顔絵




関連記事

| ETFのお勉強 | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/2165-ddc77953

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT