PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第69回 「地域特化型ETFについて」(ETF解体新書)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

マネックス証券より許可を得て、
コラム【ETF解体新書】第69回目を転載いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。
晋陽FPオフィス代表のカン・チュンドです。

ETFの多様性は、
投資対象の「細分化」によって進んできました。

たとえば、日本株式という投資対象を、
規模別で細分化することにより、
大型株・中型株・小型株というETFを
組成することが出来ます。

あるいは
(まだ商品としては存在しませんが)、
スタイル別で区分けすれば、
「日本株バリュー」「日本株グロース」といった
ETFを作ることも可能です。


実は、日本株式を
「地域別」で括ったETFが存在します。
それが「東海ETF」です。

正式名称は
「MAXIS S&P東海上場投信」(1553)。

当該ETFは、東海地方
(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県)に本社を置く
50の会社を組み入れています。
(2011年2月に国内市場に上場)。


11月28日現在の
上位組み入れ10社を見てみますと、

1.JR東海 2.トヨタ
3.デンソー 4.スズキ

5.豊田自動織機 6.中部電力
7.マキタ 8.アイシン精機
9.ヤマハ発動機 10.日本ガイシ

となっています。

輸送用機器の割合が
高いことが特徴ですが、

リンナイ、リゾートトラスト、
ゲオホールディングスなどの
内需型企業も組み入れています。


当ETFは
「S&P 日本地域別指数-東海-」との
連動を目指します。

(米国のS&P Dow Jones 社が日本の
地域版指数を算出しているというのも驚きですね)。


地域特化型として
ぜひ登場してほしいのが「京都ETF」です。

京都は戦後、地場の伝統産業が廃れ、
経済的に低迷していた時期がありました。

しかし、逆転の発想でニッチな分野に特化し、
グローバルな競争力を持つ企業が次々と
成長していったのです。

仮に「京都ETF」を組成するとすれば、

任天堂、日本電産、京セラ、オムロン、
村田製作所、ローム、SCREENホールディングス、

TOWA、ワコール、島津製作所、三洋化成工業、
フジックスなどの銘柄が
組み入れ候補に挙がるでしょう。


ETF_20150209190703be3.jpg


では、
海外の「地域特化型」はどうでしょうか。
たとえば「米国西海岸ETF」が考えられます。

一例ですが、ワシントン州、オレゴン州、
カリフォルニア州に本拠を置く企業を
組み入れるのです。

ワシントン州には
ボーイング、マイクロソフトなどの本社があります。

そしてカリフォルニア州はIT関連の会社が集積し、
農業も一大産業となっています。


また、米国と同じように
連邦制を取っている国にインドがあります。

インド南部の、
アーンドラ・プラデーシュ州、
カルナータカ州、タミル・ナードゥ州などを
包括し「南部インド株ETF」を作ることも可能です。

カルナータカ州の州都のバンガロールは、
情報技術産業の集積地であり
「インドのシリコンバレー」と呼ばれています。

(ウィプロやインフォシス・テクノロジーズなどの
ソフトウェア企業が本社を構えています)。


あるいは、世界的なアパレル産業が
集積するイタリア北部の企業を集めて
「イタリア北部ETF」を組成する。

また、中国南部の企業に特化して
「中国華南ETF」を作ることも可能です。

グローバル化が進展する世界は、
同時に地方の「独自化」が進む時代でもあります。

地域特化型ETFによって、
投資家の選択肢が増えることは間違いないでしょう。

似顔絵




関連記事

| ETFのお勉強 | 19:08 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/2201-72786bb4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT