PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セゾンバンガードの「災い」と「幸い」


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

突然ですが、
「わざわい」と「さいわい」、
あなたはどちらが好きですか・・?

えっ?

いちおう漢字で書きますと、
災い」、そして「幸い」になります。

どちらも読めば4文字ですが、
意味合いはまったく正反対・・。


ヒトは「幸い」を求めながら、
「災い」にぶち当たったり、

「なんという災い!」
と思っていたことが、
のちに「幸い」に転じたりもします・・。
(だから人生は摩訶不思議。)


ところで、
下の折れ線グラフは、
投資信託の過去の成績を示していますが、

あなたがこれから投資を始めるとして、
どちらの『投資信託』を選びたいですか?


7BKQ8X29.png


Z0KL54BG.png

(やっぱり)B、ですか・・?


実はAは、
「セゾンバンガード・グローバルバランスファンド。」
Bは「世界経済インデックスファンド」です。

セゾンバンガードは
07年3月の運用スタート。
一方、世界経済イは09年1月の運用開始です・・。


たった22ヶ月の違いなのですが、
その間に
【リーマン・ショック】が発生したため、

過去の成績に関して云えば、
2つのファンドはまるで
違った景色』に見えるのです・・。

(しかし、)実は
ふたつのファンドの成績そのものは
ほとんど変わりません・・。

AZ0YNGSE.png


さて、
ここからちょっと【哲学的】になるのですが、

たとえば、
先ほど見ていただいたような、
セゾンバンガードの、
ちょうど2008年から2009年にかけての、

『災い』のようにも思える大きな下落に、
どこか『幸いな部分』はあるのでしょうか?


わたしは、あると思います。


3月15日に開催された
『セゾン投信8周年記念セミナー』の
パネルディスカッションの中でも
お話ししたことですが、

セゾン投信に
口座を開設した投資家の方たちの
進むべき方向、

なんと云いますか、
運用者として醸成される
【性格・質】のようなものが固まる過程で、

この、
『災い』のようにも思える暴落が、
重要な役割を果たした
とわたしは思っています。


もし、
セゾンバンガードが
初めから右肩上がりの成績だったとしたら、

途中で解約する人が相次いで、
こんなに大きく成長することは
なかったかもしれない・・。


『8周年記念セミナー』の中で、
中野社長は上記の主旨のことを
言われていました。

まさに、
「災い」が「幸い」に転じているわけです・・。


わたし自身、
一投資家として、

たとえば、
2008年の10月や11月の
つるべ落としのような『下げ』を経験しました。
(身もすくむような恐さを感じたものです・・)


当時の
セゾンバンガードの保有者も、

実際的には
(大きな下落を目の前にして)
【動けなくなっていた】面があると思います。

しかし結果として、
最初に【大きな試練】を経験した皆さんは、
投資家として鍛えられたのではないでしょうか。


hurdle2.jpg


いわば、
「これがマーケットの隠れた本質なのだ」と、
悟らざるを得ない状況になったのです・・。


血も涙もない、
マーケットの激変に晒され、

「もう止めようか」、
「今は休もうか」と思いつつ、
積み立てをなんとか続け、

「ワタシって運が悪いのかな・・」
「まあ、耐えることも投資のうちかなあ・・」と、

半信半疑の気持ちで
毎月届く「お客様へのメッセージ」を眺め、

でもやはり、

続けることでしか、
【答え】は見えてこないのかもしれないと、

ファンドを持ち続けた多くの投資家が、

今のセゾン投信の
コアの部分】を
形作っているのではないでしょうか・・。


そして、これから先も、

セゾンバンガードをお持ちの方も、
世界経済インデックスファンドをお持ちの方も、
『災い』としか思えない、
市場の激変を経験することがあるでしょう。

そのとき、
あなたは、
あなた自身もまだ気づいていない、
強さ】を発見することになるかもしれません。

(先は、長いのです・・)

◆ 参照記事
ほったらかし投資のまにまに
のとよぴ~さんの記事。
【リーマン・ショックを知らない投資家に伝えたいこと】

似顔絵




関連記事

| バランスファンド | 19:12 | comments(-) | trackbacks:1 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/2215-b2235abd

TRACKBACK

投資信託の基準価額で割高・割安はわかりません

先月に書いた記事リーマン・ショックを知らない投資家に伝えたいことが、カンさんのブログ記事でシェアされました。 (カン・チュンドのインデックス投資のゴマはこう開け!) セゾンバンガードの「災い」と「幸い」 シェアされたことで、自分のブログ記事を見返したのですが、もしかしたら投資信託の基準価額についてチョット勘違いしちゃうかなぁ~となりそうな表現があったので、今回の記事で補...

| ほったらかし投資のまにまに | 2015/03/23 23:34 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT