PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ときに、日本の財政危機について考えてみる


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

せっかくのゴールデンウィークなので、
ふだんはあまり取り上げないことを
ここではお話ししてみたいと思います。

それは・・、
日本の【財政危機】について。

こうして↑四文字熟語にすると、
おどろおどろしい雰囲気が漂いますが、

要は、
「日本政府が負っている借金って、
ほんとに返せるの?」
という 命題 です。


まず、
用語をきちんと整理しておきますと、
「財政危機」と「財政破たん」は
まったく異なります。

『財政破たん』は「デフォルト」と呼ばれ、
国が負っている債務(元本・利息)について、
その一部、全部の返済が滞ってしまう状況を指します。


皆さんの中には
『ポートフォリオ運用』を実践する中で、

安全資産として、
日本国債を組み入れた
『日本債券ファンド』を保有している人が
たくさんいると思います。

―あるいは、日本国債そのものを、
「単品」として保有している人もいるでしょう。―

「これって、今後、大丈夫なの?」
ということが、

運用を行う者として、
いちばんの 関心事 だと思います。


実際、当オフィスの
『コンサルティング』の中でも、
この種の質問は
しばしばお客さまから頂戴します・・。

○ 日本の財政は、借金まみれである。
○ こんなものは、到底返しきれないのでは。

○ 国は財政が破たんして、
国債は紙切れになってしまう・・。

とよく言われますが、

120808FinancialCrisis_6521198.jpg


1.日本の財政は、借金まみれである。
2.こんなものは、到底返しきれないのでは。
3.国は財政が破たんして、国債は紙切れになってしまう。

を並べて
よーく見てみますと、

実は、
1.~3.の間には
けっこうな『距離』があります。


● よく、国の『財政』を、
あなたやわたしの『家計』になぞらえて、
ニュース番組などで解説していますね。

⇒ あのさ、

55万円しか収入がないのに、
95万円の生活(支出)をしているよ。
(40万円も借金して!)

おまけに、
95万円の支出のうち、
借金の元本、利息の支払いに
25万円も費やしてさ・・。

ふつうの家庭だったら、
とっくに【破綻】しているよね。


・・はい、
それはまったく その通りです。

でも、「ふつうの家庭」と、
「国の財政」はやっぱり違うのです。

どこが、違うのか?」

1.国には、『徴税権』があり、
その気になれば「収入」は確保できること。
2.国は、借金の『借り換え』が可能であること。

この2点です。

どちらも、
一般家庭では、考えられません。

crisis-management.png


たとえば、
2.について云えば、
ふつうの家計では、
借金には『返済期限』がありますね。

(貸し手は)安易に
『借り換え』には応じてくれません。

なぜなら、借りた本人は、
いつか死んでしまうためです。


ところが、国は違います。

お金を借りている「国」には、
原理上、寿命がありません。

国はお金を借りてはいるが、
そのお金の貸し手の大半が
『自国民』である限り、

(ことばは悪いですが、)
国家 は、
国民 を【人質】に取ることができるわけです。

(もちろん、借金の繰り延べは、
次世代の『負担』を重くするだけなのですが・・)

そう、
橘玲ふうにいえば、
< 国民は、国家を選べないわけです。>


● 話の視点を変えてみましょう・・。

以下は、
国債等の所有者別内訳】(平成26年12月末(速報))
(PDFファイル)です。

いちばん右側の、
『国債及び国庫短期証券(T-Bill)』を
ちょっと見てみましょう。

1,023兆1,702億円 (← 借金の額ですね・・)

<では、いったい誰が
【国債】を保有しているのでしょうか?>


● 一般政府
(除く公的年金)
0.2%

     ● 財政融資資金
     0.0%

● その他
1.0%

     ● 家計
     1.8%

● 銀行等
34.0%

     ● 生損保等
     19.7%


● 日本銀行
25.0%

     ● 公的年金
     5.6%

● 年金基金
3.4%

     ● 海外
     9.3%


ほぉー、なるほど・・。

(ところで)、
いちばんの特徴って何でしょう?

日本の国債は9割以上が、
【国内の投資家】によって保有されている、

ということでしょう。


たとえば、
半分以上が
「外国人投資家」に保有されている
ギリシャ国債では、

投資家にとって
(ギリシャ国債は)『リスク資産』であります。

国債の価格が下がれば、
あっさりと売却して、
逃げだしてしまう、という現実があります。


しかし、
国内の個人、法人、
団体にとっては、

「円建ての日本国債」は、
自国通貨建ての
元本確保型の資産です。

資金調達をしている「国」から見ると、
ある程度「長期」で持ってくれると計算しやすい、
安定した保有者ではないでしょうか。

(これが、良いことか、悪いことかは別として・・)


また、国債の
【海外投資家】の保有割合は、
現状 9.3% です。

★ 私たちが、
「ん? もしかして、これって、
『財政危機』の入り口かも・・?」

と思わないといけない局面は、

この【海外投資家】の保有割合が、
15%、20%に増加してきたとき、
と云えるでしょう・・。


(※ 海外投資家の保有割合が
どんどん増えるということは、

国内の投資家のみで、
国債がさばき切れなくなっている「証拠」であり、

また、日本国債を『リスク資産』として
保有する人が増えているということですから・・)


hurdle2.jpg


● 次に、見てみますと・・、

国内投資家の中で、
国債の最大の買い手は、
銀行(ゆうちょ含む)、
生損保などの『金融機関』ですね。

(合わせておよそ54%を占めています)

⇒ しかし、その資金の出し手は
誰かというと、

数多の『会社』や、
私たちの『家計』のお金です。



たとえば、
「銀行」に絞ってお話ししますと、
あなたが銀行に預けているお金、
【預金】は、

企業への貸出しがなかなか増えない中、
銀行内部にくすぶってしまいます。

何もしないと金融機関は
全然儲かりませんから、

安定的な運用先のひとつとして
「国債」を選択しています。


また、となりの橋本さんが買っている
生命保険も同じです。

橋本さんは、
毎月保険料を保険会社に支払っていますが、
「日本国債」で運用されている部分が
相当割合あるはずです・・。

あるいは、
日本銀行が保有する25.0%ですが、
これは皆さんご存じの通り、
量的金融緩和策の結果です。

これとて、
原資は銀行が日銀に預けている
「準備預金」です。


つまり、現状、
国の借金の多くは、
民間の貯蓄によって賄われている、
という『事実』があります。


そう、
民間のお金が、
国の借金を支えているわけです。

money-dollars-cash-burden-debt-chain-600x450.jpg


新聞の解説などで、

「国債の価格が下がり、
金利が上昇すれば、
銀行や生保がいっせいに国債を売ってくる。」

という説明がなされたりしますね。

収益を求める金融機関としては、
当然の行為でしょう。

しかし、
仮に、国債の価格が急落して、
10年物の国債の利回りが
2%とか、3%になったとしても、


どうでしょう・・・、
多くの人は、

○ 銀行から「預金」を引き上げたり、
○「終身保険」を解約したり
しないのでは・・。


ということは??


ということは、
銀行や、生命保険会社が、
いったんは国債を売却するにしろ、
ほとぼりが冷めないうちに、

また、
利回りが上昇した
『新発の国債』を購入するのは

目に見えていると思います。

【なぜなら、
あなたやわたしのお金が、
逃げ出していないのですから・・。】



あるいは、
国債の価格が急落して、

(たとえば)10年物の国債の利回りが
2%とか、3%になるということは、

投資妙味が増す、ということでもあります。

「国債を購入したい」という法人、個人が
一定割合いると考えておかしくないでしょう・・。

(巷の『破たん本』が繰り出す、
国債価格が暴落 ⇒ 長期金利急騰
⇒ ハイパーインフレ というような、

劇的で、
かつ一本調子の、
ドラマのようなシナリオがもてはやされていますが、
あまりに短絡的すぎるのでは?)


ズバリ、申し上げましょう。

★ 日本人の『資産管理・行動』が
劇的に変化しない限り、


しばらくは
預貯金等によって
国の借金は賄われることになります。

(換言すれば)

日本人の多くが
【投資】を行っていないために、
結果として、
国債が今も消化されているわけです・・。


多くの人が
【投資】に目覚め、
【投資】を積極的に行えば行うほど、

預貯金・保険商品に向かう
金融資産の割合が低下し、

国内で、国債が消化できなくなる日が
早くなってしまうとわたしは考えます。

◆ 関連記事

【ときに、日本の財政危機について考えてみる その2)】
【ときに、日本の財政危機について考えてみる その3)】

似顔絵




関連記事

| 経済よもやま話 | 14:27 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/2231-b90d7112

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT