FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ギャンブルの起源は?


こんにちは、カン・チュンド です。

(いきなりですが)
10万年前 にタイムスリップしていただきます。

当時の ヒト は、
まだ「言葉」もろくに話せませんでした・・。

彼らは「アウ、アウ」という掛け声のもと、
身振り手振りで
コミュニケーションを図っていたと思われます。

(ところで)ギャンブルの 起源 は
「占い」にあると云われます。
 ??

はい。彼らは当時「狩猟の民」でしたから、
(例えば)

・いつ、狩りに向けて出発すべきか?
・どの方角に向かうべきか?

・大事な食料をどこに隠すべきか?
・誰をリーダーにすべきか?

など、さまざまな「重要な決定」を
モノを投げたり、星空を見上げたり、
木を燃やしたりして下していました。

(占い自体 が
「神の意思」を確かめる行為でもありました・・)

そのうち誰かが、
動物の 骨 を投げたりして、

「おい、ちょっと遊ばないか?」
みたいなジェスチャーをしたのではないでしょうか?
(彼はグループの中でちょっとした 変わり者・・)

「おお、どうすんだ?」
と応えた彼も(実は)変わり者・・(笑)

彼らは動物の 骨 を投げたり、
石ころ を握ったりすることで、
さまざまな「勝ち・負け」を設定したのです。

例えば、
骨の窪んだ「黒い面」が出たら、勝ち。
出っ張った「白い面」が出たら、負け。
(んー、これが ギャンブルの起源?)

「勝ち・負け」ができると、
ヒトはわくわくします(笑)
(アドレナリンが増幅されるのですね・・)

そのうち「黒い面」を 1、
「白い面」を 2 と呼ぶようになります。

数字 を認識し、その 数字 で
「勝ち・負け」を設定し始めたのです。

「お前はおれに3回負けたから、その首輪をよこせ!」
「おい、お前はおれに2回分の借りがあるよな?」

ということも
身振り手振りで相手に伝えたのでしょう。

そうです、
ヒトは ギャンブル を通じて
「数字」に習熟するようになったのです。


そのうち、
(といっても何万年もかけてですが・・)

「おい、いいか。
 4で割り切れたら、最高だ。
 つまりいちばん勝ちってこと・・」

「4で割って3余ったら、最悪だ。つまりビリだ」
というような
高度な「ルール付け」も行われるようになりました。

「ギャンブル」は、
現在も ヒト を惹きつけて離しません・・。

わたしは「ギャンブル」こそが
ヒトが【数をかぞえる能力】を
飛躍的に発達させたと考えます・・。

ギャンブル がなければ
貨幣経済 も生まれなかったでしょうし、
株式市場 も存在し得なかったのです。



関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 07:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/227-02a20109

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT