PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フランクさんに出会えたことが、わたしのキャリアの原点です

 

こんにちは。

インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

 

わたしの場合、

インデックス投資と出会ったのは、

 

個人的な動機からではなく、

『仕事的な動機』からです。

 

ファイナンシャルプランナーに

なるための勉強をする

投資について、もっと知っておかないと!

さまざまな情報を手探りで集める

 

そうした中で、

インターネット上で

アメリカのファイナンシャルプランナーと出会って、

 

『インデックス・ファンド』なるものを

はじめて知りました。

 

そのファイナンシャルプランナーとは、

フランク・アームストロングさん

 

frank-b052015.jpg


 

この人です!

 

フランクさんは

Investor Solutionsの創業者です。

 

(ちなみに、Fee Onlyという言葉も

フランクさんの文章を読んではじめて知りました)

 

 

もし、わたしが、

1998年の暮れに

彼に出会っていなければ、

 

すごく回り道をして、

(何年も遅れて)、

インデックス投資と

出会うことになっていたかもしれません。

 

ありがとうございます!!

(今も感謝しています。)

 

 

フランクさんは、

『市場の平均点』を捉える金融商品が

この世に存在することを、

わたしに教えてくれました。

 

当時のわたしの感覚は、

 

「えっ!? 市場平均と

同じ動きになるように設計された商品」が

この世にあるんだーー というもの。

 

こんなシンプルかつ奇抜なことを、

ホントにやっちゃってるんだ!

という新鮮な驚きもありました。

 

【まさに灯台下暗し!】

ですね。

 

 

さまざまなデータを駆使して

複雑怪奇な行いをすること

投資と思っていたわたしは、

 

なんと言いますか、

背中をポンッと押されて、

 

真白いシャツのような

簡潔なスタイルを見せられて、

 

「はい、これも投資なんだよ!」

と言われたような心境だったのです。

 

<まさに目からウロコが落ちる体験でした。>

 

 

この時の感覚は

今でも鮮明に残っていて、

 

それまで、岸の向こう側の

『ちょっと怪しい場所』に属していた投資が、

 

こう、わたしの「日常生活」のほうに

近づいてきたのです。

 

【これなら、自分にも出来るかもしれない。】

そう感じました。

 

これは投資に限りませんが、

物事を始めるにあたって、
【これなら、ワタシにも出来るかもしれない。】


と思えることは、

本当に(本当に)大切なことですね。

 

投┃資┃は┃単┃純┃だ┃

 

 

あれから長い年月が経ちましたが、

【市場の平均を持ち続ければよい】という

インデックス投資の教えは、

 

未だにわたしの心を捉えて離しません。

 

その主張は(なんと言いますか、)

シンプルでとても力強いのです。

 
index-funds.jpg

 

フランクさんはしばしばこう言っています。

 

―私たちは物事の機微を過去から学べます。

このビジネスに携わって40年以上になりますが、

市場では数多くのアップダウンがありました。

 

そのたびに

私たちはなんとか持ちこたえてきました。

 

市場が大きく下落したときも、

投資家は文字通り何もしない(holdする)ことで、

いつも報われてきたのです。

 

もし、このやり方が

過去においていつも機能していたなら、

これから先も、そうである可能性は高いですね。

わたしはけっこう単純な人間なのです。―

 

  

わたしはたまたま職業として、

インデックス投資アドバイザーを

名乗っていますが、

 

それ以前に、一投資家として

「インデックス投資」に共感し、

自身でそれを実践しています。

 

これって

たとえとして適当かどうか分かりませんが、

ピザが好きな人が、

自分でピザ屋さんをやっているような感覚なのです。

(おかしくないですよね?)

似顔絵  

 

関連記事

| わたしのFP修行 | 18:14 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/2285-4308c780

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT