FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リスクを飼い慣らす その5)


こんにちは、カン・チュンド です。

先日「スリルを求めるだけが 人生 ではないのです・・」
と申し上げましたが、

あなたには(資産運用のほかにも)するべきこと、
したいことがたくさんあるはずです。
(人生とは 有限の時間のやりくり なのですから・・)

さて、投資 とは(その本質を申し上げると)
あなたの資産を リスク に【さらす】行為 です。

(その覚悟がない方は、
 資産運用などするべきではありません・・)

わたしは あなたが、
個別銘柄 を(膨大な母数の中から)選択したり、
タイミング を計って「売り買い」を繰り返したり、

流行 を追いかけるように
「運用スタイル」を入れ替えたりすることは
不要なリスク を
自らの背中に「積み上げる」ことだと思います。

それはまるで
薄氷の上で ダンス を踊っているようなものです。
(危ない・・)

(ダンスを踊ること自体は)
楽しいことですし、わたしも好きですが、

■ 投資 とは 躍ること
( = 楽しむこと)ではないのですね・・。

投資 とは(どちらかというと)
何もない 荒野 でじっと座っていることなのです。
(おもしろくも何ともないのですが・・笑)

ただ、荒野 にじっと座っていても、
リスク には【さらされ】ます。

荒野( = いちば)では
四六時中 資産の価格 が上がったり下がったりします。

人の 欲望 と 恐怖 につられて、
その動きは(時に)激しくなります・・。

「もうこんなところに居るのはイヤだ!」と思って
荒野 から退場してしまえば、

もう リスク には【さらされ】なくなり、
(結果)リターン も期待できなくなります。

■ リターンの源泉 は、
  リスク の中に潜んでいるのです・・。

いちば( = マーケット)というところは、
時に 紳士的 になったり、
赤子のように振舞ったりしますが、

価格が変動する という「リスク」は
消えることがありません。
(これを 市場リスク といいます)

わたしが考える「合理的リスク」とは、
まさにこの 市場リスク のことであり、

いちば自体のリスク こそ、
【さらす】価値がある リスク と考えます。

(アップダウンはありますが、
 非常にシンプルなリスク概念です・・)

そして、
「いちば」というところは、

■ その価値がゼロになることはないですし、
  下がった回数 よりも 上がった回数 の方が多いのです。
 (ここ、重要!)

弊所 が唱えている
「インデックス運用」という スタイル は、

このいちば自体の リスク を捉えて、
市場平均という リターン を獲得することを目指します。

ただ、世の中には実に
「さまざまな 市場」がありますから、

私たちは 資産の配分(アセット・アロケーション)
という作業において、
ある種の【創造性】を求められるわけです。

「どの市場に、
 どれくらいの資産を配分すべきか・・?」

■ この命題に応えるため、
ファイナンシャルアドバイザーが
存在すると言っても過言ではありません。



関連記事

| 投資家の感情リスク | 06:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/233-96004f9c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT