PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

個人的な告白。~環境が【人を】変えてくれるのです。~ その3)


こんにちは。カン・チュンドです。
【今日は投資のお話ではありません・・。】

その1)、その2)の続きですよ。

亭主関白的なわたしが、
どうして
妻が仕事を続けることに「賛成」したのか?

はっきり云って
高尚な理由があったわけではありません。

ズバリ申しますと、

当時、
わたしの稼ぎが・とても少なかったため、】

妻が仕事を続けることに、
違和感を抱かなかっただけなのです。

(むしろ「有り難い」と思っていました・・汗)


今から思い返してみると、
とても不謹慎な動機ですね・・(-_-;)

ヘンな言い方になりますが、

【当時、稼げなかった自分で
ほんとうに良かったと思います。】


なぜなら、
そのおかげで、

わたしは(根本的な部分で)
【変わることが・出来たからです。】


結婚する前、
私たちは、
お互いの手取り収入、支出などについて、
開示し合いました。

が、
この『手取り収入』のところで、
わたしのほうが、
あまりにも少なかったので、

わたしは(ある意味)
謙虚』になれたのだと思います。


生活全般について、
掃除とか 洗濯とか、
できることはしたほうがいいよな・・
。」

と思うことができました。

(その代わり、わたしは
「料理はできない」ことについては、
妻に了解してもらいました。)


結婚して、
ふたりの生活が始まると、

(少しずつですが、)

わたしは
ゴミ出しや、食事の洗い物などを
励行するようになりました。

もちろん、もともとが
『亭主関白的・気質』ですから、

いろいろと
衝突&ケンカもあったのですが、

わたしとしては、
収入が少ない分、家のことで協力しないと。」
と自分を言い聞かすことができたのです。


まあ、『きっかけ』としては、
決して褒められたものではありませんが、

わたしは少しずつ、

昔ながらの『夫的・考え』から、
『パートナーとしての考え方』に
移行していきました・・。

(温かく見守ってくれた妻に 感謝 ですね。)


Change-.jpg


今となっては、
『共働き』(ふたつの所得)という
生活の形態が、


「もう、これ以外には考えられない」
というくらい普通になっています。


時間がかかりましたが、
『家事の分担』を通じて、

あるいは、
『共働き』という生活の形を通じて、

わたしは、

○ 夫・妻 という固定観念から、
パートナー同士という、

共同生活の【現実認識】に
近づくことができたのだと思います。


付き合っていた当時の、

「オレについて来い」とか、
「君を絶対幸せにする」という考え方、

つまり、
男性にありがちな【固定観念】は、

結婚生活を続ける中で、
自然と消滅していきました・・。

今の【実感】としては、

「オレについて来い」よりは
「一緒に歩もう!」ですし、

「君を絶対幸せにする」よりは
「一緒に幸せになろう!」という気持ちです。


TSU882_orenonatugakita--thumb-1000xauto-18452.jpg


このような【価値観の転換】は、
わたしにとっては

もう物事が180度旋回するくらい、
大きな・大きな出来事だったのです。

これも、
(今、振り返ってみますと、)

環境が【人を】変えるという
「典型例」のひとつなのだと思います・・。


このような『変化』は、
わたしの仕事にも
いい影響を及ぼしました。

2007年頃からでしょうか、

それまで「洋服の青山」でしか
スーツを買ったことがなかったわたしですが、
身だしなみに気を付けるようになりました。

(メガネを変えたのも、この頃です)

当オフィスのロゴ、事務所のミッションも
きちんと定めることにしました。

メルマガやブログに対する執筆姿勢も、
根本から変わったと思います。


そして、ココが大事なのですが、

これらの変化が起こったのは、
(今から)たった9年前のことなのです。

(あっ、別に自慢して
言うようなことではないですが・・(-_-;)


GWの最中に
どうしてこのようなお話を
つらつらと述べたかと言いますと、

―【変化の芽】は、
身近に、存在している。―


ということを、
あなたにお伝えしたかったためです。


あなたのプライベートな生活。
お仕事。

ご家族。お身内。
ご友人。お知り合い。

職場のご同僚と、
それら周りで囲んでいる
諸々の環境たち・・。


人はみな、誰もが
【変わりたい】と潜在的に思っています。

でも、
なかなかその「きっかけ」が掴めない。

もしかすると、

私たちは、
変わるきっかけとなる『出来事』を、

いつも、どこかで、
(無意識に)
待ち焦がれているのかもしれません。


110510_095910.jpg


どこかを歩いていて、
誰かの話を聞いていて、

あるいは、
休み時間に
下りのエレベーターに乗っていて、

何気に
変化の芽】のようなものを感じたら、

ちょっとだけ、
5分、10分だけ、
立ち止まってみて、

その【芽】に執着してみてください。

そして、自分の
【心の声】を聞いてみてください・・。


わたしが思うに、
自分が「変わるため」の
【戦略的な行動】とは、

〇 住む場所、
〇 働くところ、
〇 付き合う人たち を

【変えてみる】ことではないかと思います。



わたし自身、
これからも
『仕事』の面で、
変わっていく必要があると感じています。

<マーケットは常に変遷しているためです。>

これまでの
【変わってきた自分】を再確認して、

自分はまだまだ変われるはずだ」と
自身に言い聞かせたいのです。

3回にわたって、
わたしのとりとめもない告白にお付き合いいただき、
ありがとうございました・・。

似顔絵




関連記事

| 抱負・個人的に思うこと | 08:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT