FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダメですよ!公的年金(不安) ⇒ 個人年金加入


こんにちは、カン・チュンド です。

世の中は「当然そうですよね・・」
という 思い込み で溢れています(笑)

事例 1.

公的年金は(今の制度を維持している限り)
早晩立ち行かなくなります。

その原因は、現役世代の保険料を
そのままリタイア世代の年金受給に充てている
「賦課方式」にあります。

そうすると、新聞の折込みチラシ に
「将来の年金を ワンルームマンション で!」
という文句が躍るようになります。

「将来の年金を ワンルームマンション で!」
と言われると、
ワンルームマンションさえ買えば、

将来の年金(家賃収入)が保証される
ようなイメージを受けますが、
とんでもありません(怒)

上記は ↑ 金(ゴールド)を買えば、
ペイオフ対策になるという勘違いとまったく同じ・・。

ワンルームマンションを買うとは、
「リスク性の資産」を購入するということです。

将来の家賃収入は不安定ですし、
ワンルームマンションという
「資産価格」も変動します。

よく一括借上げ =【家賃保証】システム を
謳っている業者さんがいますが、
あれはひとつの契約にすぎません。

(果たして)一方のみに嬉しくて、
一方のみが「しんどい」契約を
その道のプロが結んでくれるでしょうか?

皆さん、チラシをよくご覧ください。
米粒のような小さな字で、

「毎月の家賃収入は、
当初○年間の設定家賃であり、○年毎に更新します」

あるいは「契約期間は○年間で、
双方協議の上、更新します」等と書いてあるはずです。

(これは お金のルール【その1】
 と言ってもいいのですが)

不動産・保険・証券・銀行 に限らず、
その 関係書類・パンフレット においては
■ 大事なことほど、小さくわかりにくく書いてあります。

事例 2.

最近【年金は こうして作りなさい!】
というような本が売れていますが、

皆さん、年金 と 資産運用 は
まったく別のものだと思っていませんか?
(実は)年金 と 資産運用 は同じ意味です。

(正確に言うと)年金 とは、

■ 資産運用した結果(= 積立金)を
 【受け取るしくみ】のことです。

例えば、皆さんが毎月毎月
1万円で 定期積金 をしたり、

投資信託 を買ったりして、
25年間「積立て」を行ったとしましょう。

退職後の生活となり、
これまで積立てたお金を
毎年50万円ずつ取り崩していくとします。

これを「自分年金」と呼びます。
「自分年金」と 資産運用 は 同義 ですよね・・。

もし皆さんが上記作業の一部を
【第三者】に委託すればどうでしょうか?

毎月1万円のお金を拠出することに
変わりはありませんが、

(例えば)
・運用の部分を任せる

あるいは、
・積立てたお金を毎年継続的に
「取り崩す」作業を任せる・・。

(はい、お金のルール その2 です)
■ 人に何かを任せる
  = その分のコストを支払う ということです。

例えば、運用の部分を任せる とは、
(運用における)リスクを転嫁する
という意味です。

リスクを引き受けた側は、
リワード(報酬)がなければ動きませんよね?

(ここ、大切なのですが)

「毎年○○万円 の 年金 を
自分自身にあげることはそう難しくなく、
自分で十分ルール付けが出来るのです」

皆さん、くれぐれも
■ 公的年金の将来が不安だから
  個人年金保険 に入ろう!

という「パブロフの犬」状態にならないように(笑)

それから、国の年金を「待ち焦がれても」
あまり 意味 がありませんよ。
(特に、40代前半くらいまでの方)

「自分が65歳になったら、
どれくらいの年金がもらえるのだろう?」と
計算してみることすら ナンセンス です。

(私たちが
年金を受け取るのは 4年後 ではないのです。

そもそも ほんとうに
65歳から年金がもらえるとお考えですか・・?)

公的年金の現状について
「知る」ことは大切ですが、
私たちは 国の年金について
今現在、決定権 がありません。

自分で決める権利がないモノを
いろいろ考えるより、

今から【自分年金】作り(資産運用ですよ)
に精を出すほうがよいでしょう・・。



関連記事

| 金融機関にモノ申す | 07:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/236-d218a453

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT