FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どうして『時間サービス料金』のみにしているの?(弊所コンサルティングのこと)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

世の中には実にたくさんの
資産運用アドバイザーが存在します。

それぞれの人が
サービスの体系や
サービス料金について
独自のお考えをお持ちだと思います。

弊所の考え方はというと、
(もう)いたってシンプルで、

あなたが必要なときに、
必要なだけご利用ください。


というもの・・。


家の近所にある、
小さなビストロみたいな感じでしょうか。

あなたが、

『食べたいと思ったときに、
ふらっと予約して、
食べたいだけ注文する。』


もちろん、
再訪するかどうかは、
あなた自身が決める』わけです。


〇 必要なときに、
〇 必要なだけ
〇 ご利用いただく・・。

これを突き詰めて、

今のシンプルな
時間ベースのコンサルティング料金】と
なりました。


ファイナンシャルプランナーの中には
顧問契約』という形で、

月額いくら、
年額でいくらというふうに、
サービス料金を
設定しているところもあります。

実は当オフィスも
導入していた時期があったのですが、
途中で止めました・・。


やっぱり、
『顧問契約』という形には
抵抗があるのです・・。

継続的に、料金がかかるという点で。

たとえば、
利用する人の立場に立つと、

「今月(今年)は何も相談していないのに、
なんで料金払ってるんだろう?」

という違和感が、
起こり得るじゃないですか。


わたしの経験上、
ファイナンシャルプランに関する相談ごとって、

1年、2年の中で、
判を押したように
規則的に発生するものではありません。

★ 『相談ニーズ』の頻度は不規則ですし、
かつ、突発的である場合が多いのです。


ChristineLucas-CompleteMindandBody-personal-coaching_20160822193916eff.jpg


特にわたしは

インデックス投資。
放ったらかし。
コツコツ続けるだけ。


を【標榜】しているので、

毎月「相談ごと」が発生しないといけない?
という状況は、
やっぱりおかしいですよね。


過去には、
お客様の運用資産額に応じて、
【パーセンテージ】で
サービス料金を請求させていただく、

ということも試みました。

これは
『顧問契約』よりは
理に適っていると云えます。

(お客様の資産が殖える。
弊所の報酬も増える。
という点で、悪くはないと思います)


ただ、
運用資産額の【パーセンテージ】で
サービス料金を請求すれば、

頭のどこかで、
お客様の「リスク許容度」を超えて、
よりアグレッシブなポートフォリオを提案し、

お客様の資産額が
より増えてほしいと
(= わたしの報酬がより増えてほしいと)、

願ってしまう可能性も
ゼロではないと思うのです・・。


まして、
お客様の資産が増えた分に対して、

一定のパーセンテージで
料金を請求する
『成功報酬制』となると、

無意識のうちに、
<お客様はリスクテイクすべきだ。>

と、思い込んでしまう
可能性すらあります・・。

pie-chart.png

当オフィス
コンサルティング専科の中で
もっとも大切にしているのが、

【フリーハンド】(=自由さ)の確保です。

コンサルティングの途上
解決策を模索する中、

その【答え】を、
できるだけ「広く・公平な状態」から
導き出すことをモットーにしています。


わたしは金融商品の
販売・斡旋には一切タッチしておらず、

時間ベースの『コンサルティング料金』を
頂戴するのみですから、

「海外ETFを用いた運用」のご提案も、

「熟慮の結果、
○○さんに投資は必要ないと思いますよ。」
というアドバイスも、

どちらも、
『解決策の提示』として
同程度の重みを持つのです。


そういう、
間口の広さ】を確保しておきたいのです。


たとえば、
あるお客様と30年くらい
関わりが続く中で、

1年目と7年目と、
16年目と 28年目と30年目に
「時間相談サービス」をご利用いただいた、

というような
細く・長い】お付き合いを目指します。


そして、2020年代には、
日本語がペラペラの
インド人のファイナンシャルプランナーが、

(スカイプで)1時間2,000円程度で
資産運用のコンサルティングを行っていると、
本気で夢想しています。

そのとき、カンくん、君はどうするんだ?


というのが、
わたしのモチベーションになっているのです。

似顔絵




関連記事

| わたしのFP修行 | 19:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT