PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

年間経費率0%のETFって可能なの?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

たまには米国ETFの話題を・・。

かつて、
ETF運用会社の『ベスト3』は、

〇 ブラックロック(i シェアーズ)
〇 ステートストリート(スパイダー)
〇 バンガード でした。

しかし、
『純資産残高』において
バンガードが
ステートストリートを抜き去り、

純資産額で見た【順位】は、

〇 ブラックロック
〇 バンガード
〇 ステートストリート


に入れ替わっています。


また、
低コストETFにおいては、
チャールズ・シュワブの台頭によって、

〇 バンガード
〇 チャールズ・シュワブ
〇 ブラックロック

この3社の
三つ巴の【コスト競争】が
苛烈さを増しています。



たとえば一例ですが、
米国株式】を挙げてみますと・・。

(%は「年間経費率」です)

【ブラックロック】
「iシェアーズ コア S&P 500 ETF」(IVV) 
0.07%(銘柄数 505)

「iシェアーズ コア S&P Total U.S. Stock Market ETF」
(ITOT)0.03%(銘柄数 3748)


【チャールズ・シュワブ】
「シュワブU.S. Large-Cap ETF」(SCHX)
0.03%(銘柄数 745)

「シュワブ U.S. Broad Market ETF」(SCHB)
0.03%(銘柄数 1998)


 【バンガード】
「バンガードS&P 500 ETF」 (VOO)
0.05%(銘柄数 505)

「バンガードTotal Stock Market ETF」(VTI)
0.05%(銘柄数 3635)



上記を見てみますと、
継続コストである
「年間経費率」が

限りなく【ゼロ】に近づいていることが
分かります・・。


では、ETFの継続コストが
「ゼロ%」になってしまうことって
あり得るのでしょうか?


04-03-etf.jpg


FOX BUSINESSのこちらの記事、
『ETF Wars: Vanguard, Charles Schwab & BlackRock』では、
それは可能であると云っています。

そう、『貸株』です。

ETFが保有する株式を、
証券会社を通じ、
信用取引を行う投資家などに
貸し出すことで『金利収入』が得られます。

たとえETF本体で
報酬がなくても、
収益を上げることは可能というわけです。

以下、上記記事からの引用。

The research revealed that ETFs could make
23 basis points to 28 basis points per year
from securities lending,


(Passive Investing: The Role of Securities Lending,
という)リサーチによると、
ETFは貸株によって
年間0.23~0.28%の金利収入を得ることが可能。



そういえば、
経済評論家の山崎元さんはかつて、

運用報酬はフリー(無料)にできるか
というコラムの中で、
こう述べられています。

数兆円の資産の売買は
証券会社に大利をもたらす。

証券会社からのキックバック
または証券会社自体を保有することで
利益を確保できる可能性がある。

(中略)

販売会社あるいは運用会社は、
フリー・ファンドで集客して、
別の有料の商品を売ることができるかもしれない。

あるいは顧客になんらかのかたちで
個人情報を提供してもらい、
これを収益化する方法もあるかもしれない。


バンガード、
チャールズ・シュワブ、
ブラックロックのうち、

バンガードとチャールズ・シュワブは
実質、関連会社が証券会社となっているので、
運用会社が
証券会社を保有していると云えるでしょう。


ちなみに、
「バンガードTotal Stock Market ETF」(VTI)
は純資産額が650億ドルあり、

1ドル100円で計算しても、
なんと6兆5000億円になります。
(軽く数兆円規模の資産を超えていますね)

メガ級のETFに関しては、
継続コストが【0%】になる日も
そう遠くないのかもしれません・・。

◆ 参照記事(バロンズ)
ETFの手数料、どこまで下がるのか?】

似顔絵




関連記事

| ETFのお勉強 | 13:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT