PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

えっ、バランスファンドで『リ・バランス』?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

モネの絵は、 
10メートルくらい離れたところから観たほうが
その色彩が立体的に見えます。

資産の全容も、
少し離れたところから、
まずは「ざっくり」見てみる・・。

するとどうでしょう、
あなたのお金は、

〇 投資に回しているお金(ポートフォリオ)と、
〇 投資には回していないお金(預金等)に
分かれますね。


今、ここでは、
投資に回しているお金はすべて
ひとつのバランスファンド、

iFree 8資産バランス』に
投資していると仮定します。

離れた場所から、
あなたの資産全体を眺めると、

あなたが
どれほどのリスク量を
背中に背負っているかは、


〇 投資に回しているお金(バランスファンド)と
〇 投資には回していないお金(預金等)

の『比率』(= バランス)で
おおよそ決まります。



たとえば今、
1000万円の資産があり、

『iFree 8資産バランス』で
保有しているのが100万円
あとの900万円は預金とすれば、

あなたが背中に負うリスクは
おのずと限られてきますね。
(『比率』でいうと、10% 90%です


02d928c.jpg


次はちょっと目を転じて
収支の窓】から覗いてみましょう。

今、あなたは
毎月8万円くらい
コンスタントにお金が残ります。

その中で、
投資信託『iFree 8資産バランス』を
4万円積み立て、

三井住友銀行で
4万円つみたて定期をやっているとすれば、

〇 投資に回すお金(バランス)と
〇 投資に回さないお金(預金)の
『比率』は 50% 50% になります。


今の例をちょっと「整理」しますと・・

まとまった資産では、

『iFree 8資産バランス』100万円(10%)
預金等          900万円(90%)


で、

毎月の収支では、

『iFree 8資産バランス』 4万円(50%)
預金             4万円(50%)


です。

毎月の収支のところ
上記をずっと続けていくと、

まとまった資産における

〇 投資に回しているお金と、
〇 投資に回していないお金の『比率』は

少しずつ変化していき、
バランスファンドの割合が増えていきますね



以下、
あくまでひとつの考え方ですが、

毎月のお金も、
まとまったお金も、

〇 投資に回すお金と
〇 投資に回さないお金の『比率』を
 【同じ】にすれば


資産管理はうんとシンプルになるでしょう。


たとえば、

まとまったお金)

『iFree 8資産バランス』 400万円(40%)
預金等           600万円(60%)

毎月の収支)

『iFree 8資産バランス』 3.2万円(40%)
預金             4.8万円(60%)


とすればどうでしょうか。


バランスファンドでは
各投資対象の保有割合は
しっかり維持されますから、

この場合、
まとまったお金について、

40% 60% という【基本比率】を
あなたが管理できれば、


背中に背負う『リスク量』も
コントロールできます。


えっ、カンさん、今、

40% 60% という【基本比率】を、
あなたが管理できれば、
って言いましたよね?

(あっ、はい・・。)

あのー、
それって、もしかして、

バランスファンドと、
預金の間で、
『リ・バランス』が
必要になるってことですか?


厳密にいえば、そうです・・。


資産全体の中で、

『iFree 8資産バランス』 (40%)
預金             (60%)


を【維持】するためには、

『iFree 8資産バランス』と
預金の間で、
定期的な【リ・バランス】が必要になります。


Mutual funds



上記の考え方は、
セカンドライフの足音が
聞こえ始めた頃からより重要になるでしょう。


『リスクの量』を下げていく、
という意味では、

バランスファンドで投資を行うあなたは、
自身のリスク度合いを下げるために、

〇 投資に回すお金(バランスファンド)と
〇 投資に回さないお金(預金)の

【比率】を変える必要があるためです。


『具体例』を挙げてみましょう。

仮に、30代~40代は

『iFree 8資産バランス』 (70%)
預金            (30%)


としていた人が、

50代は

『iFree 8資産バランス』 (60%)
預金             (40%)


に移行し、

60歳から5年をかけて、

『iFree 8資産バランス』 (50%)
預金             (50%)


になるまで
資産全体を【保守化】させ、

65歳以降は、

『iFree 8資産バランス』 (50%)
預金             (50%)


で資産を管理し続けながら、
定期的に「引き出し」を行う図式です。


細部にこだわりすぎて、
全体像、
大まかな図面が見えにくくなったら、

〇 投資に回しているお金(ポートフォリオ)と、
〇 投資には回していないお金(預金等)の

 『比率』に着目してみてくださいね。

似顔絵




関連記事

| バランスファンド | 17:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT