PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

わたしの投資遍歴 (けっこう寄り道しています)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしの投資は
まだ『道半ば』ですが、
これまでを振り返ってみると、

1998年末に
野村證券で、
〇 「フィデリティ欧州中小型オープン(Bコース)」と、
〇 「積立て株式ファンド」を、

併せて30万円くらい買ったのが
事のはじまり」でした・・。

そのときの心持ちは、

「ヤッター、
これで投資家デビューだ!」と、

ただ単純に
はしゃいでいただけのように思います。


「積立て株式ファンド」は、
日経平均株価との連動を目指す投資信託ですが、

このファンドに行き着いたのは、
インターネット上で、
米国のファイナンシャルプランナーを
発見したからです。

そのFPとは・・、
フランク・アームストロングさん。
(このブログにもたびたび登場しています)


フランクさんは、
マイアミに今も存在する、

投資アドバイザー事務所
Investor Solutions』の創業者です。

フランクさんは当時サイト上で、
『インデックス・ファンド』の本質を
実にやさしく解説されていました。

たしか、
―市場全体に網を張る。―

という言い方をされていたと思います。


その後、わたしは
インデックス・ファンドについて
いろいろと調べていき、

2000年にマネックス証券で、
『バンガード・スモールキャップ・インデックス・ファンド』を
購入するに至りました。

(ここでもやっぱり
一括購入』しているのですね・・)

さっき調べましたら
インターネット上に、

当時のマネックス証券の
プレスリリース』が残っていました!


次に
99年から2000年にかけて、
わたしは『個別株』も購入していきます。

図研、東レ、ショーボンド建設、
楽天、マネックス証券など・・。

(※ 当時のマネックス証券は
実に先進的で、

このネット証券は
金融業界をひっくり返すに違いない
とわたしは思っていたのです。)


ところで、
個別株を買ったはいいのですが、
ちょうどITバブルでマーケットは頂点を迎え、

2000年の5月頃から
本格的に株価が下がり始めました。

そうです、
保有する投信も、個別株も
ほとんどすべてが
含み損』の状態になったのです。

arrow_down_14.jpg


「えっ、なんで?」

経験が浅いので
なかなか合点がいきません。

「どうして自分だけ
うまくいかないんだろう?」


と、
あくまで自分中心的に
悩んでいました・・。


その一方で、わたしは
ETFにも興味が募っていき、
2003年の秋には
香港の証券会社を通じて、

「チャイナ・トラッカーファンド」
(現 iシェアーズ MSCI チャイナ・インデックス ETF)を
購入しました。

かつてわたしは
こんなブログ記事も書いています。
わが愛しのETF チャイナ・トラッカーファンド その2)】

 
上記ETFのほか、
新興国株式ETF(EEM)や、
MSCI EAFEインデックス・ファンド(EFA)も
購入しました。

(最初にEEMを買ったのは野村證券でした。
当時はまだ楽天証券でも
海外ETFは売っていなかったので・・)

それからさらに時が経ち、
2006年~2007年前半は、
株式市場も不動産も絶好調で、

「こんなにファンドの値段が上がっていいの?」
というくらい、

自分が保有するETFや
インデックスファンドの価格が
どんどん上がっていきました。


当オフィスのお客様の中でも
インド株ファンドなどを購入され、

「投資ってこんなにカンタンに儲かるんだ。」
と、勘違いされる人が続出しました。

恥ずかしい話ですが、
わたしはこの期に及んでも、
『一括投資』をしていたのです・・。



そして、
リーマンショックが起きました。


Crash.jpg


ちょうどわたしは
仕事の拠点を
東京に移すところだったので、

当時のことはよーく覚えています。

特に、
2008年の10月から11月にかけての
『下げ相場』は、

「心臓に悪いでしょ!」
というくらい、強烈なものでした・・。


当時のマスメディアの論調は、

〇 100年に一度の金融危機!
〇 資本主義の試練!
〇 株式市場は死んだのか・・。

といった感じで、

どこを見ても、
【悲観】という黒い幕で
覆われているかのようでした。


折にふれ、
何度か気になり、

ほんとうは
気付いていたはずなのですが、

リーマンショックを期に、
わたしは明確に自覚したのです。

一度に投資をする、ということの恐ろしさを。


image.jpg

投資の時期を分けるべきだ・・、

機械的に、少しずつ、
マーケットにお金を入れるほうが
得策だ、

(いわゆる)
『つみたて投資』の有用性が、
ようやくわたしの腹に落ちたのです。


ですので、
わたしが【つみたて投資】を始めたのは、
2009年になってからです。

(現 SMTインデックスシリーズの中から
買い始めました・・)

そして、
【積立て投資術】の本を書いたのも、
読者の皆さんのため、
というより、

まずは、
自分自身に対する
応援歌』であったような気がします。


今、わたしは
【投資のスタイル】とは、

〇 何を買うのかと、
〇 どのようにお金を入れるのかの
 『合作』である。


と確信しています。

(ここに辿り着くまでに、時間がかかり過ぎましたが・・(^^;)

似顔絵




関連記事

| 世界をメンタルに放浪すると・・ | 18:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT