FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダメですよ! 変額年金保険


こんにちは、カン・チュンド です。

私たちは資本主義の世の中に生きていますから、
サービス提供者は、自らの商品・サービスを

【大きく仕立て上げる】クセがある
ということを覚えておく必要があります。
(特に、資産運用業界で 顕著 です 笑)

具体例 を挙げてみましょう。
変額年金保険(投資型年金)という 商品 があります。

変額年金保険には
「保険」という名前が付いていますが、

■(実体は)ほとんど
投資信託((つまり、運用商品)です。

より正確に申し上げますと、
生命保険という 箱 の中に、
複数の 投資信託 が
詰まったものが「変額年金」なのです。

(生命保険という フタ を開けると、
中身は「投資信託そのもの」ということ・・)

< 少し硬い説明では >
変額年金 とは、

複数の投資信託(選択できます)に

・ 若干の「保障機能」が付き、
・「年金」のカタチで 自身の積立金 を
  受け取れる機能 を備えている
  商品 なのです。

(ここからは物語です・・)

今年40歳の鈴木さんは
メインバンクの A銀行 が勧める
変額年金のパンフレットを手にしました。

「不安定な老後のために確かな支えを・・、か」
鈴木さんは
この変額年金を買うことにします。

(えっ、もう決めたの?)

この変額年金、はじめに5%程度の
コミッション(手数料)がかかります。

これは鈴木さんの
払い込み保険料(= 実は積立金)の中から、
そおっと引き抜かれます・・。

実はこのコミッション、
鈴木さんが 直接支払うものではありません。

■ この変額年金を作っているB生命保険 が、
A銀行に対して支払う手数料(コミッション)なのです。
(コストを負担しているのは鈴木さん!)

「おっ、また私どもの
 変額年金保険を売ってくれましたね!」
と B生命保険さん は言います。

A銀行にとっては
この 5% のコミッション(手数料)が
「よーし、がんばって売るぞ!」という
インセンティブになります。

ところで、
鈴木さんは出された麦茶を飲みながら、
「保険関連諸費用」年率1.5% という数字を
ちらっと眺めました。

「これはこの商品の
 保障機能 に対するコストです・・」
と担当者の人は言っています。

そして鈴木さんは、
アクティブ・ファンドを中心に
3つの 投資信託 を選択しました。

最後に
100万円の保険料(= 積立金)を支払います。
あとは 特別勘定 によって運用を行うのです。

(当然、積立金の評価額 は
 上がったり下がったりします・・)

鈴木さんの場合、

選んだ投資信託の【信託報酬】
( = 継続的にかかってくるコスト)は
平均すると 約1.4% でした。

< ここで 問題 です >

鈴木さんはこの 変額年金 という商品を
保有しているだけで、
どれくらいのコストを毎年、
継続的に 負担されるのでしょうか?

■ なんと、積立金の時価 に対して
(毎年)1.5% + 1.4% = 2.9% です。

皆さん、どう思われますか?

鈴木さんの場合、
選択した3つの投資信託が コンスタント に
2.9% の収益を上げてくれないと、

積立金(元本)は目減りしてしまう!
ということなのです。
ふー(ため息・・)

変額年金保険 には、

■ 早期解約控除 と呼ばれる
  商品提供者の勝手な論理に基づいた
  ペナルティー料が存在します。
 ⇒ 原因は、あの5%のコミッション・・。

要するに(そもそも)
コスト割合 が高すぎる金融商品なのです。
【大きく仕立て上げている】商品の典型ですね(笑)

また、鈴木さんはA銀行の人から、

「この変額年金 は、保障の機能 と
 運用の機能 を併せ持った商品です!」
という説明を受けましたが、

保障の機能 と 運用の機能 は
分けて考えた方がすっきりしますし、
コスト的にも安くすみます。

ん?(考えてみますと・・)
上記のセールストークは
隆盛を誇った生命保険会社の人が、

「この保険は
貯蓄の機能 と 保障の機能 を併せ持った商品です!」
と言っていた手法とまったく同じですね(笑)

皆さん、くれぐれも気をつけましょう・・。



関連記事

| 金融機関にモノ申す | 08:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

矢向 さん

個人年金 = 固定金利型の「積立て貯蓄商品」と考えれば、
変額年金とはまったく違うことがわかりますね。


| カン・チュンド | 2009/05/02 20:51 | URL |

変額年金・・・・><;

リスク高いですね。僕は、以前から入りっぱなしので、個人積立年金をしていますが支払額が確定しているのでまぁ、、、この商品よりチョッとだけいっかと思って続けています。

| 矢向 | 2009/05/02 09:40 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/239-704316ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT