PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マザーファンド、ベビーファンド、どっちが大事なの? その2)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日の その1) の続きですよ・・。

資産運用のビジネスって
結局のところ、
規模』がモノをいいます。

運用効率を高めるために、
いくつかの『ベビーファンド』を作って、
それらの資金を集めて、

一個の『マザーファンド』で
運用するのは合理的で、
理に適っていると思います。


では、
【マザーファンド】の純資産額って
どうやって知るのか?

(やっぱり)
『運用報告書』なのです・・。

あっ、これって2分で済みますからね!

『SMTグローバル株式インデックス・オープン』の、
運用報告書(全体版)】(2016年5月10日)
54ページ目

外国株式インデックス マザーファンド -第15期-
■資産、負債、元本および基準価額の状況

のところを、
ちょっと見てみてください。

(C) 純資産総額(A-B)  272,0・・・・
って載っていますね。


この、
【約2720億円】というのが、

マザーファンドベースの
【純資産額の大きさ】なのです!

つまり、

「ベビーファンド」である
『SMTグローバル株式インデックス・オープン』の
マザーファンドは、
約2720億円規模の純資産残高があるということ!


Challenge-1024x584.jpg


ところで【マザーファンド方式】、
【ファミリーファンド方式】の
投資信託かどうかは、

「マザーファンドベースでは・・」
「ファミリーファンド形式で・・」
などの文言があるかないかで、


容易に判断できます。

ネット上の
○『お申込みメモ』(ファンドの基本情報)、

○『パンフレット』、
○『運用レポート』などの情報を
必ずチェックするようにしましょう。

(特に、新規設定されるファンドでは
それが【マザーファンド方式】か?
だとすれば、
純資産額はいくらか?

また、マザーファンドは
運用を開始して何年くらい経っているか?
チェックするようにしましょう・・)


次に、
【マザーファンド方式】を利用した
具体例をもうひとつ挙げてみましょう。

あの・・、
グローバル・ソブリン・オープン』です。

「カンさん、グロソブって、
毎月分配型ファンドのことでしょ?」

いいえ、実は
グロソブって、
毎月分配型だけではありません・・。



グローバル・ソブリン・オープンは、
毎月決算型』のほかに、

『3カ月決算型』
『1年決算型』があります。

えっ!?

みんな同じ、
ひとつの『マザーファンド』なのです。
(そっかー)


mother_a.png


ちなみに確定拠出年金用の
「グローバル・ソブリン・オープン(DC年金)」
ていうのもあります。

(これは年1回の決算です)

これらみなグロソブ兄弟?で、
同じひとつの『マザーファンド』のもとで
運用されているのです。



bne59a.jpg


ついでに
もうひとつお話しさせてください。

先日お話しした、
『SMTグローバル株式インデックス・オープン』は、

三井住友トラスト・アセットマネジメント
運用会社です。

この『マザーファンド』は、
外国株式インデックスマザーファンド』でしたね。

実は、
○ 同じ運用会社で、
○ 同じ投資対象(先進国株式インデックス)で、

外国株式インデックスe』という
インデックスファンドもあります。

こちらのファンドの
『マザーファンド』を調べてみると、
外国株式マザーファンド』なのです。

残念ながら、
『外国株式インデックスマザーファンド』では
ありません!


もし、ですよ、
『SMTグローバル株式インデックス・オープン』
と、
『外国株式インデックスe』が、

【マザーファンドごと、
 統合できれば】、

すごく・すごく
シンプルになると思いませんか?


(運用効率もよくなりますし!)


★ 日本の投資信託業界の
最大の問題点は
【ファンドの数が多すぎること】です。

ひとりのファンドマネージャーが
8本も10本も運用を行っていて、
それぞれのファンドは
純資産額がそんなに多くなくて、

でも事務的な作業は
1本1本こなしていかないといけないので、

余計な作業、余計な経費が
芋づる式に積み上がっていくのです。
(とっても非効率ですね・・)


投資信託(ベビーファンド)の
統合が進み、

その過程でマザーファンドも
整理されれば、
運用効率が格段によくなって、

私たち消費者にも、
運用管理費用(コスト)の低下という
恩恵がもたらされるはず・・。


(ココ、地味ですが
投資信託のインフラ改善として
とっても大切だと思います・・)


さあ、最後に、

三井住友トラスト・アセットマネジメントの
『外国株式インデックスマザーファンド』を
投資対象とするファンドが、


いったい何本あるのかというと・・、
50本もあるのです。

(「SMTグローバル株式インデックス・オープン」を
含めて・・)

50本、ちょっとご覧ください。

珈琲でも飲みながらゆっくりと・・。


外国株式インデックス・オープン(SMA専用)
SMT グローバル株式インデックス・オープン
コア投資戦略ファンド(成長型)
DC外国株式インデックス・オープン
バランスC(50)VA1(適格機関投資家専用)
DCマイセレクション75
コア投資戦略ファンド(安定型)
DCマイセレクション50
世界バランスVA1(適格機関投資家専用)
FOFs用外国株式インデックス・オープン(適格機関投資家専用)
バランスA(25)VA1(適格機関投資家専用)
世界バランスVA2(適格機関投資家専用)
世界経済インデックスファンド

SBI資産設計オープン(資産成長型)
グローバル・バランスファンド・シリーズ1
DC世界経済インデックスファンド
DCマイセレクションS50
コア投資戦略ファンド(切替型)
DCマイセレクションS75
外国株式インデックス・オープン
分散投資コア戦略ファンドS

バランス25VA2(適格機関投資家専用)
バランス50VA1(適格機関投資家専用)
DCマイセレクション25
バランス50VA2(適格機関投資家専用)
バランスB(37.5)VA1(適格機関投資家専用)
バランスD(35)VA1(適格機関投資家専用)
グローバルバランスファンドVA35(適格機関投資家専用)

適格機関投資家専用って
単独では個人の投資家には売ってくれないものです。

ファンドオブファンズ形式の投資信託や、
変額年金保険などの商品の中身として提供されたりします。


分散投資コア戦略ファンドA
外国株式ファンド・シリーズ1
FOFs用 外国株式インデックス・ファンドS(適格機関投資家専用)
世界経済インデックスファンド(株式シフト型)
DCマイセレクションS25
バランス30VA1(適格機関投資家専用)
バランスE(25)VA1(適格機関投資家専用)
外国株式インデックス・オープンVA1(適格機関投資家専用)

DCターゲット・イヤー ファンド2035
DCターゲット・イヤー ファンド2025
SMT インデックスバランス・オープン
DC世界経済インデックスファンド(債券シフト型)
DCターゲット・イヤー ファンド2045
DC世界経済インデックスファンド(株式シフト型)
マイセレクション50VA1(適格機関投資家専用)

世界経済インデックスファンド(債券シフト型)
マイセレクション75VA1(適格機関投資家専用)
マイセレクション75
マイセレクション50
SBI資産設計オープン(分配型)
マイセレクション25
DCターゲット・イヤー ファンド2015

はい、
これで全部です・・。

『SMTグローバル株式インデックス・オープン』
運用報告書(全体版)】(2016年5月10日)より。


<今回の格言>

投資信託を見たら、
いつも母親【マザー】を思い出そう・・。

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 09:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT