PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

150年前に投資の民主化が始まった?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

物事が変化するには
【長い時間】が必要です。

七つの海を制したイギリスでも、
19世紀、庶民の生活は過酷を極めていました。

それがよく分かるのが、
エンゲルスの著書、
イギリスにおける労働階級の状態』です。
(原著は1844年から45年にかけて刊行)

上記は今でいうところの
ルポルタージュのはしりと云えるでしょう。


今では考えられないですが、
19世紀のイギリスでは、
16時間~18時間の長時間労働も珍しくなく、
(もちろん児童労働も当たり前で)、

トイレも水道もない狭い部屋で、
5人、6人がすし詰めになって寝起きするような
貧民街があちこちにありました。

(特に地下部分の住居は川の水位より低く、
じめじめとして不衛生極まりなかったと云います)


もともと農民だった人たちが
都市に出てきて労働者となり、

国そのものの発展と合わせて
それなりに分別のある『市民』になるには、
長い時間が必要だったのでしょう・・。


そのうち労働者の中にも
少しずつ小金を貯めて、
小さな商売を始める者が現れてきます。

たとえば、
都市に住む労働者を相手に

パン屋を始めたり、
洗濯屋を始めたり、
雑貨商を営んだりして、

少しずつ少しずつですが、
【中産階級】が育ち始めます。

そのような状況下で生まれたのが
『投資信託』(ファンド)だったのです。


Passive-Active-320x136.jpg


19世紀ごろまで、
投資といえば
資本家】のためのものでした。

「じゃあ、この3人であの貿易船に投資しよう」
から、
「この新興国に金を貸しておこう」
「今のうちにこの会社に出資しておこう」
という話まで、

資本家が集うサロンの中では、
投資に関するホットな情報が行き交います。

原始資本主義では
価値ある情報の流布も、
それにともなう重要な決定も、
まさに『密室』で行われていたのです。


ふつうの市民には、
どこで何が起こって、
何が決まっているかという類の情報は
ほとんど降りてきませんでした。

(実際、当時は
今とは比較にならないくらい、
『超・格差社会』だったのです・・)


これはわたしの推測ですが、
資本主義の勃興時には(今でいう)
胡散臭い話が
山のようにあったと思います。

特に海外の情報は
限られていたため、
投資に関連した詐欺や犯罪は
今よりずっと多かったのではないでしょうか。


そんな中、
世界最初の投資信託、
「フォーリン・アンド・コロニアル・ガバメント・トラスト」
がイギリスで誕生します


1868年のことです
 今でいう【外国債券ファンド】だったのです)

投資信託というツールは、
(今から振り返ってみますと)、

ふつうの生活者に『投資を行う』
という道を切り開いた功労者であり、
紛れもなく【世紀の発明品】であったと云えます。


この【道具】は、
さまざまな点で革新的でした。

○ 資本家ではなく、
当時勃興しつつあった
中産階級をターゲットとしたこと。
(まさに <投資の民主化> と云えるのでは。)

○ 複数の外国及び植民地政府の証券を
パッケージ化して、
国の分散、銘柄の分散を可能にしたこと。

○ 購入単価を低く抑えたこと。


世にいう「分散投資」を、
はじめて体現にした金融商品と云えるでしょう。


ABC_header-global-opportunies.jpg


あれ?
まだピンと来ていませんか・・?


ちょっとタイムスリップして、
19世紀後半の
ロンドンに飛んでみましょう。

あなたはロンドンの下町で
洗濯屋を営むスミスさんです。

一生懸命働いて得た
この小金を殖やしたいとは思うけれど、
そんなに大きなお金ではないし、

○○の株だけを買うとなると、
もうそれだけで
小金の大半がなくなってしまうし、

それ以外で
投資のネタを探してみても、
どうも胡散臭い話ばかりで、

自分の性格からいうと
結局のところ、

「究極のハイ・アンド・ロー
みたいな投資はイヤなんだ!」

という気持ちになってしまうのです・・。

そんなときに、

投資信託という道具が
ちょうど折よく登場してきたと想像してみてください!
(どれほど有り難いことだったか・・)


実際、時代背景的にも、
「フォーリン・アンド・コロニアル・ガバメント・トラスト」
に対する【実需】があったのです。

19世紀後半のイギリスは
先進の工業国でしたが、
供給 > 需要の状態で、
緩やかなデフレになっていました。

国内で投資を行って
高い利潤を期待できるような状況ではなく、
低金利が常態化していました。

一方、外国のほうは
まだまだインフラ投資が旺盛で、
したがって資金需要も強く、

(つまり)供給 < 需要の状態で、
総じて高金利だったのです
(投資対象として魅力的ですよね)


「フォーリン・アンド・コロニアル・ガバメント・トラスト」
は(イギリスにとって)
植民地にあたる政府の債券、
外国の債券に投資を行いましたが、

いったいどんな債券(国債)を
組み入れていたかというと・・。


アルゼンチン債、
オーストリア債、
ブラジル債、チリ債、エジプト債、

イタリア債、
ニューサウスウェールズ債
(↑オーストラリアの地域名。
今でいう『州債』に近いイメージでは。)

ペルー債、ポルトガル債、ロシア債、
スペイン債、トルコ債、
アメリカ債などでした。

(立派に『外国債券ファンド』でしょ?)


この世界最初の投資信託が、
およそ150年前に生まれ、

【リスクをコントロールする】という発想を、
多くの投資家に根付かせるきっかけを作ったのです。

◆ 参照記事
【壮大なふたつの収益を求めて・・

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 18:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT