PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カンさん、外貨建ての商品を買わないと円安対策にならないんでしょ? その2)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

はい、その1)の続きとなります。

日本は島国であるため、
「海外で運用されている・・」とか、
「外貨で運用する・・」という、

海の向こう感が出ている金融商品に、
どうも弱いのではないでしょうか。


たとえば、
『たわらノーロード 先進国株式』と、

マン島のオフショア運用会社が運用する
『アルファ・グローバルエクイティ
ヘッジド・ダイバーシファイドEX2010』(仮名です)は、

まったく違う【投資対象】なのでしょうか?

(いや、外国株で運用する、
という意味では同じです。)


仮に今、
『たわらノーロード 先進国株式』を
1万円分購入したとしましょう。

あなたの【1万円】は、
どんな資産に変換されますか?

あなたの1万円は、

○ USドル建ての株、
○ ユーロ建ての株、
○ イギリスポンド建ての株、

○ カナダドル建ての株、
○ オーストラリアドル建ての株、

○ スイスフラン建ての株、
○ スウェーデンクローネ建ての株など、


実に細かく、
「銘柄」として、
「国・地域」として、はたまた
「通貨」として【分散】されるのです。


でも、当該ファンドの基準価格は、
『円建て』で示されますよ。

アレ?
(これってなぜ?)

上記の外貨建ての
たくさんの株式は、
毎日毎日、それぞれの『通貨建て』で
【株価】が表示されます。

たとえば、
アップルは今日1株 110ドル!とか。

かつ、株価は毎日【変動】します。


実は、
『たわらノーロード 先進国株式』って、

1300近い、
外貨建ての株式の【株価】を、

毎日毎日、いちいち
『円建て』に直して

そして、
当該ファンドの基準価格を
【円建て】で算出しているのです。

(その日その日の「為替レート」で!)


redeem-mutual-funds.jpg


【ちょっと突飛な例・・】

仮に、当ファンドが内包する
さまざまな通貨建ての
1300近い【株価】が、
その日、まったく変わらなかったとしましょう

しかし、
「円」が多くの通貨に対して安くなると
当該ファンドの【基準価格】はどうなりますか?

「基準価格は、上がるのです。」


つまり、

『たわらノーロード 先進国株式』は
円建てで売り買いしますが、
立派に【為替リスク】を負っているということ


次に、外貨預金です。

もし、あなたが『外貨預金』をお持ちなら、
「外国債券インデックスファンド」のほうが
道具としてベターだと思います。

○ 外貨預金は、
ポートフォリオに組み込むべき
金融商品ではありません。

外貨預金って、
「ひとつの通貨」を購入する行為ですね。

よく考えてみてください・・。


背中にわざわざ
【為替リスク】を背負うのに

「通貨のみ」を購入するのは、
なんとももったいないとわたしは思います。

どうせ【為替リスク】を負うなら、
一歩進んで、
「外貨を買う」⇒(そこから)「債券を買う」


というプロセスまで踏んだほうが、
期待リターンは高くなります。


あるいは、
○ コンサルティングの中で、

「USドルがあるので、
海外ETFを買いたい・・」


とおっしゃるお客様がおられます。

別に
米ドルを持っているからといって、
海外ETF(ドル建て)を
買わないといけない!

ということは全然ありません。

今そこにある【通貨】は、
モノを買うための道具に過ぎず
それは投資の本質部分ではありません。

大切なのは、
あなたが【何を】買いたいかなのです。


もう、表面的な【通貨分散】を
気にする必要はありませんよ。

グローバルに投資を行う
インデックスファンドを
いくつか組み合わせれば、
(たとえば、円建てで購入したとしても)

広範な【通貨分散】が
自然に出来てしまいますから・・。

したがって、
「円と外貨の割合をどうしよう?」とか、
今のうちにドル資産を買っておく?とか、

もう、【通貨が主人公の
資産管理のシナリオを描く】必要はないのです



最後に、
この1週間のように
急に「円安」が進むと、

絶対的な評価基準として、
【もう円安になってしまったし。】
という言い方を目にしますが、

これも、ちょっと違いますよ・・。

(1998年のアジア通貨危機当時、
1ドル=147円台まで
円安が進んでいましたから。)


2013110511433333d_20161118174455e1c.gif


私たちの投資の計画は、
【長期つみたて】と
【長期取り崩し】のセットです。

まるで山を登って、山を下りるプロセスのよう

仮に、ここから円安が進んでも、
気にせず、粛々とつみたて(購入作業)を
続けましょう。

(逆に、円高のときのつみたては嬉しいでしょ?)

あなたが66歳になって、
取り崩し(解約作業)を始めるとき、
円高に振れていても、
気にせず粛々と取り崩すのです。

73歳になれば、
円安局面になっているかもしれません。
(そのときの解約はまた嬉しくなるはずですから・・)


◆ 参照記事
【海外ファンドを長期で積み立てることが流行っているようですが、
ズバリどうなのですか? その1)】


【海外ファンドを長期で積み立てることが流行っているようですが、
ズバリどうなのですか? その2)】


似顔絵


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┛ ̄ ̄┗┓  今年のお悩みは・今年のうちに!
┣┳┳┏┻┃   2016 西日本
┃┃┃┗┳┛  【出張・コンサルティングの旅】♪
┗┻┻┫┃    【名古屋】12月23日、24日
…… ┃┃     【大阪】 12月25日、26日、27日
…… ┃┃     【広島】 12月28日
…… ┗┛     【福岡】 12月29日  




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 17:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT