PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平均余命、平均余命、平均余命!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

世の中には、
2種類の時間しかありません。

ひとつは、
客観的な指標としての時間。
(すなわち『時計』です)

1日24時間で
1回が終わり、
また次の24時間が繰り返される。

1日でひと回り。
また明日もひと回り。
これが「永遠に」続きます・・。


もうひとつの時間は、
あなたが生きる時間。
(= あなたの人生です)

こちらの時間は、
同じところを
ぐるぐる回るわけではありません。

それはどちらかというと、
一本道』のように真っすぐ
長く続く時間であります・・。


客観的な指標としての時間は、
宇宙の存在がある限り、
ずっと続きますが、

あなたの時間(人生)には、
終わりがあります。

この『終わり』までの時間が、
かつてないほど、
長くなっているのです・・。


いや、わたしが勝手に
言っているわけではありません。


02d928c.jpg


厚生労働省さんが、
言っているのです。

よくニュースなどで、
「日本人の平均寿命が延びました」
と報道されます。

実際、
『平成27年簡易生命表』の概況によると、

日本人の男性の平均寿命は
昨年より0.29歳延びて、80.79歳。

女性の平均寿命は0.22歳延びて
87.05歳 になっています。


【平均寿命】とは・・?
ゼロ歳時における
【平均余命】のことです。


なので、48歳のおじさんが、
(あっ、↑わたしのことですが、)

「あっ、男の平均寿命は
80歳くらいだから、
ぼくはあと32年だな・・」
と呟くのは、間違いなのです。


なぜなら、
あなたも、わたしも
もはや「ゼロ歳児」ではないのですから。

わたしたちは、
主な年齢の【平均余命】
チェックしないといけません!


photo.gif

厚生労働省
『平成27年簡易生命表』の概況より


たとえば、
男、50歳の【平均余命】は
32.39年です。

⇒ 50歳の男性諸氏は、
平均してあと 32.39年
人生時間が残されている、ということ。

50歳の女性の皆さんは?
(平均して)あと 38.13年
人生時間が残されています。

ということは・・、88.13歳!
(平均、ですよ・・)

もはや
女性のほうは大きな声で、
【人生90年です!】と言っても
差し支えないでしょう。


955459-elderly.jpg


ちなみに
わたしが17歳だった昭和60年当時、

男の【平均寿命】は74.78歳、
女性のそれは80.48歳でしたから、

当時と比べても、男で6歳、
女性で6.5歳も(平均寿命は)延びているわけです。

織田信長が言っていた、
「人生50年」がまるで嘘のよう・・。


はい、このブログを見ていただいている
20代、30代の皆さん。

老後は、今すぐのことではありませんね。
そのときが来るまで、
長い「タイムラグ」を有しています。

この間に、
医療技術が発達したり、
病気に関して
画期的な発明があったりすることでしょう。

人生の時間は、
私たちの想像を超えて
長くなる可能性を秘めています・・


リンダ・グラットン、
アンドリュー・スコット著の
『ライフ・シフト 100年時代の人生戦略』
という本があります。




同書では、
各年代の【平均寿命】予想として、

1987年生まれの人は「98~100歳」、
1977年生まれの人は「95~98歳
としています。

(ここ、驚くところ!)

人の寿命は(よい・悪いではなく)
もっともっと延びるわけです。

その準備が、
あなたには出来ていますか?



もし、人生が100年になれば、
70代でも働いているのが、
ふつうになるでしょう・・。

第2、第3のキャリアを持つことが
珍しくなくなります。

途中で『学び』に出たり、
ある時期はパートタイム的に働いたり、
キャリアステージが多様になるでしょう。

シニア期に「新たな青春」が
出現したりするかもしれません。

一方で、
人類の高齢化は深刻さを増します。

【死ぬ権利】が声高に叫ばれたりする
可能性もあるでしょう・・。

広い意味で、
『生き方そのものが問われる』ことになるのです。


ファイナンシャルプランニングの根本も
書き換えられる可能性があるでしょう。

資産運用における方法論も、
大きな修正を強いられる可能性があります。

が、しかし、
わたしは【年数】に騙されないように
したいです。


【健康・寿命】が大事であることは
自明の理ですが、

要は【長さ】ではなく、
中身=質】が大切なのでは・・。

人生の時間が長くなることで、
万が一にも
生きる意味合いが希薄化してはいけません。


マーク・トウェインは
次の言葉を遺しています。

人生で一番大事な日は二日ある。

それは生まれた日と、
なぜ生まれたかを分かった日。


やっぱり時間は「長さ」ではなく、
密度」であるべきだと思います・・。

似顔絵


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┛ ̄ ̄┗┓  今年のお悩みは・今年のうちに!
┣┳┳┏┻┃   2016 西日本
┃┃┃┗┳┛  【出張・コンサルティングの旅】♪
┗┻┻┫┃    【名古屋】12月23日、24日
…… ┃┃     【大阪】 12月25日、26日、27日
…… ┃┃     【広島】 12月28日
…… ┗┛     【福岡】 12月29日  




関連記事

| 人生をプランニングする | 18:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT