PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

その『持ち株会』、ちょっと待って!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしは
資産運用のコンサルティングを
生業としています。

当然、ご相談のコアの部分は、
「ワタシの資産運用って、
どうしていけばよいのでしょうか?」

というものです。

ココがあくまで中心なのですが、
お客様の資産運用を
ある【一定方向】に押し進めるためには、

その周りに
『衛星』のように散らばっている
【見直し案件】を処理する必要があります。

??

そこで突然ですが、
晋陽FPオフィス
【周辺部の見直し案件】ベスト6の発表です。

パンパカパーン!!

第1位 貯蓄性保険の見直し
(終身保険、個人年金保険など)

第2位 投資性保険の見直し
(外貨建て個人年金、外貨建て終身保険、
変額保険、変額年金保険など)

第3位 個別株の見直し

第4位 相続したご資産の見直し
(引き継いだ資産なので、
手を付けられなかったというケース多し)

第5位 持ち株会の見直し

第6位 不動産投資の見直し
(この2年ほど特に増えています)



ということで今日は
第5位に入っている
『持ち株会』の見直しに
スポットを当てたいと思います。

「持ち株会」を通じて
自社株】を買っておられるお客様、
けっこう多いのです。


【従業員】が、
自分が勤める【会社】の「株式」を、
保有することって(いったい何かというと)

⇒ 立派な【資産運用】です!

【持ち株会】という言い方をすると、
「福利厚生的」な香りがしますが、
それは会社の思惑、なのです・・。


実際、【持ち株会】に入っていると、
会社が毎月の購入金額の
5~15%程度を「上乗せ」してくれます。

(「補助金制度」と呼ばれ、
株式が多めに買えてしまうのです。

わたしが今まで見た中では、
20%の補助金を出している会社がありました)


が、しかし、です。
【持ち株会】を資産運用として捉えると、

運用の『原理原則論』から
離れた行いであることが分かります。

理由はカンタン。
自分が『給与所得』を得ている会社を
買っているためです。


(一度、深呼吸してみましょう・・)

先月も『給与所得』を得られたのは、
あなたが・頑張った・からです。

具体的には、
あなたが【自分資産】を働かせた結果です。

これって、私たちが生きていく上で
欠かせないもの・・。

でも、
【自分資産】は
【消耗する資産】でもあるため、

「あー、やっぱりこれだけでは
心細いなあ・・」ということで、

給与所得の一部を用いて
せっせと【金融資産】も積み上げるわけです。
(あなたも、わたしも・・)


banner1.jpg


つまり、
★ そもそも、
【金融資産】への投資は、
【自分資産】の「リスクヘッジ」のために行うもの。


ということは・・、
【金融資産】への投資は、
【自分資産】を働かせている場所から、

できるだけ離れているほうが
よいと思いませんか?

金融資産          自分資産(←給与所得)


『持ち株会』で自社株を買い続けると、

【自分資産】を働かせているところと、
【金融資産】を投資しているところが、
重なってしまうわけです。

 

         自分資産(←給与所得)
        金融資産


「えっ、そもそもどうして、
【金融資産】と【自分資産】は
離れているほうがいいの?」

金融資産A         自分資産(←給与所得)
金融資産B
金融資産C
金融資産D


【金融資産】は容易に
「分散させる」ことができますが、
【自分資産】は「分散」が難しいためです・・


ところで、
会社はなぜ『持ち株会』という制度に
たとえば10%の補助金を出すのでしょうか?

あなたは「個人」ですが、
「会社」というところは巨大な
【複合体・組織】ですよ・・。

会社にも
それなりの【メリット】があるのです。

〇 まず、従業員に
安定株主』になってもらえますね。

しかも【持ち株会】とは、
毎月継続的に「自社株」を買ってくれる
団体のことですから、

安定株主』の割合を、
少しずつ高めることができるわけです。
(喉から手が出るほど欲しい類の「株主」なのです)


〇 また、会社としては、
自社の株式を購入してもらうことで、

従業員のやる気向上、
会社に対する忠誠心向上が
(少しでも)期待できます。

もし、わたしが御社の「取締役」なら、
【20%の補助金】を出しても、

【持ち株会】を活性化して、
社員の皆さんに
「自社株の購入」を奨励するでしょう。
(会社にそれだけの「利益」はあるのです・・)


あなたが『持ち株会』の
見直しに着手する場合、
1.まず、毎月の拠出を中止してください。

これが実行できれば、
今以上「株数」が増えることはありません。

その後、
2.保有している株式を売却していきましょう。

少しずつ、規則的に売っていくのです。
ココで重要になるのが、
貴方の資産運用の【ポートフォリオ】なのです。

あくまで『メインのポ』に引っ越しするために、
自社株を売るのだと
(自身を)納得付けしてくださいね・・。

似顔絵


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┛ ̄ ̄┗┓  今年のお悩みは・今年のうちに!
┣┳┳┏┻┃   2016 西日本
┃┃┃┗┳┛  【出張・コンサルティングの旅】♪
┗┻┻┫┃    【名古屋】12月23日、24日
…… ┃┃     【大阪】 12月25日、26日、27日
…… ┃┃     【広島】 12月28日
…… ┗┛     【福岡】 12月29日  




関連記事

| 自社株は買ってはダメです | 20:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT