PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

本年も当ブログをお読みいただき、ありがとうございました!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

本年1年間、
当ブログにご愛顧をいただき、誠にありがとうございました。

2016年はあなたにとって
どんな【1年】でしたか・・?

マーケットのほうは
実にユニークな動きの連続でしたね。

最初に・・ ドンと下がって、
最後に・・ ドンと上がる。

また時に、
走ることを忘れた自転車のように
同じ場所を行ったり来たりもしました。


⇒ もっとも【象徴的】だったこと。

それは、
専門家の予想が、
ことごとく『外れた』ことでしょう。

〇 年初の株価急落も、
〇 6月の、
イギリスがEUからの離脱を決定したことも、

(また、それに伴うマーケットの展開も)

そして、
〇 11月8日のアメリカ大統領選の結果と、
〇 それに伴うマーケットの急旋回も、

多くの専門家が、まったく
予想できていませんでした。


でも、
それは(よく考えてみますと)
当たり前のことです・・。

なぜなら、
【市場は、私たちの思惑を超えたところで動く。】
ものだからです。


経済評論家の山崎元さんは、
次のように云われていますね。
 

予想は 「う・そ・よ」


明年、株式市場がどのような軌跡を描くかは
誰にもわかりませんが、
米国マーケットが過熱しすぎないかがちょっと心配です。

こちらのサイト
S&P500指数のPERは
時々注視するように致しましょう。

(PERは市場における
体温計的な役割を担うため・・)


ちょっと短期的な話になりますが、
この50日近くの「上昇相場」で
学べたことも(もちろん)あります。

「株価の上昇」「円安推移」で、

⇒ ずっとマイナスだった、
投資信託の評価額が、

まるでいっせいに違った色に染まるように、
プラスになったりするのを、
経験していませんか?


これが、
<つみたて投資のチカラ> です。


今後も、
投資信託の価格が下落する局面では、

同じつみたて金額で
たくさんの『口数』が買え、

そして、
投資信託の評価は、
いつでも、どんなときも、

「今まで積み上げた口数」 × 「ファンドの価格」
という【公式】で導くことができます。

そうです、口数を稼ぐことも、
 将来のリターンに向けた
 (立派な)貢献 なのです・・。

ファンドの価格というのは
『あやふや』ですが、

一度稼いだ「口数」は、
決して減ることがありません!



(ところで、)
今、このブログは福岡(出張コンサルティング)で
書かせていただいていますが、

2016年は、
セミナー、コンサルティングを通じて、
新たに171名のお客様 と
出会うことができました(12月29日現在)

<本当にありがとうございます!>

2016年、
コンサルティング業務の中で
特筆すべきは、

既存のお客様に
2回目、3回目の
コンサルティングをお受けいただく機会が
増えたことです・・。

(改めて、感謝申し上げます・・)


あっ、それから、もうひとつ。
プライベートな話なのですが・・。

えー、実は
2016年は
フランス語を習い始めました。

もう10ヶ月くらいになります(^^;)

文法の複雑さに、
何度も挫折しそうになっていますが、

フランス映画に魅力を感じるようになったのが、
意外な副産物かも、です(^^)

champs-elysees.jpg

(結婚10周年でパリに行って以来、
なぜかフランスに嵌ってしまったのです。
自分でもすごく意外なのですが・・)


さて、 続いては、
今年もっとも印象に残った本は・・】のコーナーです!

(意外に思われるかもしれませんが、)
今年もっとも印象に残った本は・・

ITTIN(イッチン)さんの、
29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた』

ひと言でいうと、
わたしにとっては
『とても勉強になる本』でした。

えっ!?

言うまでもなく、
資産運用は個人的な行いです。

お金の管理そのものも、そうですね。

この本は、
ITTIN(イッチン)さんが
ひとりの生活者として、

自分なりのお金の管理法を確立するまでの
自問自答による「魂の記録」です。

なにしろ最初は、

「投資は危ないから、私はやらない」
「せっかく貯めたお金を減らしたくない」
「素人の自分がやっても、損をするに決まっている」


という状態だったのですから・・。


恐る恐るFXに手を出したり、

投資信託の積み立ての存在を知ってから、
実際にそれを始めるまで
(なんと)3年もかかっていたり・・。

すべてITTIN(イッチン)さんにとっては、
孤独な開拓』だったわけです。

特に、まだ資産運用を始めて間もない人には、
とても共感できる内容だと思いますよ・・。


そして、
今年もっとも印象に残った『ブログ記事』・・、

それは、
菟道りんたろうさんの、
内藤忍氏推奨のワインファンドへの行政処分に想ふ
-投資している自分が特別だと思い込む“意識高い系”の病について


(正確には、去年の年末の記事ですが・・)

この記事、
今でも考えさせられる内容です・・。

真面目で勉強熱心な人が陥る
罠(わな)について書かれています。

端的に申し上げて、
(投資では)

勉強の量と、
投資の成績は必ずしも比例しないのです。



もっとも危険なのは、
これだけ投資について勉強しているのだから、
じぶんは正しい選択ができるはずだという
思い込み】ではないでしょうか・・。

(ご一読をお勧めします・・)


さて、もうすぐ
2016年ともサヨナラです。

皆さまの支えがあって、
またこうして、無事年を越すことが出来ます。
本当にありがとうございます・・。 

来年も「つみたて投資」と同じく、
初心を忘れず、
小さな努力をコツコツと積み重ねてまいります。

(月並みですが、)
どうぞよいお年をお迎えくださいませ!


追記)
それにしても、
11月に降った雪のことは一生忘れないかも・・(^^;)

似顔絵




関連記事

| 投資の発想法 | 19:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT