PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「投信ブロガーが選ぶ!ファンドオブザイヤー2016」結果発表!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

1月14日(土)渋谷の
シダックス カルチャーホールにて、
投信ブロガーが選ぶ!ファンドオブザイヤー2016」の
結果発表が行われました。

20170114161945.jpg
写真提供:投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 運営委員会

第一部は、
FOY運営委員長のrennyさんと、
運営委員のm@さんによる対談でした。

興味深かったのは、
10年後のFund of the Yearの予想アンケート』
です。

すでに米国ETFは
コストゼロ時代が見えてきていますが、

10年後には
極限まで手数料が下がって
「けいぞくコスト」という概念が
希薄になる可能性があるのではないか。

(これ、大いに↑共感できます)

また、10年後、
運用方針の明確なアクティブファンドは
もっと増えているでしょうし、

(どこかの運用会社が必ずや)
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
(VT)の投資信託版を
出してくれていることでしょう。


opportunity-cost-900x450.jpg


また、『登場してほしい商品やサービス、
改善してほしい投資環境のアンケート
』では、

やはり、
ETFのDRIP(分配金自動再投資)サービス
の話が出てきました。

(これって、
証券会社さんの決断次第なのですが・・)


そして、
「まさにそう!」と思ったのは、

投資信託の解約に際して、
自動取り崩しサービス
もっと普及して欲しいという話。

(※ SBI証券の
投資信託定期売却サービス」は
返す返す、素晴らしいサービスだと思います)


おっと・・、
順序が逆になってしまいましたが、

「ファンドオブザイヤー2016」の冒頭、
なんと、金融庁のいちばん偉い方
= 金融庁長官から、
【メッセージ】が届いたのです!

森金融庁長官からのメッセージはこちら


森長官はメッセージの中で
資産形成」という言葉を使われています。

単に「投資」という言葉ではなく、
今の日本に求められるのは、

資産形成という概念を
正しく普及させることではないでしょうか。


それは刹那的に売り買いをする
短期利益の追求ではなく、

紛れもなく、
長期の、継続的な行い であるはずです。


続いて、第2部の結果発表では、
わたしは竹川美奈子さんとともに、
司会を務めさせていただきました。

9ba334ef.jpg
写真提供:投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 運営委員会

(一応「ザ・ベストテン!」
真似してふたりとも司会をしたのですが・・(^^;)

今回は、
2016年の順位にはあえて触れません。

じゅん@さんの記事
「受賞ファンドのまとめ
「投信ブロガーが選ぶFund of the year 2016」#foy2016
」や

水瀬ケンイチさんの記事
投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2016発表。
第1位はなんと三連覇!表彰式ではサプライズも


に詳しいですので、そちらをご参照ください。


わたしはあえて
今回FOYが10周年ということで、
この10年間の【トータルのランキング】に
注目したいと思います。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year
10年ランキング(2007〜2016 総合計ポイント)

1.<購入・換金手数料なし>
ニッセイ外国株式インデックスファンド
2.バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)

3.セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
4.結い2101
5.ひふみ投信

6.SMT グローバル株式インデックス・オープン
7.eMAXIS新興国株式インデックス
8.外国株式インデックスe

9.ニッセイ 日経225インデックスファンド
10. 世界経済インデックスファンド



3位に入っている、
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」って
スゴイと思いませんか?

実はセゾン・バンガードは
2007年、第1回目のFund of the Yearの
第1位だったファンドです。

10年ひと昔と言いますが、
2007年から10年経った
FOY2016年の単年ランキングでも入賞し、

また上記のように
10年間の【トータルランキング】でも
3位に入っているというのは素晴らしいと思います。

(もちろん、)
低コストは大切ですよ。

販売会社が多いことも(それはそれで)
大事です。


しかし、
私たち(生活者)は
資産形成 に取り組んでいるわけです。

長期の、継続的な行い を励行するわけです。

それに応えるファンドや運用会社が、
長期的に、継続して、
安定してくれているのは、
何ものにも代えられないほど、重要なことですよね?



自分たちの投資に対する考え(理念)を
分かりやすいことばで啓蒙する、
そして、生活者を惹きつける、

あるいは良好なコミュニティを育んで
ブランドを醸成する、

このような「ソフトの部分」の重要性を、
セゾン・バンガードの安定した強さが
示唆していると思えてなりません。


10-emag-WP-friendship-iStock.jpg


最後にちょっとした危機感です。

今年は139名のブロガーの投票が
有効となりましたが、
これは残念ながら昨年を下回っています。

Fund of the Year は、
草の根で作られているアワードです。

(その『草の根』が広がるためには、
投信ブロガーが増えることがなにより重要です)


m@さんがアップされた記事
『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2016
表彰式が無事、終了しました
』の中で、
次のようにおっしゃっています。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Yearの表彰式は
それなりの金額を払っていただいていますが、

いただいたお金はすべて会場費、トロフィー、
賞状などに使われており、
余剰分は翌年以降に繰り越ししています。

(記念品ですからトロフィーをお渡しするのに
運用会社からお金などいただいておりません。
当然ですね!)

言い方を変えれば会場費やトロフィーを
集めるためのクラウドファンディングで、

応援していただいた特典として表彰式に
参加しているとも言えると思います。

運用会社にお渡ししたトロフィーや表彰状は
私のお金で出来ているという事で
このアワードに愛着を持っていただきたいと思います。


すばらしいと思いませんか?

キーワードは「手作り」、
「ひとりひとりが主人公」なのです。

この稀有な『手作りのイベント』が
今後、普遍性を持つためには、

マニアックなブロガーたちが
自分たちで決めているだけのイベント、
という「枠」を乗り越えていく必要があります。

そのためには、
あなたの助けが必要なのです

あなたが
(あくまで自身の備忘録、
自身の向上のために)
ブログを・書き始めること・・。


そして、
投信ブロガーとして、
Fund of the Year 2017 の投票権を得て、

そして、
実際に1票を投じたひとりとして、
Fund of the Year 2017の授賞式に出席する。

これってちょっと『粋』なことだと思いませんか・・?


追記)
懇親会でお話しさせていただいた
ブロガーの皆さま、ありがとうございました!!

(「さとさん」という、
わたしと似た方がおられて、
ワタシに間違えらえるというハプニングが
あったようで、失礼致しました・・(^^;)

Fund of the Year 2017も楽しみです!

◆ 参照記事

以下【前・後編】の記事は包括的なレポートとなっております。
『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016発表【前編】』
投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016発表【後編】』

【「個人が選ぶベスト投信」発表、森金融庁長官も激励】
(日経新聞 田村正之 編集委員) 

投資信託選びは「売れ筋」より「ブロガー」の方が当てになる
(山崎元さんの記事。ダイヤモンド・オンライン)

投信ブログを書けば、運用が続けやすくなる?】

似顔絵




関連記事

| イベント・メディアなど | 19:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT