PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

毎月3万円のつみたて枠で、iDeCoに2.3万円振り分けてもいいの?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

埼玉県に住む
佐藤マコトさん(仮名)がいるとしましょう。

佐藤さんは31歳。
今あるご資産は・・?
銀行の普通預金に180万円です。

(佐藤さんはこれまで
奨学金の返済を優先させてきました)

佐藤さんはここ最近、
お金のことも真剣に考えるように
なっています。

今は毎月3万円、お金が残せる状況です。
(※ ここではボーナスはないものとします)


「カンさん、
先日ある雑誌の特集で
iDeCo(個人型確定拠出年金)のことを
知りました。

わたしの場合、
月2.3万円の枠に当てはまるようです
さっそく申し込んで、
毎月2.3万円、積立てていっていいですよね?」

0000146781.jpg

・・いいですよね?

あなたはどう思いますか?

(※ 佐藤さんは投資信託で運用するつもりです)


佐藤さんは独身です。
毎月の支出額は20万円強です。

生活防衛資金』は、
180万円(普通預金)で
十分ではないかと思われます。
(月の生活費の約9ヶ月分・・)

< このお金は(当然、)投資には回しません >

では、
毎月残る3万円のお金はどうでしょう。

iDeCo(個人型確定拠出年金)の
所得控除】のメリットが大きいのは事実です。


ですので、
【iDeCo】2.3万円
【通常のつみたて投資】0.7万円


にしますか?

あなたはどう思われますか?


oqqgsarmXLt0uLtV2yWBxD.jpg


佐藤さんの収入が順調に伸び、
毎月手元に残るお金が
5万円、8万円と順調に増えていって、
ご資産がどんどん増えていく・・

そんな「順調な5年、10年後」を
イメージできれば、

【iDeCo】で2.3万円の枠を
目一杯使うのもアリかもしれません。


なぜなら、
佐藤さんの手元に残るお金が
どんどん増えていけば、

【通常のつみたて投資】や
【貯蓄】に回せるお金が、
早晩iDeCo枠の
2.3万円より多くなるからです。



でも、もし、
佐藤さんの『収支状況』が
今のままだったら・・。

わたしはiDeCoに
2.3万円割り振ることはお勧めしません。

少なくても、
【iDeCo】1.5万円
【通常つみたて】1.5万円


くらいの『バランス』に
すべきではないでしょうか?


(それってなぜ?)

単純に、
トータル資産に占める、
iDeCoでの運用資産の割合が
大きくなりすぎるためです。


(※ 生活防衛資金のぞく)


佐藤さんの『収支状況』が
今のままとすると、

iDeCoの所得控除のメリットよりも、
60歳になるまで
自分のお金を引き出せない
流動性の枯渇のデメリットのほうが
大きくなると考えます。


(今後の佐藤さんの人生で、
何が起こるかは分からないですから!)


わたしは、
上記の問題は非常に重要と考えています。

iDeCoがある程度普及したのち、
この『60歳以前には、
お金が引き出せない問題』が
クローズアップされることになると思います。

個人的には、米国のように、
幾ばくかのペナルティーを支払うことで
『引出し可』にするべきだと思います。


仮に、佐藤さんの手元に残るお金が
順調に増えていけば、

シンプルに
【iDeCo】
【通常つみたて】とも、
同額程度増やしていけばよいのです。

(iDeCoでは年に1度拠出額の変更が可能。)

大切なのは、
(兎にも角にも)『バランス』だと思います。

◆ 参照記事
確定拠出年金で「株式ファンド」のみを保有するとかえって難しくなる?】

似顔絵




関連記事

| 確定拠出年金 | 19:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT