FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【信託報酬】をディープに理解すれば・・


こんにちは、カン・チュンド です。

今日は 手数料 のお話です。

手数料(コスト)とは、
払う側にとっては 費用 ですが
もらう側にとっては 利益 となります。

したがって、商品・サービスの提供者は
「手数料を いかに払ってもらいやすくするか・・」
に心を砕きます(笑)

投資信託の 信託報酬 など
その典型ですね。

例)Aファンドを保有している
  あなた宛に「請求書」が届きました。

「Aファンド保有者の皆さま。
第8期(03年1/1~12/31)の 信託報酬 を請求いたします。

請求額 7,235円
恐れ入りますが、
お振込みは○○銀行○○支店 口座番号○○○○ へ」

という文章など、
あなたは見たいですか?(笑)
(見たくもないし、払いたくもないですね・・)

そこで、ファンドの運用会社は考えました。

「んー、あれだな。一年に一度、
 信託報酬 を請求するのはよろしくない。

(そこそこの金額になってしまうし・・)
 もっと細かく分けて請求させていただこう・・」

「部長、いっそのこと、
 ファンドの純資産額から 日割りで
 計算するっていうのはどうですか?」

「なに!? あっ、なるほど・・。
 しかし君、どうやって徴収するのかね?」

「ここだけの話、
 私たちが(毎日毎日)
 純資産額から差し引いて、
 徴収 してしまえばいいんですよ」

「ふむ。それはいい考えだ!」

つまり、
信託報酬 というコストの不思議なところは

■ 手数料 を受け取る側が(自ら)計算して
 (自ら)徴収 までやってしまう
  ということです。

ファンド保有者には
「わたし、手数料 を支払っているんだ」
という 意識 がほとんど芽生えません。

(一方、運用会社には)

ファンドの値段が上がろうが下がろうが
コンスタントに 利益 が入ってきます。
(金額は違ってきますが・・)

 <だいじな基本 >

■ 手数料 とは(運用者にとっては)
確実なマイナスリターン なのですね。

私たちは「プラスのリターン」を
求めて 運用 を行いますが、
未来のリターンは所詮 不確実 です。

不確実なもの を求める中で、
「確実な出費」がどれほどのインパクトを
持つか、皆さんイメージできますか?

皆さんの「運用の設計図」
(ポートフォリオ)を維持するために
より多くの 手数料 がかかれば、

(それだけ)皆さんのリターン(収益)は
目減り するのです。

皆さんが万一、

・手数料 をたくさん払えば、
 将来のリターン もよくなるのでは?

と希望観測的に思っておられたら、
それは単に「間違い」です(笑)

■ 手数料の多寡 と、
リターン との間には、なんの因果関係もありません。

私たちは(そもそも)

ある「不確実なもの」を得るために、
財布の中からお金を出しすぎではないでしょうか?

手数料 とは、
運用者 と 金融機関 の「パイの奪い合い」なのです。
(真剣勝負 です・・)

向こう(金融機関)が
戦略 を練っているのなら、
こちらも「理論武装」する必要があります・・。

  【わたしの考え 投資新説

全4ページにわたる「投資の新しい発想法」です。



関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/246-935ba31b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT