PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

わたしがこのブログを書く理由は・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

(突然ですが、)

俳優の綾野剛さんが
あと5歳くらい年を重ねたら、
ぜひやってもらいたい役があります。

それは、「探偵の役」です。
(できれば1960年代くらいの設定で!)

ブリムハットを被った綾野さんが
夜の六本木の裏道で、
こんなセリフを吐くのです。

『真実なんて、退屈なものです。』


資産形成という行いの中身も
まさにそうです。
退屈そのもの』です・・。


why-is-yawning-contagious01-300x266.jpg


取り立てて面白くもないですし、
マーケットが急変とかしない限り、
別段なんの変化もありません。

投資を始めて1、2年もすると、

「やべえー。
これ(資産形成)って99%くらい、
何にもしないでじーとしてることじゃねえの」


ということに気付きます。

何もせずに、
先週と同じように、
去年と同じように、ただ構えているだけ。

はっきり言って修行僧みたいです(-_-;)


なので、
きょろきょろと
周りを覗いてしまいます。
別の情報も仕入れてしまいます。

いろいろな人の、
いろいろな話を聞いていると、

「そっちも良さそうな。
ちょっとやってみようか・・」

と思うのが、人の情というもの。


『インデックス投資』とは、
インデックスファンド(含むETF)を
ただ買うことを指しているわけではありません。

インデックスファンドという道具を用いて
資産の分散、国・地域の分散を実践し、

その『組み合わせ』を適切に管理し、
メンテナンスを続ける行為までを
指しているわけです。

つまり、
資産運用の本質は、
「Stay the course」・・・・・・・・・

しかし、
人の本能は、
寄り道大好き。」なのです。


「将来のお金の不安を解消するため、
資産運用を行おう!」

そう思い、
大きな目標を掲げて
運用をスタートさせても、
『将来』は・・すぐにはやってきません。

今日の続きでやってくるのは、
(とりあえず)
退屈な「明日」や「来月」なのです。

はっきり言って
資産運用という行いの中では、

長い長い歳月を「やり過ごす
才能が求められます(ホントです!)

現在~将来という『長い時間の帯』を
旅するイメージでしょうか・・。


20141203191931-5-steps-entrpreneurs-to-stay-course.jpg


では、寄り道などせずに、
「要らないこと」をせずに、
長い年月を「やり過ごす」には
一体どうすればよいのか?

(それは)カンタンです。

日常を忙しくすればよいのです。

資産運用のことなど、
脇に追いやるくらい、

何でもいいですが、

フラメンコを頑張ったり、
鉄男(てつお)、鉄女(てつじょ)を頑張ったり、
(あっ、別に歴女でもいいのですよ)

トマトを育てたり、
ロシア語を習ったり、

仕事に精を出したり、
お子さんと過ごす時間を
極力増やしたり、

(仕事以外の)さまざまな集まりに
こまめに顔を出したり、
とにかく趣味や生きがいに全力投球したり。

そうして、
資産運用を
どんどん脇に追いやってください。


「Stay the course」。

それでいいんです。
今のままでいいんですよ。

滅多なことで動かないでくださいね。
そのまま進めばいいんです!

をお伝えするために・・、

わたしはブログを
書いているようなものです。

雨の日も晴れの日も(また)曇りの日も、
まだまだゴールは先!」
自分を勇気づけてくださいね。

似顔絵




関連記事

| 投資家の感情リスク | 18:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT