PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インデックス投資って、戦略の結果生まれたタマゴみたいなもの?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

さわかみ投信の創業者、澤上篤人さんは
日本の社会に『長期投資』という言葉を広めました。

ちょうき・とうし。

そう、
長い時間スパンで投資に取り組む
姿勢そのもののことです。

逆の視点から見ると、
(澤上さんが登場するまでは)

『長期』と『投資』という言葉を
結び付けて率直に語る人が、

(少なくとも金融業界側では)
皆無だったということです。


投資という物語において、
長期投資』を主人公にすると、
その脇役として思い当たる『道具』とは・・?

個別株、債券、不動産、
コイン、金・貴金属、FX(通貨)でも
長期投資は可能です。

もちろん、
アクティブファンドから、
絵画・骨董、ブリキのおもちゃに至るまで
長いスパンで投資は出来ます。

あっ、もちろん、
インデックスファンドでも、
よいわけです。


また、投資という物語において、
つみたて投資』を主人公にすればどうでしょう。

脇役として、
さまざまな『道具』が思い浮かびます。

(一部証券会社では)個別株もOKです。
アクティブファンドも積み立ては出来ますし、
金・貴金属でも『つみたて』は可能です。

(最近、田中貴金属が
「みんなでコツコツ」というテレビCMしていますね)

あっ、もちろん、
インデックスファンドでも、
OKですよ。

Mutual funds


では、仮に
投資という物語において、
国際分散投資』を主人公にすればどうでしょう。

その『道具』としては・・?

もし、あなたがすごくお金持ちなら、
「個別株」も不可能ではありません。

また、『国際分散投資』を謳う
アクティブファンドはたくさんあります。

あっ、もちろん、
インデックスファンドでも
、OKなのですよ。


「あのー、カンさん。何が言いたいの!?」


すみません・・。

【長期投資】
【つみたて投資】
【国際分散投資】は、

別に、インデックスファンドの
『専売特許』ではないのです。


(実はこの記事は、
NightWalkerさんの
以下記事に触発されて書いています。
インデックス投資っぽい話の中で良く聞く言葉】)


「あのさ、○○さんは、
どんなふうに投資をしたいの?」


と、
味噌ラーメンを食べているおじさんに
もし聞かれたら、
あなたは、どう答えますか?

〇 ぼく、グローバルに分散する!
〇 つみたてで投資をやり続ける!
〇 ワタシ、長期で投資をするの!

投資のスタイル選択において、
何をいちばん重視するか】は、
人によって異なるでしょう。

(※「優先順位」が違うわけです)


そして間違いなく、

【長期投資】
【つみたて投資】
【国際分散投資】は、

自分の投資を
どんなふうに行っていくのかという
『戦略』部分の話になるでしょう。


(もちろん、投資の『戦略』は、
たったひとつだけで
成立しているわけではありません。

たとえば、
【つみたて投資】を重視する田中さんは
自ずと【長期投資】になるでしょうし。

「なんか資産とか、地域とか分けたほうがいいかな」
と思ったら、【国際分散投資】にもなるでしょう・・)


ところで、
コンサルティングの仕事をしていますと、

「カンさん、わたしインデックス投資をしたいんです!」


というお声をよくいただきます。

あっ、はい、了解です。

でも、ちょっと、深呼吸してみませんか?


financial_planner.png


インデックス投資って、

【長期投資】
【つみたて投資】
【国際分散投資】とは、

「別物」なのでしょうか?



インデックス投資とは、
(狭い意味では)
特定の資産市場の「平均値」との連動を目指す
投資スタイルのことを指します。

あるいは、特定の資産価格との連動を
目指す投資スタイルのことでもあります。
(キーワードは『連動を目指す』・・)

しかし、これでは↑残念ながら、

インデックス投資の実体の
【一部】しか表現していないと思います。


たとえば、
たった「一ヶ国の市場」の平均値との
連動を目指す投資は、

果たして
『インデックス投資』と云えるのでしょうか?
YES or NO ?

わたしはNOだと思います。

あっ、
この部分は、

吊ら男さんが書かれた記事
【インデックス投資とはどのような投資方法か】に
触発されて書いていますよ。


吊ら男さんはキーワードとして、
広く分散」という言葉を使われています。

(以下、引用です)

TOPIX(日本株)+MSCI Kokusai (先進国22カ国の株式)
くらいになれば,
「広く分散」と言えるのはないでしょうか。

更に分散を進めて,
ここにMSCI Emerging (新興国株式)を
含めてもいいですし,株式だけではなく,

債券やREITなど
他アセットのインデックスファンドへ
分散投資してもよいでしょう。



そうです、

厳密な意味でいう
『インデックス投資』とは、

【広い分散を伴いながら】、
かつ「広範な市場の平均値」との
連動を目指すものであるべきでしょう。

この、
【広い分散を伴いながら】は、

〇 国・地域の分散
〇 資産の分散
両方を指すと考えます・・。

さらに言えば、
〇 一定の『資産配分』を維持させることも。

つまりは・・、
【国際分散投資】のことです(^^)


iStock_000019501469Small.jpg


【国際分散投資】をしっかり行って、
かつ、
【広範な市場の平均値】との連動を目指せば、

結果として、
『インデックス投資』になるだけなのです。


先ほど、

国際分散投資も、長期投資も、
つみたて投資も、
インデックスファンドの『専売特許』ではない、
と言いました。

わたしは、

【長期投資】
【つみたて投資】
【国際分散投資】こそが『戦略』であって、

【インデックス投資】は
『戦略』の熟慮の結果、
タマゴのように生まれてくる
『戦術』であると考えます・・。



筋向いの斎藤さんは、
あなたと同じ『戦略』を有しながら、
【アクティブ投資】を
『戦術』として採用しているかもしれません。

なぜなら、
アクティブファンドを用いて、

【長期投資】
【つみたて投資】
【国際分散投資】を行うことは可能だからです。


「えっ、カンさんがそんなこと言うなんて
意外―――!」
とあなたは思われるかもしれません。

わたしが『インデックス投資』に
こだわる理由は、
この『戦術』が
シンプルであり、かつ低コストであるためです。


竹を割ったようにシンプルで
理解がしやすく(従って続けやすく)、

低コストであるがゆえに、
『潜在のマイナスリターン』が小さくなる・・

これらの【メリット】が、
わたしを捉えて離さないのです・・(^^;)

似顔絵




関連記事

| インデックス投資全般 | 12:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT