PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やっぱり残念な『フィデリティ・USリート・ファンドB』


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

5,000本以上ある投資信託の中で、

「コレが純資産額 堂々第一位!
あなたの周りの〇〇さんも買っているかも!?」

と言われたら、

「ちょっと買ってみる?」
という気持ちになるかもしれません。

でもちょっと待って!

たしかに、
『フィデリティ・USリート・ファンドB』は、
今日本でもっとも純資産残高が大きな投資信託です。
(2017年4月21日現在)

そして、
分配金が毎月70円も出ています!

3762.jpg


(でも、ちょっと待って!)

分配金って、
ただ金額が多ければそれでOKなのでしょうか?
(ちょっと違うのでは・・)

【分配金】を見る際は、

そのファンドがどの程度成長しながら
【分配金】を出してくれているかを
見極める必要があるのでは・・。

⇒ 今、この瞬間を見るのではなく、
過去からの【傾向】を時系列的に見る・・
という意味ですよ



たとえば仮に、
ABCファンドという
「毎月分配型ファンド」があるとしましょう。

ABCファンドは毎年10%成長しながら、
【分配金】を毎年9%出してくれています!


これならスゴイですね。

ABCファンドの成長の範囲内で、
【分配金】を出してくれているのが分かります。

この場合、
ABCファンドの価格(基準価格)も上昇します。

では次のケースはどうでしょう・・。

ABCファンドは毎年4%成長しながら、
【分配金】を毎年9%出してくれています!


えっ?

この場合はどうですか。

【自分の成長以上に、
お金を分配してしまうため、
ファンドの基準価格は下がっていく一方
】です。


『フィデリティ・USリート・ファンドB』も
(実は)同じです。

【自分の成長以上に、
お金を分配し続けてきたため、
ファンドの基準価格が下がっている】のです。

⇒ 基準価格 4,312円 (2017年4月21日現在)

さあ、次は
月次運用レポート】(3月31日現在)を見てみましょう。


「まあ、これって
とっても親切なレポートではないか!」

と、わたしなど思ってしまいます。

投資信託は毎月ベースで見て、
成長する月(プラスのリターン)もあれば、
衰退する月(マイナスのリターン)もありますが、

当該ファンドは、
運用レポート『2ページ目』のところで、

今月は、『何が』原因で、
基準価格がプラスになったのか、
『何が』原因で、
基準価格がマイナスになったのか


なんとも丁寧に(かつ分かりやすく)
図表で示してくれているのです。


たまたま3月度は、
『フィデリティ・USリート・ファンドB』が
保有する、

アメリカのREITの価格(USドル建て)が
下がってしまったため、

それが直接的な
基準価格の下落要因だったのですが、

その他にも、
こんなふうに【図表】にしてくれていますよ。


〇 配当金・利息等(現地通貨ベース)
  →  プラス26円

〇 分配金
  ← マイナス70円


なんと分かりやすいのでしょう!

〇 配当金・利息等(現地通貨ベース)
  →  プラス26円

〇 分配金
  ← マイナス70円



要するに、

REITの配当金などの
【入ってきたお金】以上に、
【分配金】を出しているから


ファンドはなかなか成長せず、
基準価格が下がる要因となっているわけです。


conversation_trimmed.jpg


(ところで、)
もうすぐGWですから、
ちょっと多めに現金を持っていたいですよね。

あなたは「ATM」に行って、
自分のお金を引き出します。

その際、

〇 利息
  →  プラス26円


の状態で、

〇 引き出し金額
  ← マイナス70円


にすると、

あなたのお金は
44円減ってしまいますよね?


『フィデリティ・USリート・ファンドB』は、
それと同じことをやっているわけです。

しかも、
『分配金』をいくらもらうのかという
決定権は、あなたの側にはありません。


あっ、でもでも、

【ファンドの成長以上に、
お金を分配し続けているのは分かっているよ。】

という人も多いかもしれませんね。

その場合は、
当該ファンドでも、よい

いいえ、良くないと思います


1434454545-3867.jpg


そもそも私たちは、
自分のお金を増やしたいために、
【投資信託】を利用しているわけです。

『フィデリティ・USリート・ファンドB』の
運用レポート「1ページ目」、

累積リターン(2017年3月31日現在)の
【数字】に注目してみましょう。

客観的に見た当該ファンドの【成績】が
手に取るように分かりますよ。


当ファンドは、
アメリカのたくさんのREITに
投資を行う投資信託です。

「今年はまあまあ良かったな。」
「うわぁー、今年は良くなかったな。」
というふうに、

ファンドの【成績】を
客観的に評価するためには、

何か【評価の物差し】となるような
指標が
あったほうがいいと思いませんか?

たとえば、
アメリカのREITの【平均値】を示す物差しとか・・。


えっ、そんなのあるの?

はい、もちろんあります(^^)

アメリカのREIT全体の【平均値】を示す、
『FTSE NAREIT Equity REITs インデックス』
というものがあり、


これが
当該ファンドが運用する際の、
指標ベンチマークとなっているのです。


フィデリティ投信の『サイト』を見ると、

なんとも丁寧に、
当該ファンドが一貫して、
アメリカREIT市場の『平均値』(ベンチマーク)よりも、
成績が劣っていることを

グラフで示してくれています。

(「累積投資額」と「ベンチマーク」の差に注目!)


operation-image-02.jpg

画像:フィデリティ投信より
https://www.fidelity.co.jp/fij/fund/focus/usr_operation.html


先ほどの、
運用レポート「1ページ目」、

累積リターン(2017年3月31日現在)の表を
見ると、

当該ファンドのリターンが、
アメリカREIT市場の『平均値』(ベンチマーク)を
2003年の運用開始から一貫して、
下回っていることが【数字】で分かります・・



⇒ ある意味、
ここの運用会社(フィデリティ投信)は、
とても親切な情報開示を行ってくれているわけです。

〇 私たちは、ファンドの成長以上に、
お金を分配し続けていますよ。

〇 フィデリティ・USリート・ファンドBの成績は、
米国REITの平均値である
FTSE NAREIT Equity REITs インデックスに
劣っていますよ、と。


わたしなら、
(もし、わたしが「USリート」という
投資対象を求めるなら、)

【iシェアーズ 米国リート・不動産株ETF】や、
eMAXIS 米国リートインデックス】のような、

よりコストが安く、
市場の平均値程度のリターンは
期待できる商品を選ぶでしょう・・。

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 19:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT