PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夢にまで出てくる投資のルール?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンドです。

こういう仕事(相談業務)を長年していますと、
たまに『』に見ることがあります。

はい、
その・・、
夢の中で、
断片的にコンサルティングをしているのです(^^;)

ひとりの人ではなく、
何人かのお客様の、
さまざまな断片的な質問が、
四方八方から聞こえてきます。

さまざまな場面が
(なんと云うか)
突発的に再生されたりするのです・・。

10-emag-WP-friendship-iStock.jpg


「ETFってやったほうがイイのですか?」

ETFは、
インデックスファンドが上場したものです。
インデックスファンド(投資信託)と違う点は、

株式市場に上場しているので、
自分で「市場価格」を見て、
自分で指値をして、自分で注文を出す・・、

つまり、
自分で操作して、何事も自分でやる】
というタイプの人に向いていると思いますよ。



換言すれば、
「市場価格」を見て、
自分で指値をして、口数を指定して、
自分で注文を出すことに、

一種の【喜び】を見い出せる人が
やるべきではないでしょうか。

(アドバイザーの経験上で言うと)
インデックス投資をする人の、
10人のうち、2人くらいだと思います、
ETFが向いているのは・・。



「あのー、通常つみたて、iDeCo、積立NISA」って
どう捉えたらいいのですか?

状況やご本人の意思にもよりますが、
通常つみたてがまず「メイン」であり、

わたしは、
iDeCoだけで、
総運用資産の50%を超えることは
お勧めしません。


さまざまなメリットがあっても、
60歳まで引き出せないという
【流動性の低さ】は、
やはり留意すべきと考えるからです。



「あー、なるほど。
じゃあ、
特定口座からの投資を
メインにしているという前提で・・、

iDeCoと、積立NISA、
どっちを優先すべきですか?」

iDeCoを優先すべきでしょう。

どちらも税制優遇がありますが、
iDeCoは掛金を積んでいけば、
必ず『所得控除』が受けられます。

これって毎年確定の
『プラスのリターン』ですね。
(あっ、あなたが働いている、という前提ですよ)

ところが、
積立NISAは(売却益が)
非課税になる制度です。

これは『時間軸』でいうと
うんと先の話であり、
かつ、確定はしていません
(ココの違いは大きいと思います・・)



もちろん、
実際の夢の中では、↑
ここまで滑舌ではありません。

しかし、この程度まで
一所懸命しゃべろうとしてしまうのです(ため息)

そして、ひとつの夢が突然終わって、
また「別の夢」が突然始まったりします・・。

地球を抱いて眠る-3


「カンさん、うちは子どもいないから、
相続とか心配しなくていいよ。」

あっ、でも
遺言』書いておかないとダメですよ。

ご兄弟が『法定相続人』になり、
1/4 権利が生じるんですよ。


ほんとうは、
投資信託の
信託財産留保額って
他の「手数料」とは意味合いが違うんです


このコストは、
運用会社にも販売会社にも、行かないんです。
ファンド保有者全員で分け合うものですから・・。


あっ、ダメです!
「間もなく募集を締め切ります」とか、
「お申し込みの枠が残りわずかです」というのは、
販売側がクロージングするときの常とう手段ですよ。



くれぐれも・・、

あっ、それから、
わたしは、実物の不動産投資はお勧めしませんが、

もし、される場合でも、
『新築のアパートとか、新築のマンション』は
絶対ダメですよ。

収益を求めて資産を購入するのに、
最初から建築会社や不動産会社の利益が乗っている
ということは、
(それだけ)割高に買ってしまうということ。


もうその時点で、
長期的に利益を上げるのに
「不利」になってしまいますから・・。


それから、
都心部で中古のマンションを買っておけばよい、
という単純な発想も危険です。

ひとつひとつの建物は、
ひとつひとつ別の人格です。

建物という資産のメンテナンス状況を
事前に調査して知っておくのは「必須」でしょう。

建物の管理会社が発行する
『重要事項に係わる調査報告書』を入手すべきです。
(有料です)


この『報告書』には、
そのマンションの修繕工事の履歴、
大規模修繕改修工事に関する予定、
管理組合の借入金の有無、

修繕積立金の総額、
管理費、修繕積立金の滞納額


管理費、修繕積立金の
今後の改定予定などが記載されています。



・・と言っているうちに、
また、いくつかの言葉が交錯し、
そしてまた、お話がiDeCoに戻ります。

住宅ローンを組んでいる人が
iDeCoをするか否かで難しいのは、
住宅ローン控除』が絡んでくるためです。


???

わたしは、
住宅ローン控除が適用の期間も
iDeCoはやったほうがいいと思いますが、

細かくいうと、

〇 iDeCo ⇒ 所得控除のメリット
〇 住宅ローン控除 ⇒ 税額控除のメリット

になるので、

iDeCoを利用することで
(所得税の金額が減り)、

住宅ローン控除のメリット
(= 所得税から直接控除できるというメリット)
が少なくなってしまうという面もあります・・。


はい、えっ、あのー、
それはいったん置いておいて・・、

保険会社にしろ、
証券会社にしろ、
あまりに執拗に商品を勧めてくるようなら、

金融庁の
金融サービス利用者相談室』に電話しますよ!
と言ってあげてください。



あれ?
なかなか夢から覚めません。

地球を抱いて眠る-3


どんどん違う場面に移り変わっていきます。

カンさん!
まとまったお金は
やっぱり一括で投資しちゃったほうが、
効率がいいんでしょ。

(期待リターンが高くなるって聞きましたよ!)

たしかに、理論的には、
まとまったお金は「一括投資」したほうが、
投資の効率がよい面はあります。

しかし・・、
投資ってほんらい
「個人的な行い」ですよね。


【あなたの生活】を向上させるために、
【あなたの大事なお金】を投じるわけです。


一例ですが、
500万円を一括で投資する・・。
すると、あなたは(いきなり)

ゼロから 500 の運用を行う人になります。
このスピード感って、大丈夫ですか?


はたまた500万円を分割して、
20万円×25ヶ月という
「つみたて投資」にするとしましょう。


この、毎月20万円ずつ積み上がる
リスク資産の増え方と「スピード」が、

あなたが投資という行為に慣れていく
「スピード」と果たしてマッチしているでしょうか?

ココ、よーく考える必要があります・・。



えー、実際の夢の中では、
ここまで滑舌ではありません。

しかし、一所懸命
しゃべろうとしてしまうのです・・(ため息)

今日は、もう、寝ます。
おやすみなさい・・・。

似顔絵




関連記事

| 投資の発想法 | 12:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT