FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ロボ・アドバイザー』って利用すべきなの?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしは、
投資ビギナーの人には、
ロボ・アドバイザー【無料版】を
利用してみる価値があると思います。

少なくとも・・、
『複眼的なセンス』が養われます。

投資の初心者は(どうしても)、
『単眼的な』モノの見方をしてしまいがち。

たとえば・・、
「(金融商品は)どれがいいんですか?」
みたいに。

資産運用は(実のところ)、

〇 何を選ぶかよりも、
〇 複数の投資対象を
どう組み合わせるのかという「視点」が重要なのです。


『組み合わせ』、そして
『組み合わせのメンテナンス作業』
= 資産運用 と捉えれば、

感情リスクが介在しない
「ロボ・アドバイザー」にもメリットがありそうです。

アウターガイさんの記事
無料で試せるロボ・アドバイザーのサービス一覧(2017年7月19日時点)】
では、

無料版、有料版、
特定タイプをはじめ、
さまざまな「ロボ・アドバイザー」のサービスが
網羅的にまとめられています。

(とっても分かりやすい!)


AAEAAQAAAAAAAAhdAAAAJDE2NmM0NGMwLTU4MGMtNGFiNS05OTY5LTk0NzNlZTA1MmEwYw.jpg


とにかく一度、
「ロボ・アドバイザー」が提供する
【質問】に答えてみましょう。

自分が背中に負える
リスクの大きさ』について、
考えるきっかけになるはずです。

(『リスク』をコントロールする、
地道なプロセスこそ、
資産運用の長い長い「友」なのです・・)

わたしは【無料版】の中では、
松井証券の『投信工房』という
「ロボ・アドバイザー」サービスが
ベストだと思います。

(以前、こちらの記事でご紹介しましたね)


では、
【有料版】の「ロボ・アドバイザー」
(主に投資一任契約による)は、
どうなのでしょう。


利用すべきなのでしょうか?

わたしの考えは
『利用しなくてよい』です。

まず、継続的にかかる手数料が
けっこう高いです。

概ね年間 0.7~1%程度、
継続コストがかかるのが一般的。

(別途、ETF、インデックスファンドの
運用管理費用がかかります)


仮に、年間0.8%、
「ロボ・アドバイザー」サービスで
継続コストがかかるとしましょう。

当然ですが、
あなたのポートフォリオは、
あなたの【リスク許容度】に合わせて
提案されますから、

たとえば、
あなたがそこそこ『保守的な考え』を
お持ちの人だったとします。


リスクの許容度がすごく
高いわけではなく、

たとえば、
【株式40%、債券60%】の提案を受け、
(それにあなたも納得して)

ロボ・アドバイザー(有料版)に
運用のメンテナンスを
すべてお任せするとします。


roboadviser2-copy.jpg


以下、あくまで
当オフィスの考え方ですよ。

国際分散投資を行い、
かつ、インデックス投資を選択する場合、
世界株式の期待リターンを
+6%程度と見積もっています。

世界債券の期待リターンは
半分の+3%程度です。


【株式40%、債券60%】の
ポートフォリオを持つあなたは、

6% × 40%
3% × 60% という計算式で、

おおよそ『プラス4.2%』のリターンが
期待できるとしましょう。

が、そこから、
(運用管理費用とは別に)、

サービスの【継続コスト】が
年0.8%引かれるわけです。


この年0.8%は、
今の例の期待リターン
『4.2%』から見ると、

【コスト比率】にして
19%余りになります・・


これを大きいと思うか、
小さいと感じるのか・・。

(わたしはけっこう大きいと思います)

(※ もちろん、あなたのポートフォリオが
より積極的で株式の割合が大きくなれば、
ポートフォリオの期待リターンも高くなり、

ロボ・アドイバイザーの継続コストの
コスト比率も下がります・・)


さらに言えば、
「ロボ・アドバイザー」【有料版】は、
ETFを使うにしろ、
インデックスファンドを使うにしろ、

みなすべて
「インデックス投資」を行うわけです。


あなたが自ら
自分の手で「インデックス投資」を
行う場合と比較して、

★「ロボ・アドバイザー」【有料版】が
常に、
年間0.8%以上の超過リターンを
獲得できるのでしょうか・・?

(あなたはどう思いますか?)


bne59a_20170312134239e01.jpg


先ほどの例でいうと、
常に
年間0.8%以上の超過リターンを
獲得できてはじめて、

自分で「インデックス投資」を行うより、
「ロボ・アドバイザー」を利用したほうが
結果リターンが高くなるわけです。

(※ 上記は個々の金融商品にかかる
運用管理費用の部分に差がないと
仮定しています。

また、自分で行う、ロボに任せる、
いずれの場合も同じリスク許容度を
想定しています)


あなたが自分で「インデックス投資」を
行うのと、

年間0.8%の継続コストを支払う
「ロボ・アドバイザー」による
「インデックス投資」が
同等の結果リターンを残すためには、

「ロボ・アドバイザー」が
かなり上手に、
各投資対象の【配分割合】を
変えていく必要があるのでは?

と感じてしまうのは
わたしだけでしょうか?

★ そもそも両者とも
「インデックス投資」を実践するため、


よほど大きく
資産運用のセオリーを逸脱しない限り、
または、よほど上手く、
特定の投資対象から
超過リターンを獲得できない限り、

大きなリターンの【差】は
生まれにくいとわたしは考えます。


そういう意味でも、
年間0.7~1%の
さらなる【継続コスト】は
大きすぎるのではないでしょうか・・。


さてさて、話は変わりますが、
以下は【バロンズ】の記事です。
『増えるロボアドバイザー、評価は?』

以下、米国の話ですが、
ロボアドバイザーの先駆者であるベターメントは
この5月で7周年を迎え、

運用資産残高91億ドルというのは、
独立系会社としては最大規模であるらしいです。
Betterment

betterment.jpg


上記【バロンズ】の記事によると、
ベターメントのロボアドバイザー手数料は、
メールでのやり取り付きで
投資資産の0.25%、

また、0.4%の手数料で
人間によるアドバイスも
無制限で提供しているのだそう。

以下は、
わたしが以前に調べた内容です。

同じく米国の大手「ロボ・アドバイザー」会社
Wealthfront」 も、
Advisory Fee(手数料)は
年間0.25%。

また、「バンガード」では
Advisory Fee(手数料)は年0.3%です。

同社では、
ロボアドバイザーの顧客も
投資対象の入れ替えは
人のアドバイザー経由で行う必要があるとのこと。


最後に、
オンラインブローカーの
チャールズ・シュワブが提供する
Schwab Intelligent Portfolios」は、

ETFによるポートフォリオ構築、
モニタリング、
自動のリ・バランスサービスを含んで
Advisory Fee(手数料)はナント「ゼロ」なのです。
(最低預入れ金額5,000ドル)

※ 上記いずれも
ETF等の運用管理費用は別途かかります。

上のような米国における
年間手数料の「料率」と比較すると、

日本で提供されている
「ロボ・アドバイザー」(有料版)の継続コストは
いかにも割高に映ってしまいますね。

【追記】
なるたくさんの記事もぜひチェックしてみてください。
ロボアドバイザー7社の実績比較。この1年間のパフォーマンス。】

そして、
水瀬ケンイチさんの記事です。
ロボアドバイザーなどの Fintech についてどう思うか

似顔絵




関連記事

| ポートフォリオ運用 | 18:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT