FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

投資信託の「売りたい病」とは?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

投資信託を保有し続けて、
成績が悪くなってくると、
ちょっと気分が落ち込みます。

資産管理画面にログインすると
「はあーっ」とため息が出るので、

ログインする回数が減って、
「値段のことは気にしないでおこう」と、
自分に言い聞かせるようになります。

いわゆる『やり過ごす』ということを
覚えるわけです(^^;)

(投資で損失を抱えるのは、
決して悪いことばかりではありません。

このように、
あなたと投資が【適度な距離を保つ】
きっかけになるためです・・)


一方、投資信託の成績がよくなってくると
どうでしょう?

―具体的には利益の数字が大きくなってくると、―
なんと言いますか・・、
『そわそわ』し始めます(^^)

(たとえば)
プラス68万円・・・・! とか。


あなたはまだ、68万円という
利益の大きさに慣れていないため、
この「数字」が潜在意識の中で
どんどん大きくなるのです。

上がったモノですから、
それが下がってしまうのが
ちょっと怖くなってしまう心境でしょうか。


official_charts_company_logo_detail.gif


まさに、

68万円の利益 > あなたの度量


の状況です。

なにしろ、はじめての経験ですから、
利益の大きさを「重荷」に感じてしまうのも
仕方ないでしょう・・。


そして、

〇 今のうちに、この利益分だけでも
売っておいたほうがよいのではないか。
とか、

〇 あるいはいったんすべて売ってしまって、
その「まとまったお金」を、
また、積み立てたほうがよいのではないか。
とか、

いろいろ考えてしまうようになります。
(そうです、「売りたい病」の発症です)


相談業務の中で
実際にあった話ですが、

積み上がった、
まとまった資産については
(利益が乗っているので)
売りたくなるのですが、

毎月のお金から行っている
「つみたて」については
意外と気にならない・・。

そういうお客様が結構おられます。

⇒ 私たちは明らかに、
『まとまったお金』に弱いのです。



02d928c.jpg


「売りたくなる気持ち」というのは
重々分かるのですが、

たとえば、68万円の利益が出ている、
今この地点というのは、
あなたの投資にとって、
どのあたりに【位置】するのでしょうか?

1.ゴール!
2.道の途上
3.道のはじまり 


どこですか?

(明らかに)1.ではないですね。
2.か、3.であるはず・・。


多くの人にとって、
これまでの「投資期間」よりも、
これから先の「投資期間」のほうが
ずっと長いはずです。

今、この時点での『利益』を気にしていると、
体がいくつあっても足りませんよ。

ずっと先の話ですが、いずれ投資資産が
3,000万円相当にもなり得るわけです。

そこから見れば、
68万円の【利益】も、
また68万円の【損失】も
(割合でいえば)2.26%程度に過ぎません・・。


また、
あと5年もすれば、
資産はもっと積み上がるでしょうが、

5年後のあなたは、
今のあなたと同じではありません。
今よりずっと
【投資に慣れているあなた】なのです。


「時間」を味方に付けましょう。

よい意味で
『やり過ごして』ください・・。

時間が
あなたと投資の【距離】を、
ほどよく離してくれるようになるはずです。

今、この『瞬間』、
あなたはいちばん未熟であり、
あなたはいちばん投資と近いのです・・。

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 18:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT