FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

WSJの記事『モーニングスターの幻、投信格付けの真実』


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

1990年代の終わりに
米国のモーニングスター社のサイトを
見たときの衝撃は今でも忘れません。

ひとつひとつのファンドの運用成績、
ファンドが保有する銘柄の開示だけでなく、

ファンドマネージャーの名前や経験年数や、
おまけにそのマネージャー自身が
そのファンドに投資しているか否かまで
詳細に『情報開示』されていたのです。

ファンドの歴史を振り返るとき、
モーニングスター社が
投資信託の透明性向上に寄与した功績は
決して小さくないと思います。


Morningstar-logo.png


そのモーニングスターは、
投資信託の格付け【星の数】で有名ですね。

が、その『格付け』って、
いったいどの程度信頼できるものなのでしょうか?

ウォール・ストリート・ジャーナルが
モーニングスターの幻、投信格付けの真実
という記事を掲載しています。

(※ 以下「モーニングスター」という呼称は
すべて米国モーニングスターを指します)

以下、ちょっと衝撃的・・。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は、
モーニングスターが現行システムを開始した直後の
2003年までさかのぼって
ファンド1万本以上の運用成績を調査し、
同社の格付けを検証した。

高い格付けを得た投信は
多額の資金を集めたが、
その大半は好成績をあげられなかった。



わたしは
日本のモーニングスターの『格付け
(スターレーティング)について
お客様から質問を受けると、

星の数によるファンドの格付けは
あまり当てになりませんよ。
なぜなら、ファンドのこれまでの成績を
もとに格付けをしているわけですから。


と申し上げます。

上記記事内でも
「星は過去の成績への評価」
と記されています。


また、
具体的なエピソードも紹介されています。

2011年、
モーニングスターで
5つ星を獲得していた投資信託に、
ある小さな年金基金が資金を移しました。

そのファンドの成績は、
モーニングスターの「大型ブレンド」に分類された
他のファンドの95%を上回っていたのです。

しかし、
翌2012年には
他のファンドの26%を上回るだけに。

そして2013年には、
わずか11%を上回るのみになったとのこと。

同年金基金の
事務局長のコメントが印象的です。

「私たちのブローカー(モルガン・スタンレー)によれば、
それは投資に値するファンドかどうかを決めるために
私たちが入手できる中で最高の基準のひとつだった」


(【それ】とは、
モーニングスターの格付け(星の数)のこと・・)


実際、米国では
モーニングスターの【影響度】は絶大です。

たとえば、
ファンド運用会社にとっては
「5つ星」(= 最高格付け)を
得ることができれば、
大きな資金流入につながるわけです。


anxious-man-biting-nails-worried.jpg


上記記事内では、
こんな具体例も紹介されています。

「バファロー・エマージング・
オポチュニティー・ファンド」は、

13年春にモーニングスターの『5つ星』を得て、
数億ドルの資金が流入しました。
(運用資産は5カ月で4倍に!)

ただし、アクティブファンドにとっては、
急激な資金流入は痛し痒しの面が・・。

同ファンドは
半年後には新規のファンド購入の
受け付けを停止します。

当ファンドは翌14年には7%超下落し、
他のファンドの約95%を
下回る成績となってしまいます。
(その後2年で2つ星に転落し、資産も減少・・)


また、ファンドの運用会社には
『格付けを宣伝したい』という
インセンティブも働きます。

以下、「ホッジス・キャピタル・マネジメント」の
ホッジス氏の言及です。

ホッジス氏によると、
ホッジス・キャピタルは
格付けを宣伝する権利として
モーニングスターに1万ドル超を支払ったとのこと。


「ワオッ。・・なるほど。そういうことか。」

また、
記事内では、

バンガード・グループと
フィデリティ・インベストメンツは
モーニングスターのライセンス、データ、
その他ツールの費用として
年間100万ドル以上を支払っていることが
紹介されています。

★ まさに、
投信評価会社のビジネスが、
投資信託業界そのものを
ドームのように覆っていることが分かります。

ウォール・ストリート・ジャーナル
モーニングスターの幻、投信格付けの真実

格付け(星の数)はあてにしない。
それが賢明です・・。

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 14:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT