FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ラクして増やそう!バラつみ投資』、序章の一部を公開します


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

8月に出版させていただいた電子書籍
バラつみ投資』®のはじめの部分を、
一部公開させていただきます。

できれば、
あなたの身近におられる
「投資アレルギー系」のご友人に
お勧めいただけたら、とっても嬉しいです(^^)

・・・・・・・【ここから】

序章 これがバラつみ投資です!


ほんとうに何もしなくていいんです。
ただ持ち続けるだけの投資があるんです。


いきなりそんなことを言われたら、
誰でも耳を疑ってしまいます。

「もしかすると、わたしをだまそうとしているのでは?」
「危険なことに誘いこむつもり?」

そんなふうに思われるのも無理はないでしょう。

なにしろ世間では、
投資は手間ひまが掛かって、
難しいものと相場が決まっていますから。


今はまだ、にわかに
信じられないかもしれませんが、

世の中には、複雑でも、怪奇でもない
投資のやり方が存在します。

それは、ふつうの生活者が
無理なく続けられる、
シンプルでやさしい投資のこと。

ただし、このやり方を見つけるのは、
言うほど簡単ではありません。


たとえば、今日の晩ご飯のために
豚汁を作っているとしましょう。

たいていの人は、豚汁の具材や
調理のしかたに注目しますが、
あなたはひたすらまわりの灰汁(あく)を見ています。


あるいは、駅前の大通りで
信号待ちをしているとしましょう。

周りに見えるのは
大小の雑居ビルですが、
あなたは思い立って高台の公園に上ってみました。

すると景色は一変します。

意外に緑が多く、整然と立ち並ぶ
住宅街の向こうには川が流れています。

このように、モノを見る視点を変えてみると、
目の前に広がる景色は違ってくるもの。
それは「投資」も同じです。



9-遠くを眺める


小心者で石橋を叩いて渡るタイプの人は、
「こんなわたしに投資は無理だろう」
と思いがちです。

しかし、慎重な性格の人ほど
いったん投資のやり方を決めると、
ぶれずにコツコツ継続できるもの。

あるいは、投資の話題になると必ず
「何を買っているの?」という話になります。

そこでは、ひとつの銘柄を
自分で選ぶことが前提になっているのです。


たしかに、こまめに情報をチェックして、
儲かりそうなモノを熱心に探す人もいるでしょう。

しかし、中にはのんびり肩の力を抜いて、
投資とつき合いたい人もいるはず。

投資はなんとなく怖そう・・。
でも、時間をかけずに、無理なく続けられるなら、
やってみるのもアリかな。


そんなあなたのために、本書は書かれました。


(中略・・)


あなたのお部屋が今、
「散らかっている」と想像してみてください。
心の中ではどう思っていますか。

「そうじをしないと!」

でも、あなたは
そうじが「苦手」なのです。

そんなとき、
ロボット掃除機があればどうでしょう。

ロボットにおそうじという作業を
任せることができます。

あるいは、
全自動運転のクルマに乗って、
車内で仕事をしている自分を想像してみてください。

・ロボット掃除機 ⇒ そうじをお任せ
・全自動運転車 ⇒ クルマの運転をお任せ
・バラつみ投資 ⇒ 投資の実際をお任せ




12-でんぐり返り


一度、思考の
「でんぐり返り」をしてみましょう。

今まで抱いてきた投資に対する印象
=「自分で選んで、自分で判断して、行動しないと!」
を疑ってみるのです。

たとえば、たったひとつの
投資対象を選ぶのではなく、

広く世界の営み(世界経済)全部を
買ってしまう。

すると、「何を買おうか」という悩みが
なくなります。

また、世界の営みを規則的に買い続ければ、
「いつ買おうか」と悩むこともなくなります。

これが本書で紹介する「バラつみ投資」の中身です。


・・・・・・・【ここまで】


★ つい先日の面談でも、
お客様からこうご指摘を受けました。

「カンさん、その電子本って、
わたし端末を持ってないから、
読めないんです」と。


えっと、実は、読めるのです(笑)

スマートフォン】をお持ちの方なら、

以下の『アプリ』をダウンロードするだけで、
スグに読むことができますよ!

〇 iPhoneアプリのダウンロードはこちら
〇 Android用アプリのダウンロードはこちら

あっ、でもまずは
【無料サンプル】を
ダウンロードしてくださいね!






関連記事

| インデックス投資全般 | 17:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT