FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新興国株式インデックスファンド、今むかし


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

出来立てほやほやの、
ビギナー投資家の頃から、
わたしは『新興国』に投資することに、
こだわってきました。

この地域の経済成長が、
これから先の世界を変えていく、

そんなダイナミックな変化を、
『インデックスファンド』という器を通じて
体感したかったからです。

が、しかし、
(今となっては信じられないことですが)、

2000年代前半は、
新興国株式のインデックスファンドは
存在しませんでした・・。



2007年にようやく、
楽天証券が海外ETFの取扱いを
本格的に開始し、

「i シェアーズMSCI エマージング・マーケット・インデックス・ファンド(EEM)」が買えるようになったのです。
(現:i シェアーズ MSCI エマージング・マーケットETF)

上記は、新興国に広く投資を行うETFです。

<このときの興奮を今もわたしは忘れません!>

EEMの当時の年間経費率は
0.75%だったと記憶しています。


04-03-etf.jpg


そして、2008年に
当時の住信アセットマネジメントが
STAMシリーズを立ち上げ、

「STAM 新興国株式インデックス・オープン」
(現:SMT 新興国株式インデックス・オープン)が
登場しました。

当初の運用管理費用は
0.83%だったと思います(税抜)

わたしはこの商品でもって、
新興国株式の積み立てを始めたのです。

したがって、
今回発表された、
「eMaxis Slim 新興国株式インデックス」の
運用管理費用の引き下げは、

わたしにとっては、
まさに驚愕の領域です(*_*)


こんなにドラスティックな変化を、
おそらく、2008年当時は
誰も予想していなかったでしょう。

「eMaxis Slim 新興国株式インデックス」は、
12月13日より運用管理費用を
0.19%(税抜)に引き下げます。

プレスリリースはこちら
(運用は三菱UFJ国際投信)

さまざまな要因が重なって、
私たち個人投資家にも
【柔軟で質の高いインフラ】が
提供されるようになりました。


わたしはようやく重い腰を上げ、
毎月のつみたてを、
「SMT 新興国株式インデックス・オープン」から、
「eMaxis Slim 新興国株式インデックス」に
移行させることにします。

以下、ほとんどの
「新興国株式インデックスファンド」が
ベンチマークとしているのが、
MSCI EM指数です。

この『物差し』の歴史を振り返っておくことは、
決して無駄ではないでしょう・・。

◆ 参照記事
MSCIエマージングマーケット指数の25年を振り返ってみると・・

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 19:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT