FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バランスファンド編です!アクセルをふかしているときに、ブレーキを踏むことの難しさについて


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

昨日の続きですよ。

たとえば60歳近くから65歳にかけて、
規則的、かつ機械的に
リスク量を小さくしようとすると、

「カンさん、バランスファンドじゃあ
自分でリスク量を変えられません」


という声を耳にします。
たしかにそうですね。

今あなたが60歳にならんとするところで、
8資産均等型のバランスファンド』を
持っているとしましょう。


201403181000392c0_20171205164722d44.jpg


★ このファンドの中身を、
あなたが自身で変えることはできません。
<それがバランスファンドのなのです!>

でも、よくよく考えてみますと、
あなたはなにも全資産を
『8資産均等型』に預けているわけではありません。

貯蓄プラス投資(8資産均等型)
プラスその他の何か?が、
あなたのトータル資産であるはず・・。

(そうですよね?)

少しだけ離れた地点から、
自身の資産全体を俯瞰してみませんか。

たとえば、
「貯蓄」と「投資」の割合を
変えていくことで、


背中に背負うリスク量を下げていく
という【発想】はいかがでしょう?


すなわち、
(あくまで一例ですが)

60歳までのあなた。
「貯蓄」:「投資」 2:8 にしている。

およそ5年をかけて、
65歳になる頃には、

「貯蓄」:「投資」 5:5 にする。
という【戦略】です・・。

※ ここでは投資の中身は
『8資産均等型のバランスファンド』
のみとします。

つまりは、

すべての資産の中で
投資にまわしている
資金の割合を下げていけば、
おのずとリスク量も減りますよ・・、


という考え方です。


dont-have-to-worry-about-money-anymore-sm.jpg

が、しかし。

上記を実行するためには、
毎月のつみたて投資の
金額を下げる、
あるいは休止していくことが必要です。


それに加えて、
まとまったご資産ベースで
「8資産均等型のファンド」を
売却し続けることが必要です。


この、
投資信託を売却し続けることって
けっこう難しい・・。

今のように
株式市場が絶好調なときはなおさらです。

どんどんマーケットが上がっているのに、
わざわざあなたは自分で、
まとまった金額の『売り注文』を
バランスファンドに出していくのですよ。

もっと儲かる可能性を捨てて、
自分の都合(ライフプラン)を
優先させるわけです。

短絡的な友人なら、
「えっ、なんでそんな
もったいないことするの?」と言うかもしれません。


これって
もしかすると、
複数のインデックスファンドを
組み合わせているケースより、
ハードルが高いかもしれませんね。

昨日のお話では、

「ワタシ、ちょっと変わった
リ・バランスをしているんだ」と、
自分を思い込ますことが可能でしたが、

今回のケースでは、
文字通り、
バランスファンドを売っていくことで
リスクを下げていくわけです。

<あなたは、
 誘惑に負けず、売っていけますか?>



anxious-man-biting-nails-worried.jpg


わたしは、自分の決意を信じるより、
『仕組み』を利用したほうがよいと思います。


たとえばSBI証券の
投資信託【定期売却サービス】です。

仕組みを用いて強制的に
かつ規則的に投資信託を売っていく・・。
(ファンドの値段はいちいち気にしない!)

そうしないと、
まとまったご資産ベースで
リスク資産の割合を下げていくのは
難しいと考えます。


私たちはいつか
自分の「仕事」からサヨナラし、
『定期収入』を失う日が来ます。

誰もが
「○○株式会社の次長の」鈴木さん、
でなくなる日が来るのです。

それと同じように
誰もがいつか、
つみたて投資ができなくなる日が来ます。

その日が来て、
慌てて投資の型(かた)を
変えようとするのではなく、

定年退職の、
少なくとも5年くらい前から、
ブレーキを踏み始めるべきでしょう・・。


似顔絵




関連記事

| ポートフォリオ運用 | 16:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT