FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コンサルティングのお申し込みという『山の高さ』について


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

考えてみますと、
少し変わった商売です。

自分のお金の内情って、
とってもデリケートな
個人情報」のひとつですが、

それを、

まだ一度も
会っても、話してもいないのに、
「さらけ出してください」と
お願いしたりします。


ふつうではちょっと考えられません・・(-_-;)

それが、
わたしの仕事
【資産運用のコンサルティング】なのです。


151026_couple-values-difference4.jpg


ちなみに、
こんな『ひな形』を用いて
情報提供をお願いしています。

1.○○さんの毎月の手取り収入
2.○○さんの毎月の支出額
(いずれも大枠で結構です・・)

3.○○さんの現在のご資産額とその内訳
4.○○さんの現在のご負債額(もしあれば)です。

ご資産額につきましては、
金融商品の内訳、おおよその金額(時価)を、

定期預金  ○○万円
普通預金  ○○万円
○○ファンド ○○万円
○○ファンド ○○万円
個別株
各銘柄・・ ○○万円
各銘柄・・ ○○万円  のように
【一覧の形】で、
ご開示いただきますようお願い致します。

それぞれの金融商品について、
具体的な名称までご明記をお願いいたします。



要するに・・、
基本情報全部です。

(収益不動産をお持ちの場合も、
各物件の情報開示をお願いしています)

それも、
実際にお会いする【前段階】で!


あっ、忘れていました、
これだけではありません。

あなたとお金の親密度を測る55の質問】にも、
わざわざ事前にお答えいただきます。

つまり、
当オフィスはお客様に
ふたつの【決意】を強いているのです。

1.プライベートな情報を
さらけ出す決意。

2.情報の整理整頓のために
手間ひまをかける決意。



business_crowdfunding.png


わたしがこの仕事を始めて間もない頃、
何人ものお客様に
「資産情報の提供はちょっとね・・」
言われました。

今は、
(サイトに明記していることもあり)
情報の開示を拒まれるお客様は、
ほとんどおられません。

しかし、
命の次に大事な【お金】のことですから、

お客様の心の中の
「プロセス」としては、
悩んで悩んで、

カン・チュンドの情報を
縦から横から見尽して、
あっちに行ってこっちに来て
また逡巡して、

それでも【意を決して】
「やっぱり相談してみよう!」と
思ってくださるわけです。



では、
わたしがなぜ、
そこまで「手間ひま」がかかる
事前準備をお願いするかと云えば、

それは、
【情報が命】だからです。


わたしの仕事は、
投資に関する疑問・お悩みを解決することです。

そのためには、
お客様を【問診】させていただく必要があります。

問診(もんしん)?

病気の場合と違い、
あなたの体の症状を伺うわけではありません。

〇 あなたのお金の状況を
『数字』として出していただき、
その数字という情報から問診するのです。

〇 また、
55の質問に回答いただき、
あなたのお金の対する『感性情報』からも
問診を行います。


illust14.gif


そこに「どんな特徴があるのか?」
「どんな問題点があるのか?」
「解決の糸口となるセンターピンはどこか?」

これらを読み解き、
説得ではなく、
納得いただける「答え」を
導き出すのが、

90分(初診)のコンサルティングの目的です。

長年この仕事を続けてきて、

「これだけ情報提供しているのに、
そんなアドバイスしか出来ないのですか!」


と、万が一にも言われることが、
プロとして何より恥ずかしいことと感じています。

そんなことが決してないよう、
毎コンサルティング、毎コンサルティング、
「思考」の跳躍を心掛けています・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┛ ̄ ̄┗┓  今年のお悩みは・今年のうちに!
┣┳┳┏┻┃   2017 冬の西日本
┃┃┃┗┳┛  【出張☆コンサルティングの旅】♪
┗┻┻┫┃    【名古屋】【満席御礼】
…… ┃┃     【大阪】 【残席御礼】
…… ┃┃     【広島】 12月26日
…… ┗┛     【福岡】 12月27日、28日  







関連記事

| しんようFPオフィスのコンサルティングが見えてくる? | 17:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT