FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ほんらい輸出も輸入もできるのが『投資信託』


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ETFとは
証券取引所に【上場しているファンド】のことです。

A国に上場するETFを、
D国のふつうの会社員が、
ふつうに購入することが可能です。

(※ ただし、D国が
海外への投資を規制していない場合)

いっぽう投資信託は、
証券取引所には上場していません。

また、投資信託は
国ごとで法律、規制基準が異なります。

したがって、
A国で設定された投資信託を、
D国の人が
ふつうに買える状況には、
まだまだなっていないのです。


【これっておかしいと思いませんか?】


先日、とよぴ~さんの
以下の記事を見つけました。
つみたてNISA対応ファンドならアジアに輸出できるクオリティーかもという話

上記記事によりますと、

日本、オーストラリア、韓国、
ニュージーランド、タイの5か国が
当初の参加国となって、

国や地域を跨いで、
投資信託を相互に販売することを
簡単するための制度、


アジア地域ファンド・パスポート』という
統一規格を設ける意向のようです。
(日本では金融庁が音頭を取っているよう・・)


実は、このような統一規格は
EU(欧州連合)内では
ふつうに行われています。

jpm_europe.jpg


たとえば、欧州のETFの場合、
ひとつのETFが
EU内の主要な証券取引所で
【重複上場している姿】がふつうなのです。

また、ひとつの投資信託が
EU内の複数の国で
購入できるのもふつう・・。


もし、ですよ、
今後『アジア地域ファンド・パスポート』
のような、統一規格が機能していけば、

私たちは日本に居ながら、
海外で設定されている投資信託を、
もっと自由に購入できるようになります。
(これは【輸入】)

そして、
国内で設定された投資信託も、
商品として
アジアの国々に【輸出】し、

より多くの投資家に買ってもらうことが
可能になります。


たとえば、です。

海外の人には馴染みがうすい、
日本の「中小型株のアクティブファンド」などは、
そこそこ注目を集めるのではないでしょうか。

あるいは、
日経アジア300指数との連動を目指す
インデックスファンドなどもウケるのでは。

あるいはマニアックに、
京都に本社がある日本の企業を集めて、
「Kyoto革新ファンド」を大々的に売り出すとか・・。

投資信託はほんらい、
自国の中だけで閉じている商品ではないのです!



わたしがもっとも有望だと思うのは、
設定国(日本)の主観を排した、
グローバル型のバランスファンドです。

ずばり、
『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』など、有望ではないでしょうか。

まず、日本語のファンド名を
そのまま「英語表記」にできます。
「Saison Vanguard Global Balanced Fund」

名前の分かりやすさって、
意外と重要だと思いますよ。

中国語の繁体だと、
どうなるのでしょうか?

「季節領航全球均衡基金」?
(間違っていたらゴメンナサイ・・)


163861447.jpg


★ セゾン・バンガードは、
時価総額の比率を基本に
国・地域の割合を決定しているので、
客観性が高く、
そのコンセプトは、
どんな国の人にも受け入れやすいと思います。

たとえば、
タイ人の投資家が見た場合、

「えーっ、
日本の組入れ割合ってこんなに低いんだ」


と驚くことでしょう。

自国の投資対象を客観化した
「バランスファンド」って、意外に少ないのです。


(世界経済インデックスファンドも
同様のメリットを持っています)


そもそも、
AI(人工知能)が社会に
影響を及ぼすと叫ばれる中、

投資信託という商品が
自由に輸入も輸出もできないというのは
いかにも時代遅れでしょう。

観光も、投資信託も、
ほんらい立派な輸出商品なのです。

◆ 参照記事
アメリカの投資信託って、年間実質コストがきちんと開示されている?】

似顔絵

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┛ ̄ ̄┗┓  あなたの【学び心】にをつけます!
┣┳┳┏┻┃    2018 <マネ缶スクール>
┃┃┃┗┳┛    資産運用の旅に出る前に~♪
 …… ┃┃    1月28日()【スタンダードコース
┗┻┻┫┃    2月24日()【ファンド特化コース

      ┗┛



関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 16:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT