FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017』の結果発表!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

昨日、東京・大井町
「きゅりあん小ホール」にて
投信ブロガーが選ぶ!FOY 2017』の
結果発表が行われました。

20180114_936475_t.jpg

写真提供)
投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year運営委員会


以下がその【順位】です。
ジャジャ~ン!

1位 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
2位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
3位 楽天・全米株式インデックス・ファンド
4位 野村つみたて外国株投信
5位 eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

6位 ひふみ投信
7位 eMAXIS Slim新興国株式インデックス
8位 たわらノーロード先進国株式
9位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
10位 iFree S&P500インデックス



 【わたしの感想】

正直・・、設定されてまだ間もない
「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」が
1位になるとは思っていませんでした。
(第2位とのポイント差もけっこう大きかった!)

これが意味するものは?

VT型、つまり、全世界株式に、
よりシンプルに、← 積み立てで。

(かつ)より低い金額単位から
気軽に投資したいという【ニーズ】が、
想像以上に大きかったということでしょう。

(特に、この1、2年で
新たに投資を始め、
新たにブロガーとなった人たちの
素直な気持ちの吐露では?)


第2部の、
個人投資家の【熱いコメント】紹介のところでも
述べましたが、

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」、
「楽天・全米株式インデックス・ファンド」を
はじめとする
【楽天・バンガードシリーズ】が増える中、

これで完全に
バンガードETFの国内上場の芽がなくなった。


そう、わたしは判断しております(悲し。


同シリーズは文字通り、
バンガードのETFを包んで、
インデックスファンドに仕立てているわけですが、

たとえば、
10位に入った
iFree S&P500インデックス」の
運用レポートを見てみると、

その中身の約4割がETF、
(i シェアーズ CORE S&P 500 ETF)と
なっています。

これが意味するものは?

日本では、
米国上場ETFが
ファンドの素材として利用される傾向が
より高まっている、ということです。



次に、
第2部の
個人投資家の【熱いコメント】紹介ですが、

26229397_1552877554832589_1626497230778300289_n.jpg

写真提供)
投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year運営委員会


わたしがいちばん印象に残ったコメントは?
ずばり、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」に
対して、
ソロトナさんが寄せられた以下の文章です。

個別株しか買ったことなかった私が
初めて買った投資信託。

投資未経験者にも分かりやすいコンセプトで、
投資への第一歩を踏み出すのに貢献している。
0から1へは大きな価値があると思う。

(※ 太字はカンによる)



私見ですが、
これから先、
『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year』が
マニアックなイベントで終わらないためには、

『0から1へ踏み出そうとしている人々』、
つまりは、
「未投資家」から「投資家」への
橋を渡ろうとしている人たちに、


いかに【意味あるメッセージ】を送れるかが
重要だと思うのです。


懇親会の席で複数の方に、
「友人と投資の話ってできます?」

(企業型DCを導入している会社に
勤めている人には)
「職場の人とDCの話ってしたりします?」と
聞いてみましたが、

皆さん「してないです」というお答えでした。


ThankYou_02.jpg

まだまだ、
本当にまだまだ

投資信託を用いた
資産形成という概念が、


日本に根付いていないわけで、

そういう意味では、
個人投資家のニーズに根差した
『Fund of the Year』の役割は、
ますます重要になっていると思います。

以下、
ブロガーさんの『秀逸記事』です。

〇 パーサモウニアスさん
投信ブロガーが選ぶ!FOY2017発表会&懇親会初参戦
〇 けいのすけさん
得票率から見たファンド群雄割拠の時代~「Fund of the Year 2017」表彰式&懇親会に参加~

〇 m@さん
投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017が発表されました
〇 ゆうじろうさん
Fund of the Year 2017結果と楽天バンガード(楽天全世界株 VS 楽天全米株)

公式サイトの【順位結果】は
コチラからどうぞ!

無題



関連記事

| イベント・メディアなど | 12:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT