PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

運用会社さんに改善してほしいこと2つ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日の『投信ブロガーが選ぶ!FOY 2017』の
中でも、チラッと申し上げたのですが、

運用会社さんにぜひとも
改善してほしいことがあります。

ひとつ)

『このファンド、どこで売っているの?』
という、
販売会社の基本情報の見せ方。

すでに複数の【税制優遇制度】
(確定拠出年金、NISAなど)が存在するため、

通常の口座(特定口座)だけで、
投資が完結する人は、
少なくなっていきます。

販売会社は、
○○銀行、○○証券です。


というのは、

通常の口座(特定口座)を想定しており、>
いかにも不十分です。

これから先は、
通常口座、iDeCo、つみたてNISAなど、
【複数の窓口】を使っていくのが
ふつうになるでしょうから、

投資信託の『基本情報』のところで、

【販売会社】

〇 通常口座・・○○銀行、○○証券・・
〇 iDeCo・・ △△銀行
〇 つみたてNISA・・□□証券


というふうに、

どこでそのファンドを買えるのかという
「包括的情報」を提示するべきでしょう・・。


地球を抱いて眠る-3


仮に、ですよ・・
ABCファンドが、

【販売会社】

〇 通常口座・・○○銀行、○○証券・・
〇 iDeCo・・ △△銀行


という「基本情報」を提示していれば、

「ああ、この投資信託は、
つみたてNISAの対象ファンドでは
ないんだな。」ということも分かります。

逆に、
EFGファンドは、

【販売会社】

〇 通常口座・・○○銀行、○○証券・・
〇 つみたてNISA・・□□銀行


となっていれば、

「ああ、iDeCoでは売っていなんだ。」
ということも分かるでしょう。


ふたつ)

つみたてNISAの影響で、
新規設定のファンドが相次いでいますが、

実はそのほとんどは、
マザーファンド方式』であり、

別に「ゼロ」からファンドを
立ち上げるわけではありません。

ただ、消費者心理としては、

新設のファンド(ベビーファンド)の
純資産額の数字が小さいと
ちょっと心もとない気分になります。


roujin_ninchisyou_man.png

つまり、
投資信託の『基本情報』のところで、

(できれば
純資産額の数字の下あたりに、)

マザーファンド名と、
マザーファンドベースの純資産額を
併記していただきたいのです。


そうすることで、
個人投資家の気持ちは、
ずいぶんとラクになるはずです。

似顔絵

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┛ ̄ ̄┗┓  あなたの【学び心】にをつけます!
┣┳┳┏┻┃    2018 <マネ缶スクール>
┃┃┃┗┳┛    資産運用の旅に出る前に~♪
 …… ┃┃    1月28日()【スタンダードコース
┗┻┻┫┃    2月24日()【ファンド特化コース

      ┗┛



関連記事

| 金融機関にモノ申す | 13:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT