FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

500年振りに中心が東アジアに帰ってきます


こんにちは、カン・チュンド です。

「今から20年後」のことをイメージしてみてください。
そう云われたら、あなたはどうしますか?

私たちは 未来 のことを想う時、
たいてい 現在 を起点に考えます。

20年後の世界は
「今の先(延長線上)にある」と
無意識に思いがちなのです。

(断っておきますが)
今から20年後のことなんて、
誰にもわかりません(笑)

仮に予測できたとしても、
そんなもの当てになりません。
(予測とは当たらないから、予測 というのです 笑)

私たちが考える以上に、
これから20年で実にいろいろな変化が起こるでしょう。

なぜなら、今までの20年でも
(信じられないくらいの)変化 がありましたから・・。
(シンプル・・)

変化 の本質とは、
地図 が入れ替わってしまうことです。

地図 とは、私たちがさまざまな場所へ行く際に
なくてはならないものですね。

「世界はこのように在るよね・・」
という 前提 が 地図 には載っています。

その 地図 が入れ替わるとは、
「物事の前提」が崩れてしまうということです。
(当然、いろいろなストレスが発生します・・)

◆ 実は、この「地図 が入れ替わってしまうこと」
  こそが、経済成長のダイナミズム なのです。
 (変化のないところに 成長 はありません・・)

そして 投資 とは、
このダイナミズムの【果実】を受け取ることなのです。

今日の世界では、カネ・モノ・ヒトが、
さまざまな国の上空を行きかっています。

もはや「日本の経済は・・」
「イタリアの人口は・・」
「アメリカの失業率は・・」

というように、ひとつの国を起点として
経済 を語ること自体、難しくなっています。

例えば、アメリカです。

アメリカは、
自分の国の通貨が世界中で通用するので
「為替の痛み」に鈍感ですね。
(当然)通貨の価値 についても鈍感です。

アメリカは(自国の都合で)
せっせと「アメリカドル」を刷り続けているわけですが、

あまり意味のない、
価値のない「アメリカドル」が充満すると
「ドル」そのものの価値が下がってしまいます。
(かつてのイギリスのように?)

「アメリカドル」はほら、
金(ゴールド)とちゃんと交換できるよ、

価値の裏づけがあるんだよ、
という「金本位制」が停止となって33年が経ちました。

今後「ドル」の権威が揺らげば、
世界のあちこちで歪みが出てくるでしょう。

たとえば「ユーロ」に
もう少しお金を分散しておこう、など・・。
< これも 地図の一部が入れ替わることなのです >


わたしはよく「三角形」の話 をします。
「アメリカドル」だけ、というのは、一点 です。
面 も 線 もありません。

しかし「ユーロ」があれば、二点 ですね。
選択の 線 ができます。

そして、
三点目 があればなおいいです。ね?
【線 が 面 になりますよ・・】

それが「アジア」になります。
それも「東のアジア」なのです。

< だいじな基本 >
今現在の「世界地図」を見て 投資 をしてはいけません。

なぜなら 投資 とは、
未来の出来事 から【果実】をもらう作業だからです。

未来の出来事 を扱っているのですが、
投資という作業 は今、始めなければなりません・・。
(これが投資の難しさであり、面白みでもあるのです・・)

さて「未来の出来事」を占う上で
大切なことは、
地図は 繰り返し繰り返し 入れ替わってきた」
ということです。

これまでの 成長履歴 を元に、
投資をするのではなく、

これから先の「潜在成長力」を測って、
投資を行うことが 投資の王道 になりますね。

◆ わたしは今後の世界が、
アメリカ 欧州 東アジア の
「3極構造」になると考えます。

東アジア を具体的に言いますと、

中国、日本、朝鮮、台湾、
ロシアの一部の地域、華僑経済圏を含めた
東南アジア諸国、オーストラリア 
ニュージーランド の各地域 です。

そして、アメリカ 欧州 東アジアの3極のうち、
どこを「メイン」に置くかは、
あなたの 世界観、未来観 によって異なってくるでしょう。

(わたしは東アジアを「メイン」に置きます)

考えてみますと、
古代文明(メソポタミア文明)の頃から、

経済の先進地域は 中東、ギリシャ、
ローマ、イギリス、アメリカ と
西へ西へと移動してきました・・。

そして今、太平洋を跨いで
東 east に回帰しようとしているのです・・。



関連記事

| 投資的中国 | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/266-2b661208

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT