FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不労所得 = 楽してお金がもらえる、ではありません


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

投資関係の仕事をしていると、
どうしても聞こえてくるワードがあります。

それは・・
『不労所得』!

(あなたも聞かれたこと、ありますよね?)

ウィキペディア
不労所得を調べてみると、

それを得るために
労働する必要がない所得のこと。


と書かれています。

ん?つまり、
楽してもらえるお金
ということなのでしょうか?

違いますよね・・。


さらにウィキペディアから引用すると、

労働の対価として得る賃金・報酬以外による所得を指し、
働かずとも得られる収入または収入源という意味で
用いられることが多い。


「働かなくても」と形容されると
どうしても、

⇒ 楽チン、簡単!と
イメージしてしまいます。


投資に対して凝り固まったイメージを
持っている人などからは、

「そんなこと(投資)して
楽してしまうと、ろくなことないよ!」
と言われてしまいそう・・。


でも、
楽チン、簡単!でお金が増えるほど
世の中甘くはありません。


今、【長期・分散・つみたて】で、
インデックスファンドを保有し続けている
あなたも、
決してラクをしているわけではありません。

「えっ、でも、カンさん。
投資信託のつみたて続けてるけど、
わたしホントに何もやってないよ・・。」



icon01.png

いえいえ、
あなたはちゃんと
脳に汗をかいているんです。← ココ、重要。


現に、あなたは、
短期の儲け話や、
トレードの誘惑に
打ち勝っているではありませんか。

ほかの金融商品に興味が行きつつも、
(そこを)ぐっとこらえて、
今のやり方を続けていますよね。

これまでも、
自分に合った投資スタイルを模索し、
いろいろと試行錯誤をして、
今の場所に辿り着かれたはず・・。

つまり、
立派にエネルギーを使っている
(= 仕事量をこなしている)わけです。



そして、
今も現に、
リスクマネーを注いで、

この姿勢を、
保ち続けようとしている。

(すばらしい!)

この精神的な『労力』は相当なものです。
決して、簡単・楽チンではありません。


折しも、

『米国株、ダウ反落し665ドル安、
9年2カ月ぶり下げ幅 金利上昇を警戒』


みたいなニュースが飛び込み、

これから先も
不安なことでいっぱいですが、

あなたは、それにもめげず、
あなたの投資を成し遂げようとしている。

これは決して『不労』ではありません。
(知的労働を行っているのです・・)


マーケットの急変だけでなく、
これからあなたは、
生活の変化と折り合いをつけながら、
投資を続ける必要があります。

ときに、
理想と現実を天秤にかけながら、
ふと訪れる
人生の転機とも向き合いながら、

あなたは・あなたの投資を続けるわけです。


dont-have-to-worry-about-money-anymore-sm.jpg


ときに孤独で、
「半径1メール」の
短期的な思考
はまり込みそうになるのをこらえながら、

ときに退屈で、
刺激を求める自分とも戦いながら、
(ひたすら)
あなたは・あなたの投資を続けるわけです。


立派に「仕事」をしているんですよ!

それは、
決して一筋縄ではいかない、
長期的な仕事です。

ですので、
投資の継続によって
あなたが得る所得は、
『第二の仕事からの収入』と云えるのです。

似顔絵




関連記事

| 投資の発想法 | 19:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT