FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

中国のポテンシャル(潜在力)について その3)


こんにちは、カン・チュンドです。

カンさんは要するに
「中国に投資したら、」と云っているのですか?

はい、そうです(笑)
正確には【東アジア】において
中国が成長の拠点になると思っています。

(こういうことをお話すると決まって・・)

東アジア に投資する、しない。
株式 という「道具」を用いる、用いない。

つまり、「リスクを取るか、取らないか」という
2元論 のイメージになりがちですが、
決してそんなことはありません。

えー、あなたはそもそも(人生で)
走るか、走らないか の選択をしますか?

(皆、時には走りますし、
 走り方にはいろいろあるものです・・笑)

投資 においては
【果実 をどれくらい大胆に求めるのか・・】
の違いがあるのみです。

例)

今年28歳の会社員 坂本さん(独身)には
今5年以上置いておけるお金 100万円 があります。

この100万円のうち、どれくらいの割合で
「リスク性の資産(株式、外国債券等)」を保有するのか?

5万円なのか、
(それとも)90万円なのか によって

坂本さんが引き受けるリスクの大きさ は
大きく異なります。
(しかし、果実を求める という点では同じ行為ですね)

< だいじな基本 >

私たちは「果実 をどれくらい求めるか、
リスクをどれだけ引き受けるか」
について、細かい調整 を行うことができます。


一度【東アジア】を軸に
世界地図をイメージしてみてください。
(大西洋より 太平洋が 真ん中に来ますね・・)

(誰もがうすうす感じていることですが)

21世紀は 大西洋 から 太平洋 へ、
カネ・モノ・ヒトの流れ がシフトします。

(これは向こう10年間の、
 飛行機の 離発着数 を見れば明らかになるでしょう・・)

◆ そうです、
(そもそも)地図 は入れ替わるものなのです。

(例えば)中国の人民元は、
いまだ世界にデビューしていません。
為替も 準固定相場 となっています。

魅力ある商品・サービスは、
当局がいくら管理しようとも、

アンダーグランド、非公式の「いちば」を通じて
勝手に流通してしまいます。
(人民元 も例外ではありません・・)

このまま中国が発展を続ければ、
人民元 が今の場所に居続けることはできないでしょう。

「成長したら、それなりの身なりをして、
それなりの場所に座らないといけないよ・・」
世間の常識 がそう云います。

中国政府はまず、為替レートの変動幅 を
広げるという手段に出てくるでしょう。

そして「通貨の価値」が高くなるということは
よいことなのです(笑)

(人間でいうと)襟元を正すようになります。
物言いにも気をつけるようになります。

「通貨の価値」にふさわしい 国 にならなきゃ。
ということで 構造改革 が進むのです(ホントです!)
(環境がヒトを育てるのと同じです・・)

わたしは アメリカ、EU、
東アジアのお話をしていますが、

◆ グローバル化した世界 では
お互いが多数を相手に ジャンケン
しているようなものなのですね・・。

まず、

・いろいろな方向に気を配らなければなりません。
・自分だけが勝ち続けるのは(もはや)不可能・・。
・ジャンケン のルールには従う必要あり。

今 中国 は、世界のいろいろな国と
機会を設けて ジャンケン をしています。

ですから(どんなヒトから見ても)
中国 が ジャンケン をしている姿をよく見かけるのです。
(これを世間一般では)経済成長 と呼びます。

中国のプレゼンスは、
これから一層大きくなるでしょう。

わたしが今お話しているのは、
「やがてここにも新しいビルができたり、
 大きな道路ができたりしますよ」

という少しだけ未来のことだと思います。

私たちは、新しいビルや、道路ができると、
もの珍しさも手伝ってしばし眺めたりしますよね。
(新鮮 ですから・・)

しかし、2、3ヶ月もすると
そこにビルがあることや、新しい道路が
存在することをなんとも思わなくなります。 
新たな地図が 日常 になってしまうからです・・。

そして、
「あのビルができる前、あそこには何があったっけ?」
と問うてみても、容易には思い出せなくなります。

ヒトは「変化」というものに
  慣れやすい生き物 なのです。

(何十万年と「変化」に適応してきた
 DNAを受け継いでいるのですから・・)

しかし、こと 投資 となるとどうでしょう?
私たちの頭はとたんに硬くなってしまいます(笑)

今ある 地図、
目の前にある 風景 しか見ようとしないのですね。

これから先、地図 がどんなふうに
入れ替わるかをイメージしないのです。
(風景 として 頭 に 惹起しない・・)

あなたは 列の最初 に並びますか? 
それとも 最後 に並びますか?

(わたしからの問い掛けです)

列の最後 に並べば、
不確実性 は下がりますが、
リターンも小さくなります。

列の最初 に並べば、
(待っている)時間も長く、

不安になったりもしますが、
リターンは大きくなります。
これが【投資をすること】の本質なのです・・。



関連記事

| 投資的中国 | 11:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/267-059c73f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT