FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

美しい記事は、ネット上で個人投資家が書いています


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

言動がちょっと過激になりがち。
主張が一方向に傾きやすいなど、
ネット上の問題点は
いろいろ取り沙汰されますが、

こと『投信ブロガー』が発する情報に関しては、
ネット世界の【善の部分】が
広く現出しているとわたしは思います。

ちょうどあなたが
この文章を読む前に、
3つ4つのブログ記事を回遊してきたように、

さまざまな「小さな情報」が集積し、
まるで普段は大きすぎて見えない
巨大なドームのように、

数百のブログ記事が
『土台のしっかりした集合知』を
醸成しているのです。


(これは↑金融機関などが
真似できるものではありません・・)





昨日も
「あっ、この文章、美しい!」
という記事を見つけてしまいました。

【神経内科医ちゅり男のブログ】の、
腰の強いポートフォリオを作り上げるには最低でも10年は見ておこう!』です。

ちゅり男さんは、
こう言います。

株式投資は、基本的に
長く相場に身をおいている人の方が強いです。


たしかにそうですね。

崇高な理論や理屈よりも、
現実に、
マーケットに居続けることができるか。

それが投資の成果を左右するわけです。


ちゅり男さんも書かれていますが、
『長く居続けること』は、
投資に対する「経験値」を
上げていくこと』に他なりません。

よく、
時間を味方につける】と言いますが、
その意味は(実は)ふたつあって、

〇 マーケットそのものの成長が
期待できる。

そして、

〇 投資家として自身が成長し、
(今はまだ見えない)
広い景色が見えてくる・・。

それが【長期投資の利点】なのです。


そして、次の文章。

私は、
相場に長く身をおいている方のポートフォリオは、
目に見えない多くの苦労や難局を乗り越えた上に
作り上げられた一種の芸術作品だと思っています。


なんと美しい・・。


腰の強いポートフォリオは一朝一夕にはできず、
どうしても時間がかかるのです。


はい、まさにそうですね。

自分の絵【投資観】を思い描いて、
「はい、これで出来たよ!」と
絵を描き上げたつもりでいても、

それは最後に辿り着く
【作品】に至るまでの、
「途中の絵」であったりします・・。

(投資という行いは、
『自己表現』
『自己成長の場』でもあるのです)


尾瀬


また記事内
ちゅり男さんは、
「何にお金を託すべきか」という
投資対象についても言及します。

ちなみに、個別株の場合は投資先を間違うと
10年経過しても腰の強いポートフォリオにならない
可能性がありますから注意してください。


たしかに・・。

満天の星空の中から、
たった2つや3つの星を
『選び切ってしまう』大胆な行為を、

私たちは、個別株投資や
不動産投資でなにげに行っていますが、
これって(実は)、
けっこうアドベンチャーなのです(-_-;)


21世紀に入ってからは
時代の流れがどんどん加速しており、
企業のライフスパンが短くなってきているため、
個別株投資は難しくなってきましたね。


わたしも同感です・・。

『市場平均』に投資を行う
インデックスファンド、ETFは、


【市場のめくるめく変化】を
そのまま内包し、
変化そのものをリターンの糧にしてしまいます。


それにしても
ちゅり男さんの記事を読んでいると、
『投信ブロガー』が発する情報群が
根太い川」になっているのが分かります。

今から思えば、
投信ブロガー第一世代の、
水瀬ケンイチさん、
NightWalkerさんらが
ブログを始められた2005年頃は、

小さな小さな水が、
細く滴るくらいの
ボリュームしかなかったわけですから・・。

(集合知、バンザイ!)

似顔絵




関連記事

| 投資の発想法 | 17:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT