FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

iDeCo使って、つみたてNISA使って、そのときどうする?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

つみたてNISAが始まって、
「iDeCo」と「つみたてNISA」の
上手な併用法について、

コンサルティングの場で
具体的なご質問を受けるようになっています。

つい先日も、
iDeCoの『年払い』について
ご相談を受けました。

今年からiDeCoは
「毎月払い」だけでなく、
たとえば、
1年に1度だけ掛け金を払う
ということが出来るようになっています。

(拠出の限度額が
『年単位』となったためです)


「カンさん、
年に1回だけの拠出なら、
口座管理手数料が安くなるので、
使ったほうがいいのでしょうか?」


というご質問をいただきました。


※ たとえば、
その年の12月に
掛け金を一度に拠出すると、

国民年金基金連合会に
毎月103円払わないといけない
口座管理手数料を、
『年1回払う』だけに出来るのです。

「これはなんかお得!」


と思いますよね。


が、投資の執行法として、
年に1回というのは
どうなのでしょう・・。

今40歳の人なら、
60歳になるまで、
20回しか投資執行しないことになります。

これだと、
アップのときも、
ダウンのときも、
定期的、規則的に買っていくという
つみたて投資の効用が十分得られないのでは?

※ 特に『ダウン』のときに
買える回数が少なくなってしまいます。


わたしは最低『年2回
たとえば、
ボーナス時の拠出のイメージで
掛け金の設定をすべきだと思います。

(この場合、
国民年金基金連合会への
口座管理手数料は、
『年2回』の支払いに。)


無題


★ ただし、
この【ご提案】は、

「iDeCo」と「つみたてNISA」を
併用】して資産形成をしていくという
「前提付き」です。

<一例>

〇 iDeCo
月の拠出限度額23,000円の人が、
「年に2回」のみ拠出する。

〇 つみたてNISA
毎月33,000円 拠出する。


iDeCoのほうは、

6月拠出分)
12月分~5月分 ⇒ 
2.3万円×6ヶ月分=13.8万円

12月拠出分)
6月分~11月分 ⇒ 
2.3万円×6ヶ月分=13.8万円

というふうに、
年2回の『つみたて』になります。

一方、つみたてNISAは
毎月積み立てるわけです。


ここでのポイントは2つ!

1.あくまで
【毎月のつみたて】が
メインであること。

2.iDeCoと
つみたてNISAで
積み立てる投資信託を
【同じ】にすること。



2.に関してですが、
仮に、双方の窓口で、
違った資産クラスのファンドを
積み立てていると、

iDeCoのほうは、
今のケースでは
年2回のみの買い付けですから、

その間、
積み立てられる資産クラスが
偏ってしまうという欠点があります。



たとえば一例ですが、

 【窓口】を楽天証券にして、

〇 iDeCo
「楽天・全世界株式・インデックスファンド」
〇 つみたてNISA
「楽天・全世界株式・インデックスファンド」


とすることが可能です。

これだと、
ふたつの窓口で
投資執行のリズムが違っても、
特に気にする必要はありませんね。

あるいは、

【窓口】マネックス証券

〇 iDeCo
「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」
〇 つみたてNISA
「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」


という選択肢もあります。


computer_couple.png


また、別の視点からですが、

iDeCoと
つみたてNISAで
積み立てる投資信託を
【同じ】にする
効用は他にもあります。

それは(たとえば)、

【つみたてNISAを
60歳より前に、
ある程度のボリュームで
解約する可能性がある場合】です。


よく、
iDeCo、つみたてNISAを
利用する際に、

全体で【ひとつのポートフォリオ】を
イメージして、
それぞれの窓口で各ファンドを当てはめましょう、
と言われます。

これ自体、
間違いということではないのですが、

たとえばあなたが、

〇 iDeCo
「日本株式ファンド」
「新興国株式ファンド」
〇 つみたてNISA
「先進国株式ファンド」

〇 特定口座
「日本債券ファンド」
「先進国債券ファンド」


で【資産配分】を作っているとしましょう。


しかし、
緊急の資金ニーズが発生して
もし、特定口座のファンドを解約すると?

(結果として)株式の割合が
高くなってしまいますね。


あるいは、つみたてNISAから
ある程度の解約を行うと、
「先進国株式ファンド」の
保有比率のみが下がることになります。

資産配分を整えるためには、
iDeCo、ないし特定口座で
2つのファンドを一部解約して
先進国株式を買うなどの
調整作業が必要に・・。


最近、
相談業務を通じて思うのですが、

もし、iDeCoとつみたてNISAで
利用する投資信託を揃えることが出来れば、
資産管理はずいぶんラクになると思うのです・・。

【iDeCo使って、つみたてNISA使って、そのときどうする? その2)】

似顔絵




関連記事

| つみたてNISA | 18:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT