FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

同調圧力よ、さようなら!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

学生時代、休み時間に
わざわざ友だちと連れ立って、
トイレに行っていました。

(なんでだろう・・)

学校では、
「同じ制服」
「同じテキスト(教科書)」

そして、
「みなで同じ行事を行い」
「みなで校歌を歌って?」
「みなで叱られていました(^^;)

「みんな同じ行動」を取ることで、
「みんな同じ思考」になるのは
(考えてみれば)至極当然かもしれません。


・・時は流れて)

会社の昼休みに、
みなぞろぞろと
同じ店で昼食を食べ、
(その場には居ない)
社内の人の話題でみなが盛り上がる。

「同じようなスーツ」
「同じような環境」
「みんなで歓送迎会、カラオケ?」


私たちの社会は、
学校でも職場でも、
無言の『同調圧力』に晒されています。

その源は家庭にあり、

親は無意識のうちに、
「子どもが皆と同じように
振る舞っているかどうか」を、
気にしてしまうのです。


人と違う =【良くない】
という刷り込みは意外と強力なのでは?


TSU882_orenonatugakita--thumb-1000xauto-18452_20160622161051993.jpg


私たちが
長期の投資を行うのに、
どこか肩身の狭い思いをするのは、

自分がみなと違うことをしている」と、
うすうす感じているからでしょう。

しかし、
あきんこさんのブログ記事

【「みんな同じ」の日本文化は資産形成でも不利。SNS時代到来による個性を表現できる時代に】
を読んで、ちょっと勇気づけられました。

あきんこさんは
こう言われます。

ブログやSNSが普及し、
ひと昔前よりも「色んな人がいる」
という個性・多様性を
受け入れやすくなった時代だなと感じます。


はい、
わたしもそう思います。

ほんとうに少しずつですが、

みなと違う =【個性】が、
価値あるものとして、

受け入れられつつあるのでは?

先を見据えた新しい考えを、
排除せずに受容できるのは、
社会の成熟度の証しですし・・。


「やっぱワタシ
投資を始めてみたいんだなあ・・」


と(ひそかに)思っているあなたは、

どこかで『自分らしさ』(個性)を、
発露させたいと願っているのです。


(投資って、
みなと違う「自己」の
表現手段のひとつなのでは・・)


daidougei_juggling1.png


あっ、そういえば、
インデックス投資をする人は、

投資家という
『母集団』の中でも、
わたしはみんなと違うんだわ。
と自覚せざるを得ません。

まあ、二重の意味で
マイノリティーなのですね(^^;


仮にこの4月から
あなたの会社で
『確定拠出年金』が導入され、

「えっ、橋本さんって
投資信託選ぶんだ・・」


とか言われても、

我が道を行くで、
正々堂々と、
インデックスファンドで
資産形成を目指してください。

ともかく・・、
「同調圧力よ、さようなら!」

◆ 関連記事
しがらみの『政治空間』を捨てて、『マーケット空間』で生きるということ

似顔絵




関連記事

| 抱負・個人的に思うこと | 18:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT