FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インデックス・ファンドのファンドマネージャーは、日経CNBCに呼ばれたりはしません


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

アクティブファンドって
そもそも『ロマン』を求めますから、

忙しく、活発に動いている様子が
目に浮かんできます。

いっぽう、インデックスファンドは?


イ・ファンドは、
『市場平均』(ベンチマーク)と
同じ値動きを目指すのが仕事ですから、


私たち運用者のほうは、
「まあ、ちょっと退屈かな・・」
と思ってしまいます。

あっ、でも、
インデックス・ファンドを運用する人は
そうではありません!


Tools-300x300.jpg


イ・ファンドの
『ファンドマネージャー』は、
けっこう緻密な作業が求められます。

何しろ、
ファンドには日々、
不規則に、さまざまな投資家の
【お金】が入ってき、

また、毎日毎日、
さまざまな投資家の【お金】が、
ファンド内から出ていったりします。

イ・ファンドの
「ファンドマネージャー」、
そして「運用チーム」のお仕事は、

前の日に受け取った
「イ・ファンド買いたいです!」
「イ・ファンド売りたいです!」
という【注文内容】を、

当日、実際に発注することにあります。


たとえば、
トピックス(東証株価指数)との
連動を目指す「イ・ファンド」であれば、

前日の注文内容を見ながら、

トピックス(東証株価指数)との
連動を崩さないよう

これだけの分量の株式を
ここでこんなふうに買い付けよう、

これだけの分量の株式を
こんなふうに売りつけようと、
【計画】を実行に移していきます。


・・いってみれば、
毎日毎日、
上記作業の繰り返しです。

ちょっとテクニカルな話ですが、

「イ・ファンド」は
1日に1度しか『値段』が付きませんから、

日中、株価が高いときに、
どっと大量の株式を買い付けてしまい、

その日の指数(例:トピックス)との
乖離が生じたりすると、
困ったことになります・・。

(実際、アメリカでは
インデックスファンドの存在感が増し、
市場が閉まる直前の売買が急増しているそうです。

ウォール・ストリート・ジャーナル
NY証取、最大の山場は取引終了前の数分間】)


oqqgsarmXLt0uLtV2yWBxD.jpg


インデックス・ファンドの
「ファンドマネージャー」は、

右手にファンドへの資金流入、
左手にファンドからの資金流出を
睨みながら、

いつも【市場平均との連動性】を
モニタリングしている、
職人さんのような気がします。

具体的には、

決して二度塗りが許されない
左官屋さんのように、
緻密な作業を日々こなしているのです。


(休みの日など、
スキューバダイビングとかしてそう・・)


さらに言えば、
大手運用会社であれば、

ひとりの「ファンドマネージャー」が、
何本ものインデックス・ファンドを
運用しているでしょうから、
作業の効率性、スピードも要求されるはず・・。

正直言って、
「アクティブ・ファンド」に比べると
派手さはありません。


「いやあ、
2017年後半からの運用には
目覚ましいものがありましたね!」



20180309_mp_cn01_dc3d70171f12be0b_9.jpg

と紹介されながら、
日経CNBCに登場したりすることもないでしょう(笑)


また、新幹線の「のぞみ」に乗って、
あちこち出張することもあまりないでしょう。


〇 毎日同じことを、
〇 同じ正確さでもって
〇 コツコツこなしていく・・、

そんな仕事なのですよ、
インデックス・ファンドの
「ファンドマネージャー」さんって。

あなたは
そういう人たちに
大切なお金』を託しているのです。

似顔絵




関連記事

| インデックス投資全般 | 16:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT