FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バランスファンドが随時『リ・バランス』してくれるメリットは、あなたが思っている以上に大きいです


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「リ・バランス」って
保有するファンドを売らずにできれば、
それに越したことはありませんね。

(税金も払わずに済みますし・・)

でも、一般的に言って、
運用資産が1,000万円を超えてくると、

〇 割合が増えたファンドを売って、
〇 割合が減ったファンドを買い増すという


リ・バランス」が必要になります。


なぜなら、
運用資産がある程度大きい状態で、
割合が減ったファンドのみを買い増しすると、

手元の安全資産(預金)が
大きく減る
ことになるためです。

一例・・)

あなたの『ポートフォリオ』は
以下のイメージ。




その後、株式市場が急変しました。

先進国株式が10%減り
日本債券と先進国債券が5%ずつ
増えた
としましょう。

すると、こんな感じになります。




<運用資産は1,500万円としましょう。>


ここで、
割合が減った
先進国株式ファンドのみを買い増しすると、

『10%分』ですから、
計150万円が必要になります。

(仮に手元の預金が減っていくようなら、
これは健全とは云えません・・)

したがって、
あなたは「税金」がかかると分かりつつ、
(ホントはイヤだなあ・・と思いつつ)

売る ⇒ 買うの「リ・バランス」を
実施するわけです。

(※ それもこれも、
背中に背負う「リスク量」をキープするため!


whitelist-blacklist-scales.png


この「リ・バランス」を
あなたに代わって【し続けてくれる】のが、
バランスファンドです。



個人で『ポートフォリオ』を組むと、
「リ・バランス」は
あなたひとりのために行うこととなります。


ですから、
コストも時間もかかります。

いっぽう、バランスファンドの
「リ・バランス」は

たとえるなら、


020051_p2.jpg


草津温泉の団体客の
大広間での巨大な一斉の夕食のように、

大勢の人の分を、
一度にしてくれるわけです。



しかも、
恒常的に「資金流入」が続いている
バランスファンドなら、

⇒ 割合が減った投資対象のみを
買い増しすることで
「リ・バランス」が可能です・・。

(さらに、マザーファンド方式の
バランスファンドなら、
買い増しの実際は、
個々の株式、債券ではなく、

マザーファンド(有価証券)を
追加購入することですから、
コストも少なくて済みますね)


【閑話休題。】

ところで、
「リバランスのやり方」には、
2種類あるのをご存じですか?

〇 『定期的にする』
〇 一定割合以上ずれたら『随時する』


です。

ほんとうは、
あなたもわたしも、
「時間」も「コスト」もかからないなら、

かつ、マーケットの「短期的な動き」も
追わずに済むのなら、

『一定割合以上ずれたら
随時する、リ・バランス』
を、
やりたいと思っているはず・・。


rebalance_201607270858416ee.jpg

でも、
自分ひとりのために行う
「リ・バランス」なので、

しょっちゅう『マーケットの動き』を
気にする必要が出てきます。

(ちょっと面倒くさい・・)

また、この方法だと、
1年の中で何回「リ・バランス」を
することになるのか、事前には分かりません。


でも、です。

「バランスファンド」を利用すれば、

『一定割合以上ずれたら随時する、
リ・バランス』を

あなたの代わりに運用会社が、
文字通り「随時」やってくれるわけです(^^;


あなたがたとえ『三年寝太郎』でも、
背中にずっと、
同じ【リスク量】を負い続けられる・・。

このメリットって
意外と大きいのでは?


1188 8資産


折も折、
『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』の
運用管理費用が、

年0.16%(税抜)に引き下げられるとの
ニュースが飛び込んできています。
(リリースはこちら

「eMAXIS Slim バランス」なら、
割合が減った複数の投資対象について、
随時「リ・バランス」をやってくれるわけです。


自分でファンドを組み合わせ、
自分で「リ・バランス」するよりも、

低コストで運用のメンテナンスを
任せられる時代になりました。
(これってスゴイこと!)


忙しい人、
面倒くさがりな人は、
『バランスファンド』で
資産管理されることをお勧めします・・。


バラつみ投資バナーたて




関連記事

| バランスファンド | 14:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT