FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

神は誰にも味方しません


こんにちは、カン・チュンド です。

わたしの事務所に来られる方は、

「運用を始めてみたけれど、
 このままの状態で果たしてよいのか?」
という疑問を抱いておられる場合が多いです。

特徴として挙げられるのは、皆さん、

「この A株式ファンドが・・」
「この 新規公開株が・・」
という言い方をされることです。 

森(ポートフォリオ)を見ずに、
どうしても 木(ひとつの金融商品)を
見てしまうのですね。

もうひとつは市場(マーケット)との
つき合い方 についてです。

例えば、

「株式市場が来週、20~30%
 下落してしまったら、どうしますか?」
 とお聞きすると、

「元本確保型商品に資産を移して様子を見る・・」
と答える方が多いのではないでしょうか。

しかし、
これはどういうことでしょう?

含み損を抱えている金融資産を売却し、
含み損を実現させてしまう、ということです。    
(安い時に、金融商品を売ってしまうということ)

株式を売買するところは「株式市場」と呼ばれます。
債券を売買するところは「債券市場」と呼ばれます。

わたしはこの
「市場」という言い方が好きで、

それはさまざまな商品を売り買いする
『いちば』を連想させます。

株式市場という「いちば」は、毎日開いています。

何百、何十万という人々が、
己の利益のために、
あるいは運用を委託してくれた
クライアントのために、

「いちば」という生き物と対峙します。

優秀なディーラーは、己の直感に頼るより、
「いちば」という世界の流れを掴もうと努力します。

■ つまり、いかに 我を捨て、
  無に近づけるか、ということ・・。

例えば、株式市場という「いちば」は、
あなたという一介の人間のことなど気にしません。

いつ運用を始めようか悩んでいるAさんのことも、
株式ファンドを買って2年が経過したBさんのことも、

また、来月定年を迎えて、
運用している資産の半分を
現金化しようとしているCさんご夫婦のことも、
■「いちば」は一切、考慮してくれません。

つまり、
天気と市場は、あなたの思惑に関係なく動く。
ということなのです・・。

あなたが「いちば」を
コントロールすることは出来ませんし、

また、コントロールできるのでは?
と思うこと自体 危険 です。

誰もがいちばん安い時に株式を買って、
いちばん高い時に売りたいと思っていますが、

それは言ってみれば、一介の人間が、
刻々と変わる「いちば」の意思表示を

逐一把握できる、
という「思い込み」であり、
現実には極めて困難なことなのです。

「株式市場 は所詮、
 欲の皮のはつり合い、一か八かのギャンブルだ」 
 と思うのか、

「株式市場 はひとつの 意思 を持っており、
長期的に見れば、経済の動きを反映する『鏡』である」 
と思うのか、

それは、あなた次第です。

ただ、
もし皆さんが「後者の考え」をお持ちならば、

マーケットのタイミングを読まない、
つまり、市場(マーケット)に 居座り続けることが、
実は最大の防御であるとわたしは考えます・・。



関連記事

| 投資家の感情リスク | 12:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/270-584edc11

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT