FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

香港という稀有な存在について


こんにちは、カン・チュンド です。

(もうだいぶ昔の話ですが)
わたしがアメリカの
コミュニティ・カレッジに通っていた時に

「チャイナタウンに関する考察」
という文章を書いたことがあります。

「カンは コリアン なのに、
どうして チャイニーズ に興味があるんだ?」
とよく訊かれました。

自分でもよくわかりません(笑)

ただ、
東アジアに住む人間にとっては

中国 は自分たちの
「源の国」なのではないでしょうか?

例えば 生活規範としての 儒教、漢字(書)
食、政治、経済などを思い浮かべてください・・。

(ところで)アメリカのチャイナタウンは、
どこも同じ描写ができます。

紅い色、油の匂い、甲高い中国語、
数え切れなくらいのチャイニーズレストラン・・。

(わたしの記憶では、
どのチャイナタウンでも愛想はよくなかった・・笑)

2003年の10月に香港に行った時
そのような「チャイナタウン風景」を期待したのですが、
微妙に違っていました。

(何と言うか)
◆ 香港には 文化臭さ がないのです。

どこか垢抜けていて、
無国籍な空気 が漂っています・・。
(それは反面「所在無さ」の証明でもあります)

香港は地面から50センチ持ち上げられて
そのまま突き進んできたような都市であり

自分が落ち着ける
独自の空間(= 文化)がないのですね。
その代わりに 文明(= 普遍性)だけがあります。

その 立て看板 は何かというと
【資本主義】です。

(それも、とてもピュアな資本主義。
 兵器 と同じくらい普遍的なもの・・。
 ご興味がある方は
コーラと兵器と空港と・・】をご覧下さい・・)

(とにかく)香港には【小さな世界】がありました。

香港に着いた日、セントラルのオフィス街に
たくさんのフィリピーノがいました。
(日曜や祝日は彼女たちにとって唯一の 息抜き なのです)

彼女たちはフィリピンの各地から
「メイド」として香港に来ています。

ビサヤ(フィリピンの一方言)の言葉を
久しぶりに聞きました。

あるいは九龍の重慶大厦(マンション)には、
たくさんのアフリカ人がいました。

彼らは「バイヤー」として、
マンションに店を構える問屋さんから、
カツラや、女性の下着や、旅行かばんや、
おもちゃを大量に買い付けに来ているのです。

あるいは 台湾人 がいます。
(一見しただけでは 違い はわかりません)
その多くはビジネスマンです。

一説によると
上海には 50万人の台湾人 がいるとか。
(どちらにしても、
かつて居た場所に戻ってきているとも云えます・・)

あるいは 大陸中国の人たち。
(わたしにも一見しただけで 違い はわかりました・・)

その立ち振る舞いには「旺盛な好奇心」が溢れています。
(まるで巨大な胃袋のよう。声も大きい!)

あるいは、日本人、韓国人。
そして、
かつてこの地を治めていたイギリス人。

スターバックスと高級百貨店に群がる
その他、肌がピンク色の人々・・。

あっ、それから重慶大厦(マンション)には
たくさんのインド人がいました。
特に南部のドラビダ系の人々が多かったです。

彼らは所在なさげに ホテルの入り口に、
あるいは廊下に立っていました。
あるいは アラブ系の人たち・・。

それらの人々を飲み込んで、
香港は今、その「無国籍性」を
徐々に喪失しつつあります。

それは元の場所(= 大陸中国)に
回帰するということであり、
ごく自然なことであるとわたしは思います・・。



関連記事

| 投資的中国 | 12:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Bホールド さん

ようこそゴマブログへ。
随分前の記事から読んでいただき、
ありがとうございます。
(自分の記事を見て)
また香港に行きたくなってきました(笑)

| カン・チュンド | 2008/11/09 15:50 | URL |

>◆ 香港には 文化臭さ がないのです。
>どこか垢抜けていて、
>無国籍な空気 が漂っています・・。
>(それは反面「所在無さ」の証明でもあります)
>香港は地面から50センチ持ち上げられて
>そのまま突き進んできたような都市であり

素晴らしい表現ですね!!
文学的なだけでなく、史実背景にも合致していて。。。

水瀬さんのブログでカンさんのことを知り、ゴマブログを最初から読みつつあるところです。
色々ためになるだけではなく、楽しくかつ味わい深い良いブログですね~^^。

カンさんのご活躍をお祈り致します。
これからも頑張って下さいね。

| Bホールド | 2008/11/09 14:58 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/271-3d416dd5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT