FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

60歳の声を聞いたら、背負う荷物(リスク)を少しずつ減らそう


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

人は金融商品を
いつ、どのくらい買おうか?」で、
悩んでしまうため、

『つみたて投資』を用いて、
しくみに、
自動的に
「毎月・定額」で買ってもらいます。

すると・・
気持ちがラクになりますね(^^;


さて、
ずっと坂道を上ってきたあなたですが、


kaidan_man.png


20年もつみたて投資を続けると、
それなりに『大きな資産額』となり、

気が付けば58歳、59歳・・。
もうすぐ60歳の声が聞こえてきそう。

実は、
ココからが、むずかしいのです。


これまで積み上げた『運用資産額』は
そのまま、

これまで積み上げてきた、
『リスクの大きさ』でもあります。


ふと道の向こうを仰ぐと、
定年退職】(ここでは65歳とします)
という「頂上」が見えています。


24-富士山


そうです、

もうすぐ、公的年金をもらって
膨大な自由時間を手に入れて、
お金を取り崩しながら
生活する瞬間がやってくるのです。

「そろそろ、
リスクを減らしたほうがいいのかなあ・・。」


と、あなたは自分に呟きます。


仮に、そのときが、
2017年のような
絶好調のマーケット状況】だったと
しましょう。

それでもあなたは、
背中に負う荷物(リスク)を
少しずつ減らしていったほうがよいでしょう。

なぜなら、

〇 セカンドライフに入る時期は
決まっている。

〇 マーケットの浮き沈みのしかたは、
決まっていない。


ためです。


しかし、
『リスク量』を減らすといっても、
大げさに考える必要はありません。

1.投資信託のつみたて額を減らす。


ココ、第一段階です。

2.投資信託のつみたてを止める。


これだけでも、
毎月貯蓄に回すお金が増え、
それが累積すると、

投資に回していない「安全資産」が
積み上がり、
結果、『運用資産額』と
『安全資産』の割合が変化していきます。


cimg0207.jpg


そして、もっと能動的に、
『安全資産』の割合を増やし、
『運用資産額』の割合を減らしたいなら、

3.少しずつ投資信託を売っていきましょう。


現役のときから?

はい、そうです・・。

『アクセルを緩め、
スピードを落としていくためには、
投資信託を売る必要があります。』


たとえば、
運用ポートフォリオ内で、

〇 株式70%
〇 債券30% という「資産配分」を
お持ちの人がいるとしましょう。

この場合、
「株式」を売り、「債券」を買うことで、
たとえば、5年程度を掛けて、

〇 株式50%
〇 債券50% とか、

〇 株式40%
〇 債券60% といったふうに、

より「保守的なポートフォリオ」に
シフトしてもよいでしょう・・。


もちろん、ここからさらに、
「安全資産」の割合を高め、
「運用ポートフォリオ」の割合を
下げたい人は、

たとえば、

〇 株式50%
〇 債券50% の状態を保ちながら、

投資信託を徐々に、
連続して解約していくわけです。


senro.png


あるいは、運用資産が
バランスファンドの人は、

文字通りファンドを少しずつ売っていき、
『安全資産』の割合を
高めていくことになります。

たとえば、
月に10万円解約すれば、
年間で120万円、
5年で600万円になります。

それもこれも、

リタイア後の生活の中で、
背中に背負う『リスク量』を減らすためですね。



でもでも、です。

たとえば実際に
月10万円の【ファンド解約】を、
3年も5年も、
自分の意思で続けるのは、

(特にファンドの価格が下がっていたりすると、)
なかなか出来るものではありません・・。

人はいつも、
いつ、どのくらい売ろうか?」で、
悩んでしまう生き物なのです。


02d928c.jpg

あれ?

冒頭のところで、
人は「いつ、どのくらい買おうか?」で
悩んでいましたよね(笑)

(なので↑『つみたて投資』を
実践していたわけです)


だったら、
【資産全体】を保守化するための
ファンドの売却も、

しくみに、
自動的に
「毎月・定額」で売却してもらったほうが
いいと思いませんか?

(つみたて投資の【逆バージョン】ですね(^^;

それが、
SBI証券の
投資信託・定期売却サービス】です。

g_fund_teikibaikyaku_ttl.gif


60歳の声を聞いたら、
外の世界(マーケット)を気にするのではなく、

自分のことを優先して、
少しずつ、計画的に「リスク量」を下げていく。


なぜなら、
ライフプランのうえに、
投資という行いを
乗せているだけなのですから・・。

◆ 参照記事
世界経済インデックスファンドのリレー積立てで、徐々にリスクを下げていく方法

似顔絵




関連記事

| ポートフォリオ運用 | 18:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT