PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人はなぜ高いときに買って、安いときに売ってしまうのか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ちゅり男さんのこちらの記事に
触発されました。
人はなぜ高い時に買って安い時に売ってしまうのか?

投資を始めるにあたって、

あなたにはもう、
何となく
分かっているはずです。

「安い時に買って、
高い時に売れば、
利益が出るものだ」と。


この、
理論的に【正しいこと】は、
文章としてはストンと腑に落ちます。

ところが、
いざ『投資というフィールド』に立つと、
これがなかなか【できないのです。】


その理由はカンタンで、
『投資というフィールド』では、

あなたは
ヒトではなく、
ただの生き物、

たとえば
「馬(うま)」に戻ってしまうためです。


??


私たちは
高度な知識社会に住む、
とてもクレバーな生物であると同時に、

食っては寝る、
食っては寝るを繰り返す、
ただの生き物でもあります。

なるほど
見た目の環境は
ずいぶんと洗練されています。

が、しかし、

私たちの脳は、
5万年前、10万年前と
ほとんど変わっていません。


「ただの生き物」なのです。


突然ですが、
ちょっと「馬」になってみませんか?



9547.png


あなたもわたしも、
私たち、
みんな「馬」です・・。


PHOT000000000006EB29_500_0.jpg


今、サバンナの中で、
20頭ほどで「群れ」をなしています。

(突然ですが、)

馬であるあなたは、
何がいちばん怖いですか?


・・・・・・

「群れからはぐれること?」


そうですよね。

群れからはぐれ、
たった一頭になってしまうと、
そこには「静かな死」が待っているだけ。


じゃあ、
今、群れの中にいるとしたら、
あなたはどの辺りにいたいですか?

「どの辺り?」

そうです。
どの辺りが、
いちばん居心地がよさそうですか?


「真ん中くらいですか。」


そうですよね・・。

では、今、
群れのリーダー(わたし)が
突然走り出したら、
どうされますか?

「・・付いていきます。」


はい、そうです。


101279067-171766579_600x400.jpg


なぜなら、
【群れ】から外れることは
死を意味するため、

リーダー(わたし)が、
ガニ股でちょっとヘンな馬であっても、

とにかく、
「付いて行かざるを得ない」わけです。



株式が安いときって、
みなが株(かぶ)を売って、
マーケットから
逃げ出しているときです。

馬(うま)的にいえば、

あなたも(その他大勢と一緒に、)
逃げ出したくなってしまうわけです。




9547.png


逆に、
株式市場が上がっているとき、
つまり、株式が高いときって、

みなが株(かぶ)を買って、
マーケットに押し寄せているとき。

馬(うま)的にいえば、

あなたも(その他大勢と一緒に、)
市場に押し寄せ、
株(かぶ)を買いたくなってしまう。



つまり、
安いときに株式を売って、
高いときに株式を買いたくなるのは、

【群れの心理】としては
当然のこと、なのです。


ここに、
私たちの本性が隠されています。


【高度な知識社会】に住んでいても、
いったん
『投資というフィールド』に入ると、

頭の中は、

【サバンナの中で
まだ走り回っている感覚】になってしまう・・。


あなたが『やるべきこと』は
明快です。

どうぞ、
勇気を持って
【群れ】から離れましょう。


私たちはもはや、
サバンナで
集団生活をしているわけではありません!



gutspose_man.png

別に、
みなが株(かぶ)を売って、
マーケットから逃げ出しているときに、

慌てなくてもよいのです。

少数派』になったとしても、
ぜんぜん焦る必要はありません。

あなたが生きているのは、
【高度な知識集約社会】ですから、

そこでは逆に、
少数派』を貫いたほうが、
物事の長期的なリターンは高くなると
わたしは考えます。


反対に、
みなが株(かぶ)を買って、
マーケットに押し寄せているときには、

冷めた視点を持ちましょう。

『少数派』になったとしても、

(その他大勢には見えずに)
自分には
確かな風景】が見えているのだと
自信を持ってください。

いつの世も、

「安い時に買って、
高い時に売るのが、投資の王道です。」


465-125.jpg

   6月9日()in 東京・田町 13時30分~




関連記事

| 投資家の感情リスク | 17:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT